野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    アベノミクス

    1: ] 2017/04/29(土) 18:44:12.04
    ■40代は貯蓄ゼロ世帯が35%も

    仕事では働き盛り、従来の給与体系であれば収入がぐっと増えてくるはずの40代ですが、給与水準のフラット化が進んでいて、なかなか給料が上がらない人もいるようです。
    そのような時代、40代の平均貯蓄額は、どれくらいでしょうか。

    「家計の金融行動に関する世論調査」(2016年)によれば、40代の平均貯蓄額は588万円、中央値(多い順または少ない順に並べたときの真ん中にあたる額)は200万円です。
    年収別に40代の貯蓄額を見てみましょう

    ・年収300万円未満  貯蓄ゼロ50%、平均225万円、中央値0円
    ・年収300万円~500万円未満  貯蓄ゼロ42.2%、平均423万円、中央値70万円
    ・年収500万円~750万円未満  貯蓄ゼロ27.4%、平均637万円、中央値425万円
    ・年収750万円~1000万円未満  貯蓄ゼロ16.2%、平均1069万円、中央値820万円
    ・年収1000万円~1200万円未満  貯蓄ゼロ26.7%、平均1067万円、中央値620万円
    ・年収1200万円以上  貯蓄ゼロ0%、平均23647万円、中央値2100万円
    (家計の金融行動に関する世論調査2016(2人以上世帯調査)より)

    年収300万円未満では半数が貯蓄ゼロ。年収が上がるにしたがって貯蓄額も増えていきますが、
    年収1000万円~1200万円未満でも貯蓄ゼロ世帯が26.7%あります。
    ただし、この調査での貯蓄(金融資産)は、「普通預金か定期預金かにかかわらず、将来に備えて蓄えている部分」と定義しています。
    ですから、多少の残高があっても、近々使う予定だったり、生活費と考えていたりで、貯蓄ゼロと回答している世帯もあるでしょう。

    (以下省略)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13000954/

    【【悲惨】40代の貯金ゼロ率35% これ安倍さんどうすんの?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/11/06(日) 14:01:55.47 ID:CAP_USER
    三井:日本で2013年以降、新しい経済政策が始まってほぼ4年が経とうとしていますが、中原さんはアベノミクスの未来について、
    始まった段階からかなり正確に予測をされていましたね。
    中原:金融緩和に頼る円安によって、実質賃金が下がり消費が冷え込むことは、普通に因果関係を考えれば、
    誰にでもわかることだと思います。
    ところが、なぜか政権のブレーンとなっている学者にはそのことがわからないから、
    いまだに不思議で仕方がないのですよ。実は、民主党政権時代にも日本銀行に緩和圧力をかける動きがあったので、
    自民党政権が誕生する前にはそういった趣旨の本は書きましたが、あまり売れ行きがよくありませんでした(笑)。



    【【経済】なぜアベノミクスのような「誤った政策」が行われてしまったのか?物価が上がれば景気が良くなるという謎理論】の続きを読む

    1:  2016/09/17(土) 13:04:44.29 
    夏のボーナス84万円

    前年比1万円増、産業で差
    http://this.kiji.is/149443476070401526?c=39546741839462401
    http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/26/2609p/2609p.html
    http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/26/2609p/xls/2609c05p.xls

     厚生労働省は16日、主要企業の今夏のボーナス妥結額は平均84万3577円(平均39.0歳)だったと発表した。
    4年連続の増加で、前年より1.36%、1万1285円伸びた。ただ産業によって開きがあり、前年より下がった業界もある。

     調査対象は、資本金10億円以上で従業員千人以上の企業で、労働組合のある374社。要求額は、
    情報を把握できた289社の平均で88万8263円。前年より773円多かった。

     産業別では、自動車は前年比1.10%増の99万5795円。鉄鋼は前年比13.43%減の66万9898円だった。食料品・たばこ、非鉄金属なども前年より減らした。

    【夏のボーナス、平均84万3500円】の続きを読む

    1:  2016/09/04(日) 18:54:13.00
    デフレ経済に逆戻り?
    毎日新聞2016年8月30日 東京夕刊
    http://mainichi.jp/articles/20160830/dde/012/020/003000c
    前文読み上げ動画でリンク先が全部わかる。
    <注目ニュース90秒> 衣料品、小売りが相次ぎ値下げ デフレ経済に逆戻り?
    毎日新聞 8月30日(火)18時16分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00010000-maiv-bus_all



