野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    アメリカ

    1: イセモル ★ 2017/07/13(木) 16:24:26.71 ID:CAP_USER9
    米国で最近起きた少年少女の2件の自殺が、インターネットで広がったゲームで指示された結果だったと伝えられ、波紋を広げている。警察や教育関係者は子どものスマートフォンの使い方に注意するよう保護者に呼び掛けた。

    問題のゲームは「ブルーホエール・チャレンジ」。参加者は屋根の上など危険な場所に行ったり、体に刃物でクジラの絵を刻んだりする「課題」を与えられる。指示は次第にエスカレートし、自殺を促されるという。

    8日、南部テキサス州の自宅で高校生の少年(15)が首をつって自殺し、自分を撮影するようにスマホが置かれていた。父親は少年の友人の話や交流サイトの記録からこのゲームが原因だったと主張、「子どものネットでの行動に目を配ってほしい」と訴えた。

    このゲームは過去に他国でも流行して自殺者が出たと伝えられるが、実態はよく分からず、存在そのものを疑う声もある。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/smp/world/news/170713/wor1707130041-s1.html

    【【ホラー】 ゲームの指示で子供が自殺? アメリカで注意呼び掛け】の続きを読む

    1:  2017/07/14(金) 13:40:33.94 
    現金受取口から助け求めるメモ、ATM内に作業員閉じ込められる | ロイター

    [オースティン(米テキサス州) 13日 ロイター] - 米テキサス州で12日、銀行の現金自動預払機(ATM)を修理しにきた作業員の男性が機械室に閉じ込められ、「助けて」と書いたメモをATMに投入し、現金引き出しに訪れた顧客に助けを求める出来事があった。

    男性は、携帯電話を車においたまま修理に入り、機械室から出られなくなった。部屋の壁が厚く叫び声が外に届かなかったため、現金受け取り口に「助けてください。ここに閉じ込められており電話を持っていません。上司に電話してください」と書いた紙を投入、訪れた利用者に助けを求めた。

    警察は、男性は3時間にわたって助けを求めたが、利用者が冗談と思い無視されてしまったと説明。だが、ある顧客が通りかかった警官に受け取ったメモを見せたことから、上司に連絡が取られ、救助活動が行われたという。

    警察によると、男性は無事解放された。
    http://jp.reuters.com/article/atm-idJPKBN19Z0C9

    映像ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170714-00010002-reutv-n_ame

    【【やっぱり居たんや】ATMの中の人が無事救助される】の続きを読む

    1:  2017/06/29(木) 15:39:37.53 ID:CAP_USER
    終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反対する団体がソウル市内の米国大使館を取り囲んで抗議デモを行った問題で、米国大使館は韓国政府に対し正式に抗議する文書を送ったことが分かった。聯合ニュースが28日に報じた。

    全国民主労働組合総連盟(民労総)など数十の団体が加盟する「THAAD韓国配備阻止全国行動」は24日、ソウル中心部で大規模集会を開き、駐韓米国大使館を取り囲んでデモを行った。参加者らは19分間にわたりデモを続けた。

    米国大使館は、韓国政府が大使館周囲でのデモを許容したことについて、外交公館の保護義務を定めたウィーン条約に照らしても問題があるとの内容の文書を韓国外交部(省に相当)に送ったという。

    韓国外交部の当局者は「外交部としては、関係法令などに基づいて外国公館の安定的な業務遂行に必要な措置を取りたい」と説明した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    2017/06/28 23:04
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/28/2017062803310.html 
    【【アメさんおこなの?】ウィーン条約に照らしても問題がある 米大使館が韓国政府に正式抗議、THAAD反対デモで】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2017/06/22(木) 07:13:01.87 ID:CAP_USER9
    ・搭乗機から燃料が大量に流出!

    それは Twitter ユーザーの RachelEPas さんが、米ニュージャージー州のニューアーク・リバティー国際空港からイタリアはヴェネツィア行きの便に搭乗して、離陸を待っていた時のこと。ユーザー名にちなんで、彼女のことをレイチェルさんと呼ぶことにしよう。

    米ニュースサイト『FOX 13』によると、搭乗機の中心部辺りの席に座っていたレイチェルさんが外を見ると……なんと左翼から燃料がドボドボと大量に流れ出ていたというではないか。

    ・関係者が事態に全く気づかず……

    何事かと驚いたレイチェルさんは、搭乗機の乗務員だけでなく、外で勤務している空港従業員も全く気づく気配を見せていなかったことから危機を察知。彼女の夫が添乗員に警告すると、乗務員はコクピットに飛んで行きパイロットに事情を説明したところ、直ちにエンジンが停止したのだという。

    その後、夫妻は添乗員に感謝の言葉を述べられたそうだが、パイロットが機内放送で「SNSでは、お手柔らかにお願いします」と伝えていたそうだ。

    ・燃料が引火していたら大爆発の可能性も!!

