野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    トラブル

    1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/09/22(土) 06:34:23.60 ID:CAP_USER9
     農家が稲わらや刈り取った草を屋外で焼く「野焼き」。病害虫駆除の役割などを果たすとして古くから行われてきたが、平成13年改正の廃棄物処理法で「農業を営む上でやむを得ない場合」を除き、全面禁止になっている。ところが、ニュータウンなど農地と人口密集地が近接する地域では近年、野焼きに対し「臭い」「煙たい」などの苦情や、火事と間違われて通報されるなどのトラブルが急増している。自治体側も野焼きのガイドラインを策定したり、相談ダイヤルを設置するなど対策に乗り出したが、全面禁止にすることは難しく、根本的な解決策は見つからないままだ。(中川三緒)

    人口急増に合わせ苦情殺到

     兵庫県南東部に位置する三田市。かつてはおだやかな農村地帯で、昭和33年の市制施行当時の人口は約3万2千人だったが、50年代から大規模なニュータウンが開発され、60年まで3万人台で推移していた人口は平成2年に6万人、8年には10万人を突破した。人口増加率が昭和62年から10年連続で日本一となるほどで、現在も人口の約半数がニュータウンに居住する。 宅地開発が進む一方、古くからの農地も残ったが、近年、市街地と農地の境界付近で野焼きへの苦情が増加している。

     
    (続きはソース元でご確認ください)
    http://www.sankei.com/west/news/180922/wst1809220006-n1.html
    a0002_003618

    【【田舎】野焼きは「違法」か…トラブル急増、農地とニュータウン混在の自治体の悩み 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [CN] 2018/01/03(水) 22:50:38.58 ID:eZoaS0+f0
    配水管詰まり修理、55万円請求…トラブル増加
    読売2018年01月01日 09時56分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171231-OYT1T50011.html

     神戸市消費生活センターで、台所や風呂など水回りの工事に関する相談が増えている。

     2017年度上半期(4~9月)の件数は前年度同期比10・7%増の124件で、4年前(61件)の2倍を超えた。水漏れなどが生じた際に、慌てて業者を呼び高額の費用を請求されるケースが相次いでおり、同センターは「あらかじめ料金を確認するなど、慎重に契約を結んでほしい」と呼びかけている。

     同センターによると、突然の訪問による契約はクーリングオフが適用され、8日以内に書面を送れば契約を解除できるが、業者を呼んで修理を依頼した場合は適用外となるため注意が必要だ。

     センターへ寄せられた相談では、水回りの工事に関する件数だけでなく、契約金額(相談者からの聞き取りベース)の総額も、2380万円と前年度同期比で約1・5倍に増えた。

     目立つのが「作業料金3000円~」などと表示するマグネット広告や電話帳、ネット広告などを見て修理を依頼した場合、「簡単に直らない」と次々作業を勧められ、最終的に高額な料金を請求される例だ。

     60歳代の女性は、風呂の排水管が詰まったために電話で業者を呼んだところ、16万円で修理すると言われ、作業をしてもらった。ただ、作業後、「このままだと、また詰まる」と言われ、追加工事も含めて計55万円を示された。女性は見積書がないまま、その場で半額を請求され、27万円を支払ったという。

     この女性のケースでは、追加工事は最初の依頼と別契約のため、クーリングオフの適用対象となるが、同センターは「身近な水回りのトラブルは緊急を要するため、慌てることが多いが、複数業者の見積もりを比較するなど、慎重に契約を結んでほしい」としている。

     市は市管工事業協同組合に委託し、24時間年中無休で水回りの工事を受け付ける水道修繕受付センター(0120・記事電話番号はリンク先)を設置している。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    a1180_003483
    【【注意】水道トラブル55万 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/07/27(木) 22:10:49.38 
    Two huge marmots have been spotted fighting in the middle of the road in this bizarre clip.

    The extraordinary footage shows the large squirrels taking to their hind legs
    to battle it out, locking up together like a pair of professional wrestlers.

    Each one tries to gain control of the power struggle, occasionally appearing
    to grab each other's throats.

    The pair could have stopped traffic with their fight which was recorded by a
    passerby in the town of Haixi Mongol in China earlier this month.
    http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/massive-squirrels-road-rage-battle-10876259
    no title

    no title

    ビデオ
    https://www.youtube.com/watch?v=jXPxKJV6iVw


    【【やばい】リスが路上で大喧嘩。交通トラブルか】の続きを読む

    1:  2017/07/04(火) 06:47:31.12 0
    「道路族」トラブル深刻=住宅街路上で遊ぶ子と親-地域モラル希薄化・専門家

     新興住宅街の袋小路になった路上で子どもを遊ばせ、騒ぐ声などで近隣住民とのトラブルになるケースが各地で問題化している。
    こうした親子は、一部で「道路族」などと呼ばれ、住民同士の裁判や刑事事件になることも。専門家は、地域のモラルが希薄化している危険性を指摘する。

