野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    アメリカ

    1: ばーど ★ 2017/11/20(月) 00:07:59.23 ID:CAP_USER9
    最も危険な虫、蚊...!

    蚊、大好き!という人はまずいませんよね。蚊にかまれた時の痒さ、夜寝ている時の耳元のプゥーンという音。嫌われている理由はたくさんありますが、マラリアなどの伝染病の媒介にもなっており間接的に毎年多くの命を奪っている害虫でもあります。

    そんな蚊に対抗するためにアメリカの環境保護局が先日承認したとあるスーパー兵器が話題となっております。それはなんとボルバキアという細菌に感染させて生殖能力を失わせた蚊を野に放つというもの。計画では20州とワシントンDCで放たれるとのことです。これによってデング熱、黄熱病、ジカ熱といった伝染病のウイルスを媒介する蚊を駆除しようとしているわけですね。

    生殖能力を失った個体を野に放って害虫を駆除するという方法は実は長い歴史があります。放射線を使って害虫の遺伝子に変異を起こし、生殖能力を失わせて、それを野生の害虫たちと生殖させることで、らせん虫のような害虫が駆除されてきました。アメリカではこの方法によって1982年までにはらせん虫の全駆除に成功しています。しかし蚊の場合、放射線を浴びてそれでも生殖行為をしようとする...ほどには強くないようです。そこで登場したのが今回のボルバキア手法なわけですね。

    ケンタッキー州にある研究室でこの蚊は育成されます。ボルバキアに感染させられた蚊のうち、人をかまないオスの蚊だけを選び、駆除地域に放つことで野生の蚊と生殖活動をさせるとのこと。その結果生まれた卵は父系染色体が正常に発達しないため、孵化しないそうです。なるほど...孵化しない卵を生むことに多くの蚊が従事することで蚊の数がどんどんと減るわけですね。この方法であれば人体や環境に悪影響のある殺虫剤などを使う必要もありません。減少数もかなり効果的な成果をあげるはず、とのことです。

    蚊からしたら悪夢ですが...科学ってすごいですね。このニュースは先日科学誌「Nature」で報じられ、米GizmodoがMosquitoMate、そして環境保護局に確認をとっています。MosquiteMateによるヒトスジシマカを新しい生体殺虫デバイスとして公式に登録したことを環境保護局は11月3日に認めました。5年間のライセンス契約で20州で販売されるとのこと。

    (続きはソース元でご覧ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00010005-giz-prod

    【【生物】蚊をもって蚊を制す。細菌に感染した蚊を野に放ち一掃駆除へ アメリカ環境保護局が承認 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/19(日) 00:26:40.86 ID:I65ai8sq0
    教会で26人死亡の悲劇「祈りは無駄なのか」 銃乱射受けネットで議論

    たとえ祈っても、クリスチャン、しかも日曜日に教会で礼拝をささげているクリスチャンの命を守ることができないのであれば、神に祈ることは無駄なのか――。
    米テキサス州サザーランドスプリングスの教会で26人が死亡する銃乱射事件が発生した後、ソーシャルメディア上でそんな議論が起こり、著名な牧師たちも応答した。

    事の発端は、名作映画「スタンド・バイ・ミー」(1986年)や米テレビドラマ「新スタートレック」などに出演したことで知られる米国人俳優ウィル・ウィトン氏(45)のコメントだった。
    事件を受け、カトリック信徒であるポール・ライアン米下院議長(共和党)は犠牲者や遺族のために祈りをささげたが、ウィトン氏はツイッターに次のような批判的なコメントを投稿した。

    「殺害された犠牲者たちは教会にいた。もし祈りで何かが起こったのであれば、彼らはまだ生きていたはず。役に立たない野郎だ」この投稿の後、批判があったこともあり、ウィトン氏は謝罪し、信仰を持つ人々の気分を害そうとしたのではなく、銃規制に対する法的措置の欠如を非難したものだったと、自身の投稿の意図を説明した。

    「宗教や信仰について話しているのではないんです。銃による暴力に何も取り組まないその下院議長について話しているんです」「本当の信仰者の皆さん、僕は皆さんに耳を傾けています。僕はポール・ライアンが銃による暴力に対処することを拒否したことで怒っているのですが、皆さんを侮辱してしまったことは謝罪します」

