野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    インドネシア

    1:  2017/05/20(土) 08:07:50.14
    5月10日、インドネシアのセラム島のビーチに正体不明の巨大生物の死骸が打ち上げられ地元民を騒然とさせた。

    この巨大生物を最初に発見した人は、現地住民のアズルール・ツアナコタ(Asrul Tuanakota)。
    夜にこの巨大生物を見かけたが、なんかの勘違いだと思ったが、その後なんかおかしいと思い辺りを調べたという。

    巨大生物の死骸からは強く悪臭が漂っており、日が明るくなると巨大生物の姿が島の住民や観光客にまで知れ渡り大騒動に。
    みんなは近くへ近づき記念撮影する人まで。

    巨大生物は15メートルを超える大きさで、この巨大生物の正体を明らかにするために海洋専門家に連絡。
    専門家によると「死んで3日経過した超巨大なダイオウイカ」と推測。また「正確な種類を明らかにするために追加の調査が必要だが、
    深海には人間が知らない未知の世界があるというのは確かだ」と述べた。

    それに対して一部の専門家は「イカは無脊椎動物であるが、この巨大生物の死骸には骨が発見された。
    おそらくクジラの一種である」と反論。

    しかし見た目は巨大なイカで、新種の可能も高くまた骨は食べた餌とも推測できる。画像を見ると確かに
    太くて大きな骨のような物が確認出来る。クジラと言われればそうも見えるような……。

    現在政府は巨大生物の正体を把握するために総力を挙げており、地元の住民は美観や悪臭などの理由で
    死骸撤去を求めている。

    http://gogotsu.com/archives/29264
    no title

    no title

    no title

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org1254486.gif
    (詳しくはソース元でご覧ください) 【【UMA?】海岸に打ち上げられた15メートルの謎の巨大生物の死骸 専門家も混乱しイカかクジラかで論争】の続きを読む

    1: 2017/04/04(火) 08:21:58.98 ID:uiUsX3hL0 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
    【ジャカルタ時事】インドネシア中部スラウェシ島の村で、全長7メートルのニシキヘビの腹の中から成人男性の遺体が見つかった。地元メディアが29日、報じた。 男性は26日、パームヤシ農園に向かった後に行方不明となり、村人らが翌日、捜索を開始した。農園付近で異常に腹が膨らんだニシキヘビが見つかったことから、腹を裂くと男性の遺体が発見された。男性は25歳で、衣服なども体内にそのまま残っていたという。村の幹部は「蛇の口から彼の靴が見えた」と話した。 ニシキヘビは小動物などを捕食するが、人間が襲われることはほとんどないとみられている。

    http://news.ameba.jp/20170330-95/

    no title

    【【閲覧注意】ニシキヘビの中から出てきた飲み込まれた男性の写真】の続きを読む

    1:  2017/03/29(水) 23:38:30.82 ID:OKmD87f10 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
    体長7メートルのヘビが人をのみ込む 腹部から男性の遺体 インドネシア

    【3月29日 AFP】インドネシア中部スラウェシ(Sulawesi)島で、作物の収穫作業中に消息を絶った
    男性が29日、付近で捕らえられた巨大なニシキヘビの腹部内で発見された。地元当局が29日、発表した。

     スラウェシ島東部のサルビロ(Salubiro)村に住むアクバルさん(25)は26日、家族が所有する農園に向かったまま戻ってこなかったため、心配した親類らが捜索を開始。その一方、地元の住民らが27日、膨張し不自然に地面を這う全長7メートルのニシキヘビを発見し、腹部を切り開いたところ、中からアクバルさんが遺体となって見つかったという。

     地元当局者は「すぐにヘビが彼をのみ込んだと疑った。ヤシの実やアクバルさんの収穫道具、長靴を見つけた場所の周辺だったから」と述べるとともに、ニシキヘビはアクバルさんの全身をのみ込んでおり、この地域で人がヘビにのみ込まれて死ぬという記録はなく、初めてのことだと明かした。

     ニシキヘビが小動物を襲うことは知られているが、人をのみ込もうとすることは珍しいという。だが、2013年には同国のバリ(Bali)島にある高級ホテルで警備員がニシキヘビに襲われ死亡するという
    事件も起きている。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3123213