     「今年はデフレ脱却宣言ができれば最高」と主要閣僚が話していたのは年明けだった。しかし小売りや外食の現場で今、じわじわ広がっているのは、それとは逆行する「値下げ」の動きだ。デフレへの回帰は始まっているのだろうか??。【宇田川恵】

    「最近、『ユニクロ』の週末セールを見かけないね」。ふと漏らした友人の言葉が気になり、久しぶりに東京都心のユニクロの店舗をのぞいてみた。店内は妙にすっきりしている。以前はいろいろな価格表示があって雑多な印象だったが、今は「1990円」「2990円」と限られた価格でほぼ統一されている。

     ユニクロを運営するファーストリテイリングは今年の「春夏もの」から価格戦略を転換、値下げにかじを切った。商品によっては1000円も下げたうえ、わかりやすいようシンプルな価格で統一。同時に、売り上げを増やすため、ほぼ毎週末に実施していた特売もやめて、「毎日が低価格」をアピールした。

     同社は、低価格戦略などで売り上げを伸ばし、かつては「デフレの勝ち組」と呼ばれた。しかし2014年、15年と2年続けて値上げを断行。円安の進展で海外生産のコストがかさんだり、人件費が上がったりしたためだ。当時はアベノミクス効果で株価が上昇し、景気に明るさが見えていただけに、日本のデフレ脱却に向けた象徴的な動きと受け止められた。

     しかし、結果としてユニクロを見舞ったのは、深刻な客離れだった。値上げ後、「結構高い。これなら他の総合スーパーで買えば十分」(東京都内の40代女性)との声が上がるなど、ユニクロ本来の「値ごろ感」が薄れて、客は遠ざかり、業績は悪化した。

     今春から一転して踏み出した値下げの効果はすでに表れつつあるとも言われる。7月の既存店の客数は6カ月ぶりにプラスに転じた。小売・外食業界をウオッチしているマーケティングコンサルタントの新井庸志さんは「完全に客が戻ったとは言えないが、7、8月は悪くない状況だ」と評価。ユニクロの広報担当者も「平日のお客様が少しずつ増えている」と手応えを話す。




    【【日本経済】デフレ経済に逆戻り?】の続きを読む

    1:  2016/09/04(日) 05:40:59.00
    日本の総務省統計局がこのほど発表した「全国消費実態調査」によると、
    2000年以降、65歳以上の高齢者と29歳以下の若者の文化・娯楽消費は
    いずれも減少したが、高齢者の消費レベルはずっと安定している一方、
    若者の出費は縮小傾向を呈している。人民日報が伝えた。

    日本の消費市場において、「若者の消費離れ」は、最近生まれた問題という
    訳ではない。「日経ビジネス」が2007年以降実施している調査によると、
    20代の若者のうち、若者が独立するための「三種の神器」と
    見なされている「車」「お酒」「海外旅行」に興味を持つ消費者の割合は、
    5年前の7割から5割に激減した。この趨勢は逆転することなく、
    現在も続いている。

    *+*+ レコードチャイナ +*+*
    http://www.recordchina.co.jp/a149305.html 
    【【経済】日本の若者の消費離れ…給与頭打ちで広がる不安感】の続きを読む

    1:  2016/08/30(火) 15:48:58.80
    スズキが発表した2016年7月の四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年同月比2.2%減の26万1329台で、
    9か月連続のマイナスとなった。

    海外生産はインド、中国等で増加したが、タイ、インドネシア等で減少し、同0.4%減の18万5748台で3か月連続のマイナス。
    国内生産も国内・輸出向けともに減少し、同6.3%減の7万5581台と17か月連続のマイナスだった。

    国内販売は同4.3%減の5万1251台で、2か月ぶりのマイナス。登録車は新型『ソリオ』や『イグニス』が貢献し、
    同44.8%増の9571台と7月として過去最高の記録で11か月連続プラスとなったが、軽自動車は『ワゴンR』や『アルト』等が減少し、
    同11.2%減の4万1680台で19か月連続のマイナスだった。

