野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    サービスエリア

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [CN] 2019/05/01(水) 20:50:25.68 ID:4TvKMkYM0 
    昭和のサービスエリア飯は不味かった? 時代に合わせて進化したSA/PA事情とは

    ■かつてのSA・PAのレストランはおいしくなかった

     高速道路を利用するときの楽しみといえば、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)の美味しい料理やお土産でしょう。近頃では「SAやPAの料理がおいしくなった」という声も聞かれるようになりました。

    あおり運転はどんな状況で起こり得る? あおりの標的にならないための運転術とは

     しかし、その発言をよくよく吟味すると、別の意味が含まれています。それは「昔は美味しくなかったけど…」という意味です。

     とくに昭和の時代のSAやPAを知っている人は、そのイメージが強いはずです。
    そして、サービスエリア飯はおいしくなかったというイメージには、それなりの理由がありました。

     日本で高速道路が初めて開通したのは1963年(昭和38年)7月のこと。最初の高速道路は名神高速道路で、栗東ICと尼崎IC間に開通しました。

     第一号のSAは大津SAの給油所で、高速道路開通の2か月後の9月に完成しました。レストランと修理所は、翌10月にできあがります。
    当時の日本は、まだまだクルマの性能が低く、高速道路を走るとしょっちゅう故障したため、修理所が必要だったのです。

    (以下ソース元で)

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190429-10405735-carview/
    a0002_000395

    【昭和のサービスエリア飯は不味かったよな (´・ω・`) 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [AE] 2018/02/16(金) 20:50:54.54 ID:mctY5CcB0 
    NEXCO西日本、新名神(川西IC~神戸JCT間)に西日本最大級の宝塚北サービスエリアを3月18日オープン

     NEXCO西日本(西日本高速道路) 関西支社と西日本高速道路サービス・ホールディングス 関西支社は、3月18日に開通するE1A新名神高速道路 川西IC(インターチェンジ)~神戸JCT(ジャンクション)間に、西日本最大の店舗棟面積や西日本最大級の駐車台数となる宝塚北SA(サービスエリア)をオープンする。

     宝塚北SAは、上下線の利用者が同じ施設を利用できる上下線集約型のレイアウトを採用。建物外観は宝塚市中心部「花のみち」周辺の南欧風景観をイメージした「宝塚モダン」をコンセプトにした。

     店内では、「タリーズコーヒー」、ヨーグルトジェラートの「Yogorino(ヨゴリーノ)」が西日本の高速道路初出店。また、スイーツコーナーでは「アンリ・シャルパンティエ」のフィナンシェ、「神戸フランツ」の神戸魔法の壷プリンなどの商品が、西日本の高速道路で初めて販売される。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1105335.html
    a1490_000026

    【夜のサービスエリアでコーヒー  ( ,_ノ` )y━・~~~】の続きを読む

    1: 2017/08/15(火) 09:47:45.09 
    食券購入ガチャが大人気 500円で大当たりも 西紀SA
    https://www.kobe-np.co.jp/news/tanba/201708/0010463349.shtml
    今日のご飯は運次第-。ガチャガチャを回して出た食券でメニューが決まる「ガチャめし」が舞鶴若狭自動車道西紀サービスエリア下り線(兵庫県篠山市東木之部)に期間限定で登場し、人気爆発中だ。
    盆休みと重なった11~13日の3連休には1日最高2千人が利用するなど、家族連れや旅行客らが連日、店外まで長蛇の列をつくっている。

    1回500円。メニューは天ぷらうどんや唐揚げカレーなど20種類で、平均750円相当と「必ず得をする」のが人気の一因だ。「但馬牛づくしセット」(2100円相当)は100人に3人の確率の大当たりメニュー。提供時にはスタッフからの「おめでとうございます」という声と鐘が鳴り、店内の利用客からは拍手が起こる。
    (詳しくはソース元でご確認ください)

    【【ガチャめし】1回500円の食券ガチャが人気】の続きを読む

    このページのトップヘ