     京都市内の住宅街に住む女性(42)は、分譲開始に伴い2009年に入居。12年春ごろから、自宅前の道などで遊ぶ子どもの大声に悩まされている。
    長男が中学受験を控え、母親らに注意すると、脅迫めいた手紙を送り付けられたり暴言を浴びせられたりするようになったという。

     今年3月、この女性に威嚇行為を繰り返したとして、住民の男性(43)が京都府迷惑防止条例違反罪で略式起訴され、罰金30万円を科せられた。
    男性の弁護士によると、男性は「カメラを付けて監視されたので抗議のつもりだった」と話しているという。

     女性の代理人の豊福誠二弁護士は、東京や神奈川などの新興住宅街でも同様の事例があると指摘。
    母親らが世間話に熱中し、子どもが野放し状態のケースが多く、「子どもを注意している姿を撮影された」「嫌がらせを受け引っ越しを決めた」などの声があるという。
    横浜地裁では、「道路族が原因で重度のストレス障害になり引っ越しを余儀なくされた」として、家族が相手方に慰謝料など計1100万円を求めた訴訟が係争中だ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    (2017/07/04-04:56) 
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017070400133&g=soc

    【住宅街の路上で騒音を撒き散らす「道路族」トラブルが深刻化】の続きを読む

    1: 2016/10/08(土) 22:45:32.07 
    見知らぬ人に列車の指定席を変わってほしいと言われたので、どの席と変わればいいのかと聞いてみたら衝撃の回答が――こんなツイートが2016年10月2日に投稿され、話題になっている。

    何を言ってるのかわからな案件なんだけど、さっき乗ってきた人に、家族ひとまとめに座りたいんで、よかったら指定席の場所を替わってもらえませんかと言われたのね。
    で、どの席と替わればいいんですか?と訊ねたら、「いえ、こっちは指定は取ってないんですけど」ってそら断るわ。

    - 椹野道流 (@MichiruF) 2016年10月1日


    投稿者が遭遇したという、指定席を変わってほしいと尋ねてきた人物。温和な投稿者はどの席と替わればいいのかと聞いてみると、なんと最初から指定席は取っていなかったようだ。
    これはつまり「お前の指定席を寄越せ」というただの略奪行為である。

    何故追加料金を支払って確保している席を見ず知らずの人に渡さないといけないのか甚だ不思議であるが、こういった事を平然と言ってくる輩が世にいるのがとても恐ろしい。
    幸い、断ったところすんなり引き下がってくれたようだが......。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12121606/

    【「そこの指定席、替わってもらえませんか」「あなたの席は?」「いえ、指定席は取ってません」】の続きを読む

    1: 2016/10/04(火) 16:03:44.03 
     神奈川県横浜市にある大口病院で発生した連続変死事件。点滴に界面活性剤を混入し、抗うことができない高齢者を次々に死に至らしめるという犯行は、病院に救いや安心を求める人々を恐怖に陥れた。捜査関係者がため息まじりに話す。

    「最近、医療施設や老人ホームでは、職員や入居者間で様々なトラブルを抱えている。犯行の動機を含め、解明すべきことは山ほどある」

     今回の連続変死事件の“最初の”犠牲者は9月20日に死亡した八巻信雄さん(88)だった。終末期患者の多い同病院では“よくある不幸”と思われたのも束の間、その2日前に死亡していた西川惣蔵さん(88)も中毒死だったことが判明する。さらに2人が入院していた4階フロアだけで7月から9月にかけて約50人もの患者が亡くなっていたこともわかった。

     患者の家族からはこんな不安の声も上がっていた。

    「夜でも誰でも出入りできるような状態だった。ホームレスらしき人が待合室でくつろいでいたこともある。“どこか具合が悪いの?”と声をかけたら、“ただの雨宿りだよ”って」

     事件発覚直後から杜撰な管理体制が指摘されたため、外部の不審者など多くの人物が捜査対象になったという。だが、点滴に異物を混入させるには一定の専門知識が必要という見方が強まっていく。被害者の2人が入院していた4階病棟は寝たきりの患者が多く、自由に歩き回れる人は少ないことから有力視されたのが「内部犯行説」だった。

    「殺人事件を扱う捜査一課が捜査に当たり、現場となった4階で働く看護師、話のできる状態の患者に重点的な聞き込みが行なわれた。すると今年に入ってから、看護師たちの間でトラブルが続出していたことがわかった。その中で、“あの子が事件について詳しく知っている”と名指しされた看護師もいた」(捜査関係者)


    ※週刊ポスト2016年10月14・21日号
    NEWSポストセブン:http://www.news-postseven.com/archives/20161003_453189.html

