1:  2016/09/28(水) 12:30:36.80 
宗教学者 島田裕巳さん

 総額10万円台の「格安葬儀」が登場したかと思えば、お坊さんの読経もネットで注文できる時代となり、都心には遺骨の「高級マンション」とも言える納骨堂のビルが立つ。いずれ向き合う日が訪れる、弔う側、弔われる側のわれわれが納得できる逝き方とは。

 多様化が進む“逝き方”の中でも、一つの究極の形と言えるのが、宗教学者の島田裕巳氏が提唱する「ゼロ葬」である。

 このゼロ葬、火葬場で焼いた遺骨を遺族が受け取らず、遺骨の処理は火葬場にまかせる。これにより遺族は、墓探しや納骨を巡るわずらわしさから解放されるというのだ。


 http://dot.asahi.com/wa/2016092300111.html 


【「もう遺骨はいらない」 火葬場にまかせる“ゼロ葬”とは?】の続きを読む