野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    デフレ

    1:  2017/05/09(火) 09:38:32.33 ID:CAP_USER9
     厚生労働省が9日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.8%減った。2カ月ぶりに減少した。
    名目賃金の減少に加えて、消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)が上昇し、実質賃金を押し下げた。減少幅は2015年6月(3.0%減)以来1年9カ月ぶりの大きさだった。厚労省は賃金動向について「基調としては緩やかに増加している」との見方を示した。

     基本給や残業代など名目賃金にあたる現金給与総額は0.4%減の27万7512円だった。減少幅は15年6月(2.5%減)以来の大きさ。
    内訳をみると、基本給にあたる所定内給与は0.1%減、残業代など所定外給与が1.7%減だった。ボーナスなど特別に支払われた給与も3.6%減と落ち込んだ。

     パートタイム労働者の時間あたり賃金は2.1%増の1097円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

    (詳しくはソース元でご覧ください)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08HHB_Y7A500C1000000/

    【【景気回復?】実質賃金3月は0.8%減、2カ月ぶり減少…減少幅は1年9カ月ぶりの大きさ、ボーナスなどの特別給与も3.6%減】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/04/24(月) 21:13:32.36 ID:CAP_USER9
    全国の主なスーパーの先月(3月)の売り上げは、平年より気温が低い日が多かった影響で、主力の食料品の販売が振るわなかったことなどから、去年の同じ月を1.8%下回り、4か月連続で減少しました。

    日本チェーンストア協会のまとめによりますと、全国の主なスーパー9376店の先月の売り上げは1兆520億円余りでした。

    このうち、1年前も営業していた店どうしで比べた売り上げは、去年の同じ月を1.8%下回り、4か月連続で減少しました。これは、平年より気温が低い日が多かった影響で、ビール系飲料など売り上げ全体の3分の2を占める主力の食料品の販売が去年の同じ月より1.4%減少したこと、また、春物のジャケットなどの衣料品やカーペットなどインテリアの販売も振るわなかったことが主な要因です。

    小売業界では、売り上げの停滞が続く中、イオンが食料品や日用品の値下げに踏み切るなど、消費者の節約志向に対応しようという動きが、このところ相次いでいます。

    日本チェーンストア協会は「消費を支える雇用や賃金が悪くなっているわけではないが、将来に対する不安などを背景に、価格に対して厳しい目を持つ消費者が増えていて、売る側としては、買ってもらえる価格に設定して、売り上げが減らないようにせざるをえない」と話しています。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170424/k10010959471000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    【【やっぱり不景気なの?】主なスーパーの売り上げ 4か月連続減少】の続きを読む

    1: 地面師 ★ 2017/04/17(月) 19:52:55.08 ID:CAP_USER9
    総合スーパーなどを展開するイオンは、自社で開発・販売するプライベートブランドのうち、食用油など15品目を17日から値下げし、小売業界では消費者の根強い節約志向に対応するため、値下げの動きが相次いでいます。
    イオンが17日から値下げしたのは、自社で開発・販売するプライベートブランドの商品15品目で、いずれも税込み価格で、1リットルの「キャノーラ油」は278円から213円に、485ミリリットルの「天然微炭酸の水」は149円から105円に引き下げます。
    また、今月中に、本州や四国のおよそ400店舗で、大手メーカーが製造した食品や日用品などおよそ240品目も値下げするということです。
    値下げは原料の調達方法を変えるなどして実現したということで、会社は電気料金が来月から引き上げられることなどから、消費者の節約志向がより強まると見て、今後も値下げを検討するとしています。
    千葉市にある店舗を訪れた40代の女性は、「生活が楽になっている実感はなく、日用品になかなか、お金をまわせないので、値下げはありがたい」と話していました。
    イオンリテールの栢野博子さんは「お客の生活防衛意識は高まっているので、価格を見直すことで対応していきたい」と話していました。

    小売業界では、コンビニ最大手のセブンーイレブン・ジャパンも19日から洗剤やシャンプーなどの日用品61品目を値下げする予定で、消費者の節約志向に対応する動きが相次いでいます。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170417/k10010951171000.html

    【【デフレ】根強い節約志向 イオンPBの値下げに続きNB商品も順次値下げ セブンも追随】の続きを読む

    1:  2016/09/04(日) 18:54:13.00
    デフレ経済に逆戻り?
    毎日新聞2016年8月30日 東京夕刊
    http://mainichi.jp/articles/20160830/dde/012/020/003000c
    前文読み上げ動画でリンク先が全部わかる。
    <注目ニュース90秒> 衣料品、小売りが相次ぎ値下げ デフレ経済に逆戻り?
    毎日新聞 8月30日(火)18時16分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160830-00010000-maiv-bus_all



     「今年はデフレ脱却宣言ができれば最高」と主要閣僚が話していたのは年明けだった。しかし小売りや外食の現場で今、じわじわ広がっているのは、それとは逆行する「値下げ」の動きだ。デフレへの回帰は始まっているのだろうか??。【宇田川恵】

    「最近、『ユニクロ』の週末セールを見かけないね」。ふと漏らした友人の言葉が気になり、久しぶりに東京都心のユニクロの店舗をのぞいてみた。店内は妙にすっきりしている。以前はいろいろな価格表示があって雑多な印象だったが、今は「1990円」「2990円」と限られた価格でほぼ統一されている。

     ユニクロを運営するファーストリテイリングは今年の「春夏もの」から価格戦略を転換、値下げにかじを切った。商品によっては1000円も下げたうえ、わかりやすいようシンプルな価格で統一。同時に、売り上げを増やすため、ほぼ毎週末に実施していた特売もやめて、「毎日が低価格」をアピールした。

     同社は、低価格戦略などで売り上げを伸ばし、かつては「デフレの勝ち組」と呼ばれた。しかし2014年、15年と2年続けて値上げを断行。円安の進展で海外生産のコストがかさんだり、人件費が上がったりしたためだ。当時はアベノミクス効果で株価が上昇し、景気に明るさが見えていただけに、日本のデフレ脱却に向けた象徴的な動きと受け止められた。

     しかし、結果としてユニクロを見舞ったのは、深刻な客離れだった。値上げ後、「結構高い。これなら他の総合スーパーで買えば十分」(東京都内の40代女性)との声が上がるなど、ユニクロ本来の「値ごろ感」が薄れて、客は遠ざかり、業績は悪化した。

     今春から一転して踏み出した値下げの効果はすでに表れつつあるとも言われる。7月の既存店の客数は6カ月ぶりにプラスに転じた。小売・外食業界をウオッチしているマーケティングコンサルタントの新井庸志さんは「完全に客が戻ったとは言えないが、7、8月は悪くない状況だ」と評価。ユニクロの広報担当者も「平日のお客様が少しずつ増えている」と手応えを話す。




    【【日本経済】デフレ経済に逆戻り?】の続きを読む

    このページのトップヘ