    しかし、ウィトン氏の当初の意図とは別に、この投稿がきっかけとなり、祈りの有効性に関する議論が広がることになった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.christiantoday.co.jp/articles/24773/20171114/is-prayer-useless.htm
    a0016_000328

    【【議論】「神への祈りはすべて無駄だったのか…?」 銃乱射事件を受けて、米国人の信仰心が揺らぐ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [AU] 2017/11/11(土) 22:55:37.78 ID:zOG8iVmu0 
    韓米首脳間の国賓晩餐会で、日本軍「慰安婦」被害者イヨンス(89)おばあさんがドナルド・トランプ米国大統領と抱擁をして話題になっている中で、匿名を要求した複数の韓米・米政府関係者が10日、ヘラルド経済に「遺憾」という立場を明らかにした。

    米側の関係者は「韓米首脳間の親睦を深める場の国賓晩餐が、韓日の歴史論争の『政治の舞台』(political podium)に転落したようで遺憾」とし「不愉快」と述べた。韓米の友好関係を固めなければならないディナーが、韓日「外交戦」にされたことに不快感を示したものである。この関係者は、「韓米首脳が主人公にならなければならない席で、韓日の歴史問題が浮き彫りになって遺憾」とし「韓日メディアが今回のことを浮き彫りにさせるのを自制してほしい」と伝えた。

    国務省で十数年間、韓国関連業務を行い、韓国課長を務めたデビッド・ストローブ世宗研究所客員研究員は、「トランプ大統領とイヨンスさんの抱擁が、政策立案者によって『演出』されたものだとすると、これは深刻な外交的欠礼だ」とし「米国としては、日本も韓国も同盟国だ。韓日で扱う問題に米国を引き込もうとするジェスチャーは不適切」と指摘した。
    続いて「友達を招待しておいて、『あなたの親友は悪い奴だ』というメッセージを与えてきたら、招待されたゲストは気分が悪い」と付け加えた。

    韓米関係者によると、ムンジェイン政府は7日、主催したトランプ大統領の歓迎晩餐に招待するVIPリストを米側に具体的に説明していなかったと伝えられた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://oboega-01.blog.jp/archives/1068689560.html

    【【外交】アメリカさん、韓国の慰安婦テロにガチで怒っていた 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB] 2017/10/27(金) 07:59:50.62 
    米空軍がサンタクロースは存在しないとするツイートをしたことに、多くの人が憤慨した。
    ホワイトマン空軍基地(ミズーリ州)とマイノット空軍基地(ノースダコタ州)がツイッター上でどちらの部隊が強いかを言い争っていると、米空軍の公式アカウントが参加し「はい、おしまい。君たちが僕に他の選択肢を与えてくれないんだよ。1週間テレビ抜き!」と冗談気味にコメント。

    それでも口論が続いたため、空軍の公式アカウントは過激な措置に出て「こんなことはしたくなかったんだが、君たち2人がやめられないなら…サンタは今年君たちに何も持ってこないだろう…実在しないからだ!」とツイートした。

    サンタクロースが存在しないと公式に認めたことにツイッターユーザーは憤慨し、子供の夢を壊すものだと非難した。北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が12月にレーダーでサンタを追跡することは毎年恒例の行事になっている。

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201710274223960/
    a0001_001605

    【【ショック!】クリスマスシーズンを前に、米空軍公式ツイッター「サンタクロースは存在しない」と暴露 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/09/16(土) 21:04:29.50 ID:CAP_USER9
    北朝鮮がミサイルを発射した15日(日本時間)、米政府関係筋は、飛行距離が前回より増して約3700キロ・メートルに達したことを指摘し、「グアム攻撃が可能だという意思を示そうとしている」との分析を本紙に語った。

    金正恩キムジョンウン・朝鮮労働党委員長は、中距離弾道ミサイル「火星12」を8月29日に発射した際、「侵略の前哨基地であるグアムをけん制する前奏曲」と述べていた。

    淡路島ほどの大きさの島に金委員長が神経をとがらすのは、朝鮮半島有事の際、自らを狙う米軍の出撃拠点となるアンダーセン空軍基地があるためだ。

    有事には、在韓米軍と三沢基地に配備されているF16戦闘機や、空母搭載のFA18戦闘攻撃機とともに攻撃に加わるB1、B2、B52戦略爆撃機がローテーション配備され、いつでも空爆できる態勢をとる。大量の燃料・弾薬も備蓄する。中でも「死の白鳥」の異名を持つB1戦略爆撃機は「北朝鮮が最も脅威を感じている兵器」(軍事筋)。北朝鮮指導部への精密誘導爆弾を大量に搭載でき、超音速で北朝鮮まで約2時間で飛行できる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    北朝鮮による弾道ミサイルの発射
    no title