    輸出は中南米・大洋州向け等が減少し、同27.9%減の6868台と、2か月ぶりのマイナスとなった。

    http://response.jp/article/2016/08/30/280882.html

    スズキ イグニス
    http://response.jp/imgs/zoom1/1090169.jpg
    no title


    スズキ ハスラー
    http://response.jp/imgs/zoom1/1090170.jpg
    no title

    【助けてー軽自動車が売れないの!19か月連続のマイナスなの 】の続きを読む

    1: 2016/08/27(土) 19:08:33.89 9
     内閣府が27日公表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の所得・収入に
    「満足」「まあ満足」と答えた人は計48.1%で前年比2.4ポイント増となり、2年連続で改善した。

     ただ、「やや不満」「不満」も計49.6%(同3.1ポイント減)を占めた。1997年以降、「満足」が「不満」を上回ったことは一度もない。

     調査は58年からほぼ毎年実施。消費税率3%から5%への引き上げに伴い不況が深刻化した97年以降の20年間では、
    98年と2000年を除き毎年行われている。内閣府は「賃金上昇の影響が全国的に広がる一方で、本格的な景気回復には
    至っていないことが示された」と分析している。

     「現在の生活」に関する質問では、「満足」「まあ満足」が前年と同じ計70.1%で、「やや不満」「不満」の計28.5%を大きく上回った。
    また、「住生活」では計81.4%、「自己啓発・能力向上」では計61.1%、「レジャー・余暇生活」では計62.2%が「満足」「まあ満足」と答え、
    いずれも調査開始以来最高となった。

     調査は6月23日~7月10日、全国の男女1万人を対象に個別面接方式で実施した。有効回収率は62.8%。
    18歳選挙権の導入を踏まえ、内閣府の定期的な世論調査として初めて対象年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げた。 

    時事通信 8月27日(土)17時7分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000074-jij-pol

    【【国民生活】「収入に満足」48%=2年連続で改善―内閣府調査 】の続きを読む

    1:  2016/08/27(土) 15:36:24.40 
    http://mainichi.jp/articles/20160827/k00/00e/010/241000c

    アフリカ開発会議で基調演説、方針表明へ
     【ナイロビ前田洋平】安倍晋三首相は27日午前(日本時間27日午後)、ケニアの首都ナイロビで開幕する
    第6回アフリカ開発会議(TICAD6)で基調演説し、今後3年間で民間資金を含めて総額300億ドル(約3兆円)規模で
    アフリカに投資する方針を表明する。産業の基礎を支える人材や感染症専門家の育成をはじめ約1000万人の人づくりに取り組む考えも打ち出す。

     首相はアフリカで初めて開催するTICAD6を「日本とアフリカ諸国の関係の新たな幕開け」と位置付け、
    資源価格の低迷やエボラ出血熱、平和と安定などアフリカが直面する課題をともに解決していく姿勢を強調する。
     2013年のTICADで、日本は5年間で約3兆2000億円の支援を表明した。今回の300億ドルについて首相は演説で
    「3年前のプランを充実、発展させる日本の新たな約束」と説明する。インフラ整備には3年間で約100億ドル(約1兆円)を拠出する。

     首相は、日本とアフリカの経済関係を強化するため「日アフリカ官民経済フォーラム」を常設することにも言及。
    フォーラムは、日本の閣僚や経済団体、企業のトップが3年に1回、アフリカを訪れ、投資環境改善などを協議する場になる。
     3年間の人づくりに関しては、将来の職長、工場長など現場指導者を1500人、感染症の専門家らを2万人育成するほか、
    基礎的保健サービスを受けられる人口を200万人増やす。
     一方、豊富な資金力でアフリカに進出する中国を念頭に、首相は「日本は太平洋とインド洋、アジアとアフリカの交わりを、
    力や威圧と無縁で、自由と法の支配、市場経済を重んじる場として育てる責任を担う」と述べ、
    民主主義、法の支配、市場経済のもとでのアフリカの成長に貢献する考えを示す。

    安倍晋三首相の基調演説(骨子)
    ・アフリカの国連安全保障理事会常任理事国入りを支持

    ・日アフリカ官民経済フォーラムを設立
    ・感染症対策を強化
    ・今後3年間で約1000万人の人づくりを実施。官民で総額300億ドル規模を投資
    ・アジアとアフリカをつなぐ二つの大洋(太平洋、インド洋)を平和な、ルールの支配する海に

    【【国際】安倍首相、アフリカに総額3兆円投資へ】の続きを読む

    このページのトップヘ