野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ストレージ

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [CN] 2018/02/21(水) 14:36:22.90 ID:OCW/cQia0 
    4K動画、どれくらい入るかな。

    年々大型化するストレージですが、とうとうここまで行き着いてしまいました。Samsung(サムスン)が
    新たに量産開始を発表したのは、業界最大級となる30.72テラバイトの2.5インチSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)「PM1643」です。

    エンタープライズ用として開発されたこのPM1643は、1TBのNAND(フラッシュメモリ)を32モジュール搭載。それぞれのモジュールには16層で製造された512Gb(ギガビット)のV-NANDチップが搭載されています。これにより、これまで最大級だったSSD(しかも3.5インチモデル)の約2倍の容量を実現しているそうです。

    Samsungによれば、PM1643には5700本の5GBのフルHD動画を保存できるとしています。
    また、シーケンシャル読み込み・書き込み速度は2100MB/s・1700MB/sにも達します。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.gizmodo.jp/2018/02/samsung-30tb-ssd.html
    a0006_001157

    【【ストレージ】「30TB」のSSDが量産開始、HDD完全にオワタ 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/12/09(土) 16:23:59.14 ID:TmsZceG50
     今週末、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店では大容量HDDの特価が目立っている。特に土曜日はWDのガラポンイベント協賛特価もあり、お買い得度が高い。
    同社の4TB HDD「WD Blue WD40EZRZ-RT2」が税込み8980円、3TB HDD「WD Blue WD30EZRZ-RT」が同6280円となるなど、最安の水準を攻め込んでいる。
    ともに1人2点まで購入可能だ。

     さらに自らのスタンダードな特価に向けてか、「自店対抗特価」と書かれた在庫限りのセールも同時に実施している。
    こちらはSeagateの4TB HDD「BarraCuda ST4000DM004」が同8780円、3TB HDD「BarraCuda ST3000DM008」が同6580円だ。

     同店は「4TBも3TBも相当攻め込んだ価格にしました。なかなかない値付けだと思うので、複数買いされるなら絶好の機会だと思いますよ」とプッシュしていた。

    「WD Blue WD40EZRZ-RT2」も税込み9000円切り――パソコン工房 秋葉原BUYMORE店
    http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1712/09/news021.html
    no title

    【【IT】4TB HDDがついに9000円を切る!税込み8980円 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2017/11/04(土) 09:24:46.02
     microSDカードの最大容量を更新する、400GBの大容量モデルがSanDiskから発売。
    「SanDisk Ultra microSDXC UHS-I card」シリーズの400GBモデル「SDSQUAR-400G」が、東映無線各店にて3万2380円で販売中だ。

    no title

    no title

    http://diamond.jp/articles/-/148303

    【【商品】SanDiskから400GBのmicroSDカードが発売! 】の続きを読む

    1:  2017/08/03(木) 16:57:36.53
    ソニーとIBMチューリッヒ研究所は8月2日、磁気テープストレージメディアとして業界最高となる面記録密度201Gビット/平方インチ(Gbit/inch2)を達成する技術を開発したと発表した。

     これは、「IBM TS1155 テープ・ドライブ」(JDカートリッジ、非圧縮)をはじめとした従来の磁気テープストレージメディアの面記録密度9.6Gビット/平方インチの約20倍になる。
    これは、約330Tバイトの非圧縮データを、手のひらに収まるサイズのテープカートリッジ1巻に記録することに相当するという。
    330Tバイトのデータとは、書籍3億3000万冊分のテキストに相当する。

     この磁気テープストレージ技術は、ソニーストレージメディアソリューションズが開発した潤滑剤などを採用した磁気テープ技術と、IBMチューリッヒ研究所が開発した記録・再生用ヘッド、サーボ制御技術、信号処理アルゴリズムなどを組み合わせて実現したという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
     
    手のひらサイズで330Tバイト――磁気テープストレージの新技術、ソニーとIBMが開発
    http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1708/03/news044.html
    no title

    【【技術】ソニー、手のひらサイズで330TBの磁気テープを開発! 書籍3億3000万冊分に相当】の続きを読む

    このページのトップヘ