    2017年09月16日 09時25分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170916-OYT1T50015.html

    【【軍事】北朝鮮「最大の脅威」死の白鳥B1爆撃機の出撃拠点 グアム、アンダーセン空軍基地を警戒】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/15(金) 13:28:43.34 
    ハリケーン「ハービー」が去ったあとにアメリカテキサス州の海岸に正体不明の生き物が打ち上げられているのが発見された。

    アメリカ環境保護団体の従業員はこの写真をSNSに投稿し紹介。そしてこの謎の生き物についてTwitterで専門家の意見を求めた。

    「ハリケーンにより深海からやってきたようだ。最初はヤツメウナギかと思ったが、近づいてみると分からなかった。特に口の部分が異常である。裏返してもなんの生き物なのか分からない」と説明した。

    写真に映っている生き物は長い胴体に大きな口があいており、その口にはキバが確認できる。また目らしいものは見当たらず、深海のため目は退化した生き物だと推測。

    専門家は「うなぎの種類じゃ無いのか」としながらも、なんの鰻なのか特定できなかった。

    最も多く挙がった意見が「fangtooth snake-eel(牙を持ったウナギ)」または「アナゴやウナギのだろう」と言う物。

    この生物は特に解剖などはされず、この場に放置されているという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://gogotsu.com/archives/33111
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像あり】ハリケーンによって打ち上げられた謎の生き物が話題に まるでエイリアンみたい】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/05(火) 12:50:45.50 
    米カリフォルニア州のチャータースクール、ロックリン・アカデミーの幼稚園で、保護者に事前に知らせることなく、心と体の性別が異なるトランスジェンダーの教育が行われていたことが問題視され、一部で子供を退園させるなどの騒ぎとなっている。

     チャータースクールは、州などの認可を受けて親や地域団体などが設置する初等中等学校で、ロックリンはその中でも名門。クラスで、男児に女児の服装をさせて、クラス内で改めて女児として紹介したり、トランスジェンダーを紹介する児童書をクラスで読むなどしていたことから、これに驚いた保護者が子供を辞めさせるケースが相次いでいる。

     児童が帰宅後、保護者に話したことから発覚し、女児の格好をする男児を見て動揺している子供もいたという。

     家族重視を訴えるキャピトル・リソース・インスティチュートのカレン・イングランド事務局長によると「全体で少なくとも11家庭が子供をやめさせた」という。イングランド氏は、トランスジェンダーなど議論の分かれる問題を授業で取り上げるときは、保護者に事前に相談するよう学校側に要請したが、学校側はこれを拒否したという。同氏は「気づき始めている保護者は多い」と今後拡大する可能性を指摘した。

     ロックリン・アカデミーの広報担当は、昨年度末以降に7人が退園・退学したことを認めたが、理由はさまざまであり、特別なことではないと述べている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://vpoint.jp/world/usa/95181.html
    a0006_001356

    【【LGBT】幼稚園でトランスジェンダー教育し、保護者からクレーム。退園する人も続出】の続きを読む

    1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/02(土) 14:15:55.09 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3141414
    【9月2日 AFP】米ユタ(Utah)州の警察当局は、意識のない患者の血液サンプルの提出を拒んだ看護師の身柄を警察官が力ずくで拘束する映像が公開されたことを受け、事件の捜査を開始した。

     事件が起きたのは、ユタ州ソルトレークシティー(Salt Lake City)の大学病院。警察官のボディーカメラの映像に、看護師のアレックス・ワブルズ(Alex Wubbels)さんが同病院から手荒に連れ出されて手錠をかけられ、大声で助けを求める様子が捉えられていた。

     病院の広報担当者スザンヌ・ウィンチェスター(Suzanne Winchester)氏によると、ワブルズさんはパトカーに乗せられ、病院の事務職員が介入して約20分後に釈放された。

     ウィンチェスター氏はAFPに対し、患者の血液サンプルは患者側の同意、または当局の令状があるか、患者が逮捕されている場合でなければ警察に無断で提出することは許されておらず、今回はいずれの条件も満たしていなかったため、ワブルズさんは規則に従ったまでだと説明。

