野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    スズキ

    1: キドクラッチ(やわらか銀行) [ニダ] 2019/07/05(金) 12:33:56.04 ID:3K9/JI0K0 
    京都府福知山市長田の向山正二さん(54)が23日、大江町の由良川で体長78センチ、重さ3・9キロのスズキを釣り上げた。アオイソメをエサにしたぶっこみ釣りで、向山さんは「取り込むときにタモ網の柄が折れ、思わず川に入って手で引き上げました。大物が釣れてうれしいです」と喜んでいた。

     朝から釣りに出かけたが、ハゼ、ギギといったエサ取りばかりだったという。正午になり「もう帰ろう」と思って投げた最後の一投がヒット。「竿が持っていかれそうなすごい引き」を制して、何とか釣り上げた。

     下荒河の丹後釣具店は「由良川は雨の少ない影響で水量が少なく、流れがあまり無い状態です。食いつきが悪い中で、良く釣り上げられたと思います。今のところ、今年一番のサイズですね」と話す。

     スズキは出世魚の一つで、市内などでは体長60センチ未満はセイゴと呼んでいる。

    (以下ソース元で)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190628-00010001-rtn-l26
    fish_suzuki

    【【釣り】スズキ78センチ上がる 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) 2017/09/21(木) 15:22:26.85 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000082-jij-soci

    スズキ26万台リコール=ワイパー動かぬ恐れ

    スズキは21日、「アルト」など軽乗用車2車種のワイパーが動かなくなる恐れがあるとして、26万5008台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

    防水構造が不適切なため、フロントワイパーを動かすモーターが腐食する可能性がある。127件のトラブルがあったが、事故は報告されていない。

    国交省によると、対象車は2009年12月~12年12月製造で、アルト約23万台と、マツダにOEM(相手先ブランドによる生産)供給した「キャロル」が約3万台。 
    (詳しくはソース元でご確認ください)

    images

    【【スズキ】アルト26万台リコール ワイパー動かなくなる恐れ】の続きを読む

    1:  2017/08/04(金) 11:30:42.59
    スクープ!
    スズキ車のブレーキランプにアース不良の疑い対策部品用意するもユーザーには知らせず本誌指摘により廉価で部品交換応じると約束。

    スズキが販売する軽自動車のブレーキランプについて、」「ランプが点かなくなる」との情報が複数寄せられている。この情報をもとに整備現場に確認したところ、「他車ブランドに比べてランプが点かなくなる頻度が高い」(事情通)傾向のあることが分かった。

    事情通によれば、写真のとおり新車に装着されているブレーキランプソケットassyは「バルブを受ける側のアースの接合が不十分で、使用するうちに車両の振動などによりアースのための銅線が切れたり、バルブとの接触不良がおきる」のだそうだ。ブレーキランプが点かなくなるのは、「経年劣化や過電流によるバルブのフィラメント消失などではなく、アース不良による通電障害のためであり、バルブが生きていてもブレーキランプは点かなくなる」。

    http://aks.blush.jp/?p=5684
    no title

    no title

    no title

    【【スクープ!?】スズキのブレーキランプ、アース不良の疑い】の続きを読む

    1: 2016/10/12(水) 16:06:42.03 
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ12HIO_S6A011C1000000/

     トヨタ自動車とスズキは12日、業務提携に向けた検討を始めると発表した。環境や安全、
    IT(情報技術)などの分野で経営資源を持ち寄り、開発スピードを上げる。競争が激しくなる自動車業界での勝ち残りを目指す。

     両社は午後6時30分から東京都内のトヨタ本社で記者会見を開く。トヨタの豊田章男社長、スズキの鈴木修会長が出席し、提携の狙いなどを説明する。

    (以下略)

    【トヨタとスズキ、業務提携検討へ  勝ち残りを目指す】の続きを読む

    このページのトップヘ