    問題の動画を見ると、あまりにもスゴい勢いで燃料が噴出していて、マジのマジで恐怖! もし、地上で摩擦が起きたり火気があれば、引火して航空機が大爆発していた可能性だってある。

    そんな事態を想像したらガクブル……ものだが、怪我人もなく事故を未然に防ぐことができたことが不幸中の幸いか。問題のフライトはキャンセルされ、次の日の出発に変更になったとのこと。なにかと米航空会社は問題続きだけに、搭乗客が気持ち良く利用できるよう、しっかりと対策を練ってほしいものである。

    (全文はソース元でご覧ください)

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2017/06/21/916009/

    動画
    https://twitter.com/RachelEPas/status/875065527726727169?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Frocketnews24.com%2F2017%2F06%2F21%2F916009%2F

    【【動画】飛行機から燃料がドボドボ漏れるも関係者が誰も気付かず 乗客が警告・・アメリカ】の続きを読む

    1:  2017/06/21(水) 08:09:35.66
    米イエローストーン公園 地震続発 1週間で464回を観測 ユタ大学
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20747.html

    米地質調査所(USGS)とユタ大学地震観測所によると、米中部のイエローストーン国立公園では、今月12日以降に発生した地震の回数が400回を超え、このうち、最大マグニチュード(M)4.4を含むM3以上の地震は6回にのぼった。

     イエローストーン国立公園は、モンタナ州、アイダホ州、ワイオミング州にまたがる世界初の国立公園で、広さは千葉県と埼玉県がすっぽり収まる8980平方キロ。

    北米最大の火山地帯として知られ、ユタ大学の研究では、地下20~50キロには、世界最大のマグマだまりがあると推測されていて、現在も園内の数百カ所で間欠泉や熱泉から熱水や水蒸気が噴き上がっている。

    日本時間16日朝には、4年ぶりにM4.4の中規模地震が発生し、今月12日からの1週間で、体に感じない微小な揺れも含め、計464回の地震を観測した。

    イエローストーン国立公園でM4を超す地震が起きたのは2014年3月以来4年ぶり。また、1週間に発生した群発地震の数としては過去5年間で最も多いという。

    【【来るか?】噴火すれば人類滅亡と言われるイエローストーン、1週間で地震464回と活発に】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/06/16(金) 10:14:20.32 ID:CAP_USER9
     【ニューヨーク共同】低価格ヘアカット専門の理容店「QBハウス」を展開するキュービーネットホールディングス(東京)は15日、欧米で初めてとなる店舗をニューヨーク中心部に開いた。日本と同様にシャンプーやひげそりのサービスはせず、10分で散髪する早さが売りだ。料金は1人20ドル(約2200円、チップ別)。

     1号店はグランドセントラル駅の近くで、周囲には日系企業のオフィスが多い。カット料金が20~25ドル程度の地元理容店がひしめく地域で、ある経営者は「この地域で生き残るには質の高いサービスと技術が必要だ。QBハウスがライバルにならないことを祈るよ」と警戒する。

    2017/6/16 08:53 共同通信
    https://this.kiji.is/248229908473364481?c=39546741839462401

    【【企業】理容店QBハウスがNY進出(1人20ドルチップは別)…欧米で初】の続きを読む

    1. 1:  2017/06/13(火) 14:05:48.40 
    アメリカニューヨークで少し変わった裁判が行われ、話題となっていた。
    チンパンジーのトミーとキコの法律代理人がチンパンジーにも人間と同等の権利を要求すると提訴したのだ。

    しかし、裁判所は「チンパンジーは法律上の義務を負わず、自らの行動に責任を問うことが不可能である。このため、チンパンジーに人間と同じ権利を与えるのは難しい」と判決を言い渡した。

    裁判の結果、原告の2匹のチンパンジーは完全に敗訴したのだ。当然の話だが、チンパンジーが直説弁護士を選任したわけではない。

    アメリカの動物愛護団体がトミーとキコの名前で出した代理訴訟だったのだ。この団体はチンパンジーと人間の共通性を訴えていた。

    チンパンジーも「人身保護令状」を請求する権利があると裁判所に令状請求を要求。「人身保護令状」は不当に拘束されている人間を自由にするための制度だが、チンパンジーも不当に拘束されている場合は自由にしてほしいというのが、動物愛護団体の主張。