    VIDEO WARGA: Akbar Tewas Ditelan Ular Piton - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=wubpbH8anKI


    【体長7メートルのヘビが人をのみ込む  インドネシア】の続きを読む

    1:  2017/02/18(土) 09:05:22.73 ID:CAP_USER
     インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画はもともと日本の受注が確実視されていた。だが、ふたを開けてみるとインドネシア政府の債務保証を求めないなど破格の条件を提示した中国が受注した。

     ジャワ島の高速鉄道計画はすでに一部で建設工事が進められているが、土地の収用が思うように進んでいないとの報道も多く、予定どおりに開業できるか不透明な状況となっている。

     中国メディアの今日頭条はこのほど、「ジャワ島の高速鉄道計画を失注した日本はプロジェクトの進展をめぐって中国側を嘲笑する機会をうかがっている」と主張する記事を掲載した。

     記事は、ジャワ島の高速鉄道計画が土地収用をめぐって停滞していることに対し、「日本はようやく鬱憤を晴らす対象を見つけたようだ」と主張し、日本メディアがここぞとばかりに同計画について「暗礁に乗り上げる危険性」、「インドネシア国民の反中感情が高まっている」などと報じていると伝えた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.searchina.net/id/1629512?page=1

    【【中国メディア】インドネシア高速鉄道は困難に直面、日本が「嘲笑の機会をうかがっている」】の続きを読む

    1: 2016/11/02(水) 15:39:13.25 ID:CAP_USER
    Text by 大航海
    Facebook/Keli Keningau Prayitno
    no title

    亡くなった飼い主のお墓から離れず、その場に住み続けている猫がインドネシアで話題となっている。

    毎晩、お墓のそばで眠る猫

    そんな猫を見つけたのはKeli Keningau Prayitnoさん。彼は中部ジャワ州にあるお墓の近くを通りかかった時、墓石に横たわり鳴いている猫の声を聞きつけたという。

    Keliさんはその猫が捨てられたと思い、家に連れ帰って世話をしたが、気がつけば再びお墓へと戻っていたそうだ。

    それから彼は毎日、猫がお墓のそばにいるのを目撃。毎晩、その場で眠っていることも明らかとなる。

    no title

    数時間だけお墓を離れることも

    猫を観察していると、数時間だけお墓を離れることが発覚。

    Keliさんが追跡すると、猫はある家に入り、住人から食事を与えられていたことが判明した。

    そこで数時間過ごした後、猫は歩行を開始。再び飼い主だった女性のお墓に戻っていったという。

    それ以来、猫は1年近くもお墓のそばで暮らし、食事の時間以外はその場を離れず、墓石に鼻を擦り付けたり、背中をつけて寝転んだりしながら過ごしているそうだ。

    no title

    no title


    亡くなった女性が判明する

    Keliさんがその後調べた結果、猫の飼い主はKundariさんという高齢の女性で、やはり既に亡くなっており、あのお墓の下に眠っていることが明らかとなる。

    生前、Kundariさんは猫が食事の時に戻っていく家に住んでいたとされ、食べ物を与えていた現在の住人は彼女の子供だという。

    KeliさんはDailyMailの取材に対し「猫はいつもお墓に戻り、そこで眠りにつくのです。その姿を見るのはとても寂しいです。それは猫と飼い主がどれほど親しい関係にあったのかを物語っています」と語っている。

    no title


    亡くなっても飼い主を慕う猫。2人は本当に強い絆で結ばれていたに違いない。

    出典元:Heartbroken cat misses her dead owner so much she has spent a year living on her GRAVE in Indonesia - DailyMail(10/31)
    出典元:Heartbroken cat spends YEAR living by dead owner's grave - Mirror(11/1)
    Posted: 11/02/2016 06:30 am|Updated: 11/02/2016 06:30 am
    Text by 大航海

    http://irorio.jp/daikohkai/20161102/361541/

    【【全俺が泣いた】亡くなった主人のお墓のそばで1年間も暮らし続ける猫が話題に インドネシア】の続きを読む

    このページのトップヘ