    「常軌を逸している。誰もが非常にショックを受けた。当院の職員にとっては動揺する出来事だった」と同氏は述べた。

     映像には、パトカーに無理やり連行されるワブルズさんが、「やめて、やめて。私は何も間違ったことはしてない。こんなのおかしいでしょ。お願いです。痛い」と警察官に訴える様子が映っている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    【【アメリカ】米警官、患者の血液提供を規則で拒んだ看護師を力ずくで拘束】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) 2017/08/31(木) 17:05:44.13
     兵庫県の神戸港で今年5月に発見されて以来、東京や愛知など国内11都府県15カ所でヒアリの発見が相次いでいるが、大規模洪水が発生している米テキサス州からは、ヒアリの生命力の強さを物語る写真が届いた。大群が塊になって水面を浮きながら水がひくのを待っているのだ。

     環境省によると、今月24日に広島市、27日に静岡市からの通報によって、8月30日現在、国内では11都府県15カ所でヒアリが確認されている。

     米国では、今月25日にテキサス州南部に上陸したカテゴリー4のハリケーン「ハービー」が5日間にわたって停滞した影響で、北米史上最大となる1300ミリを超える大雨が降り、500年に一度と言われる規模の大洪水が発生。救助中の警察官ひとりを含む18人が死亡、2万人が避難した。
     この洪水に伴って、ヒューストン市では各地で浸水被害が起こり、胸まで水に浸かった状態で救助のボートを待つ人々の姿が報じられているが、それと同時に、水面を塊になって浮いているヒアリの大群が確認されている。

     ヒアリは熱帯雨林のブラジル原産だけあって、アマゾン川が氾濫しても1週間以上、水に浮かんで生き残る生命力がある生物だ。ジョージア工科大学の観察によると、ヒアリの群れを水の中に放したところ、仲間の体を足場にして数分でエッフェル塔のようなタワーを作り上げ、下の方のアリが沈んでも、頂上を目指す動作を繰り返しながら、水がひくのを辛抱強く待つと言う。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    洪水のヒューストンではヒアリが塊になってプカプカ浮いている!
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21737.html
    no title

    no title

    【【アメリカ】ハリケーン被害のテキサス州で「ヒアリ」がプカプカ浮いている報告が相次ぐ】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/08/29(火) 05:47:18.19 ID:CAP_USER9
    若者は「インターホン恐怖症」、その理由とは (ウォール・ストリート・ジャーナル) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00012753-wsj-int

    8/28(月) 15:47配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
     米カリフォルニア大学バークレー校でコンピューターサイエンスを学ぶチャナン・ワリアさん(19)は、最後にインターホンを使った時のことや玄関のドアをノックした時の状況を思い出せない。

     自宅には、父親がWi-Fi(ワイファイ)接続のしゃれたインターホンをつけた。だがワリアさんは、インターホンを鳴らすこと自体が苦手だと話す。自分も友達も相手の家に着いた時にテキストメッセージを送ることに慣れすぎており、インターホンの音は不意打ちのように感じられるのだ。

     20歳以下の若者について調査・分析するゼブラ・インテリジェンスの創業者、ティファニー・ゾング氏(20)は「インターホンは突然すぎる。恐ろしい」と話す。

     「インターホン恐怖症」は、調査論文こそ発表されていないが、実際にある。あるツイッターユーザーが今月行ったアンケートでは、1万1000件を超える回答のうちインターホンは怖いとの回答が54%に上った。

     ミレニアル世代とそれに続くZ世代には、監視カメラでチェックせずにインターホンに出ることなど考えもしないとの声もある。

     インターホン恐怖症は、直接ではなくスマートフォンなどのIT機器を介したコミュニケーションが優勢となっている時代を反映している。

     ゾング氏は「通常、インターホンはよその人向けの物だ」と話す。「テキストは、相手が友人であることを意味する」という。

     ほぼ全員がスマホを保有している世代では、他の手段がある時でも主にモバイル端末を使うコミュニケーションが始まっている。

    (中略)

     インターホンを避けるのは単に必要ないからだと話す若者もいる。南カリフォルニア大学の学生は「骨董(こっとう)品のようだ。ドアをノックするのは大昔の話で、同年代の人間は経験したことがない」と述べた。
    (全文はソース元でご覧ください) 【【ピンポーン!】若者は「インターホン恐怖症」、その理由とは】の続きを読む

    このページのトップヘ