    これまでにも動物愛護団体の訴えは多かった。しかし今回のようにチンパンジーにも人間と同じ権利があるという主張は非常に異例だという。

    動物愛護団体は「チンパンジーはモノではなく、法律上では人間と同等の存在」と主張に基づき、今回の訴訟のほか、様々な訴訟を起こしてきたがいずれも棄却された。

    現在、動物愛護団体とワイズ弁護士は今回の訴訟を上告するかどうかを検討中だという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://gogotsu.com/archives/30167
    no title

    【【意味不明】動物愛護団体が「チンパンジーに人間と同じ権利を与えろ!」と訴訟 結果は……】の続きを読む

    1: 2017/06/09(金) 15:42:13.99 ID:CAP_USER9
    米フィラデルフィアに本社を置くバイオテクノロジー企業「Bioquark」は、今年にも「あの世からの帰還」に関する実験を行う意向。

    Bioquark社の社長アイラ・パストール氏は、死者をよみがえらせることは可能だと述べた。Bioquark社の専門家たちが、すでに今年にもラテンアメリカのある国で実施予定の実験で、死者の蘇生という奇跡をデモンストレーションしようと試みている。

    Bioquark社は最近、蘇生計画を発表した。これは脳活動の回復を目的としている。なぜなら脳が機能しているか否かが、生きているか、それとも死んでいるかの証拠となるからだ。

    現在、大多数の国では、「脳死」と判断された場合、死亡が告げられたり、あるいは生命維持装置が外される。

    だがBioquark社は、脳を「致命的に」変化させることは不可逆的だと考えている。

    なお動物実験を行う予定はなく、即座に65歳から15歳までの死者で実験する意向だという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://jp.sputniknews.com/science/201706093736377/

    Bioquark
    http://www.bioquark.com/

    【【怖っっ】死者をよみがえらせる実験を実施 米バイオクォーク社 】の続きを読む

    1: 2017/05/27(土) 16:46:31.72 ID:CAP_USER9
    米海軍が原子力空母ニミッツ艦隊の西太平洋派遣を決めたことが26日、わかった。米軍関係者が明らかにした。アジア・西太平洋地域に派遣されている原子力空母カールビンソンとロナルド・レーガンに加え3隻目。同地域に同時に3隻を展開するのは異例だ。

    北朝鮮が開発する大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、米国は「究極的には米本土を脅かす核ミサイル技術の取得に成功するだろう」(スチュワート国防情報局長官)とみている。
    米軍は、北朝鮮によるICBMの発射の脅威が高まっているとみて警戒を強めており、総力を挙げて抑止する構えだ。

    (続きはソース元でご覧ください)

    空母3隻態勢に
    no title


    配信 2017年5月27日15時00分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK5W1P1GK5WUHBI001.html

    【【異例の展開】米空母3隻目(ニミッツ艦隊)、西太平洋派遣へ 北朝鮮抑止へ】の続きを読む

    1:2017/05/08(月) 18:46:52.92 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177439&ph=0

    e5363dac2017年5月7日、北朝鮮は金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長に対する米韓情報当局の生物・化学テロ謀議について米国に「正式な謝罪」を要求した。米ボイス・オブ・アメリカの中国語ニュースサイトが伝えた。

    北朝鮮の秘密警察にあたる国家保衛省は5日の声明で、「われわれは米国のCIA(中央情報局)と韓国の国家情報院がわれわれの最高首脳部を相手に準備した生物・化学物質による国家テロ計画を摘発した」と主張した。声明では、CIAは2014年、ロシア駐在の労働者であった北朝鮮人のキム某を思想的に変質、堕落させて買収し、錦繍山太陽宮殿の行事と閲兵式および市民パレードの際に金委員長の暗殺を図ったとしている。

    北朝鮮の朝鮮中央通信は7日の声明で、「米国による陰謀活動の矛先は朝鮮革命の最高首脳部に集中している」「われわれの国内にいる米国の特殊部隊がテロ行動を行っている」などとし、米国に「その深刻さを認め正式に謝罪することを要求する」とした。

    【【北朝鮮】米国に「正式な謝罪」要求、金正恩氏暗殺計画で】の続きを読む

    このページのトップヘ