1: 記憶たどり。 ★ 2018/10/04(木) 11:37:48.00 ID:CAP_USER9
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011657721000.html

今月2日、長野県中川村と喬木村でキノコ採りをしていた人が、それぞれ山林の斜面で転落する遭難事故が相次ぎ、合わせて2人が死亡しました。警察はキノコ採りの際は1人での入山を避けるなど注意を呼びかけています。

長野県中川村大草で2日午後3時前、県道沿いの山林で、1人でキノコ採りをしていた飯島町田切の農業、宮脇幸男さん(75)が頭にけがをして倒れているのが見つかり病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

宮脇さんは斜面のおよそ30メートル下に転落していたということで、警察が当時の状況を調べています。

また、喬木村の矢筈ダムの北側の山林でも2日午後5時ごろ、1人でキノコ採りをしていた喬木村の神職、忠平隆三さん(71)が斜面の下で倒れて死亡しているのが見つかり、警察は忠平さんが転落したものとみて調べています。

長野県警察本部によりますと、ことしの8月から今月2日までの間に発生したキノコ採りの遭難は11件で、このうち7人が死亡していて、去年の同じ時期の2人を大きく上回っているということです。

警察は、ことしはマツタケが豊作と言われるなど、今後もキノコ採りで山に入る人が増える可能性が高いとして、キノコ採りの際は、1人での入山を避けることや急な斜面は歩かないようにすること、入山場所や行動予定を家族に伝えることなど、遭難事故に注意するよう呼びかけています

(詳しくはソース元でご確認ください)


a0960_007978
【【事故】キノコ採りで転落死相次ぐ。長野県で2人死亡。警察が注意呼びかけ 】の続きを読む