    【院内人事に絡み看護師間トラブルも・・ 大口病院連続変死事件】の続きを読む

    1:  2016/09/12(月) 04:38:34.57 
    9月12日 4時24分
    商品の購入と貸し出しの契約を同時に結んだうえで収益の一部を受け取る「レンタルオーナー契約」で、約束された金額が支払われず元本も戻ってこないといった相談が高齢者を中心に相次いでいるとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。
    レンタルオーナー契約は、事業者との間で商品の購入と貸し出しの契約を同時に結び、事業者がその商品を使って行うレンタル事業の収益の一部を受け取るという仕組みです。
    商品はコンテナや太陽光パネルなどさまざまで、中には「高配当」や、購入代金に当たる「元本」の保証がうたわれているものもあります。
    国民生活センターによりますと、このレンタルオーナー契約で、約束された金額が支払われず元本も返金されないなどといった相談が、高齢者を中心に毎年、数百件ほど全国の消費生活センターに寄せられているということです。
    このうち兵庫県の80代の女性は「元本分は必ず戻る。お金が利子のようにずっと入る」などとコンテナのレンタルオーナー契約を持ちかけられ、総額でおよそ600万円を支払いました。
    はじめは毎月2万円ほどがコンテナ利用料として振り込まれましたが、次第に途絶え、元本も返金されないまま業者と連絡がつかなくなったということです。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160912/k10010681491000.html

    【 レンタルオーナー契約 トラブル相次ぐ 注意を】の続きを読む

    1:  2016/09/02(金) 15:25:06.24 
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160901-01156199-sspa-000-1-view.jpg


     no title業種によって迷惑客の基準はさまざまだが、その理由は年代によっても変わってくる。果たして若者、オッサン、年寄りのうち、嫌われるのはどの年代なのか? 店員たちの本音に迫った。

    ◆不動産屋

     安い賃貸から高額マンションや土地の売買まで、扱う金額の幅が広い不動産業。そのなかでもっとも嫌われるのは、安い賃貸を物色に来る若者世代のカップルだとか。

    「物件探しというのはある程度経験して知識が身につくもの。だから、オッサンや年寄りは滅多に揉めません。むしろ、経験値の少ない若者はネットで聞きかじった中途半端な知識であれこれ言ってくるから扱いが面倒なんです」(中堅不動産業社員)

     特にカップルで物件探しをする若い客は、男性が女性にいいところを見せたいからか、変な知識を披露しがちだという。

    「一応客だから顔を立てて話を合わせないといけないのですが、契約事なので間違った認識のままでも困る。うまく顔を潰さないように間違っていることを理解してもらうのは、本当に骨が折れますね」

     若者世代は入居後も面倒だ。別の不動産社員は「部屋の使い方に問題がありすぎる」とこぼす。

    「夜中まで騒いで近隣トラブルになるのはかわいいほう。一人暮らしのはずが同棲を始めたり、ペット禁止なのにペットを飼ったり、最近は民泊関係のトラブルも増えています。場合によっては退去を求めるレベルの契約違反なので厳しく注意をするのですが、本人たちは何が悪いかわかってない」

     さらに、退去時にもトラブルは待ち構えている。

    「ぶっちゃけ、多少汚くても若い人が退去した後はフルクリーニングするつもりでいるので問題はないんです。ただ、なかには壁紙の裏までビッシリ汚れが染み込んでいたり、マスターキーをなくしたりしても平気でいる人もいます。それでいてネット知識を振りかざして『敷礼返せよ』と凄む。全体の金額が小さいから妥協してるだけで、本来はNGですよ」

     ネットの知識に頼ってプロの不動産屋に対抗するとは、なかなかの度胸というべきか……。

    ★不動産屋が嫌いな客は【若者】

    入居前から退去時までトラブルの総合商社

    ※主に若者(29歳以下)、オッサン(30~59歳)、年寄り(60歳以上)で分けていますが、あくまでも各業種店員による迷惑客の「外見から推測される年齢」に基づいた声になっています。

    ― 店員が選ぶ年代別嫌いな客 ―

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160901-01156199-sspa-soci 
    【不動産屋が困る「若いカップル客」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/20(土) 15:22:34.71 ID:CAP_USER
    http://toyokeizai.net/articles/-/131895
    http://tk.ismcdn.jp/mwimgs/7/3/1140/img_7393dafd0ed3f60505d4e0eb15c3f028692930.png


    no title「一晩の駐車料金を7500円も請求された。おかしいのでは」――。金曜夜?土曜朝、繁華街のコインパーキングを利用した読者から、
    こんな相談が寄せられた。高額請求の裏側を調べた。
    ある土曜の午前9時すぎ、北九州市小倉北区中心部のコインパーキング。マイカーを出そうとした会社員男性(28)は、精算機の「7500円」の表示に絶句した。

    管理会社「間違いありません」
    前日の夜8時すぎ、急な飲み会に誘われて車で駆けつけ、この駐車場に入庫。看板の料金表を見て「翌朝に出庫すれば1000円程度で済むだろう」と思った。
    納得できず、管理会社に電話したが「間違いありません」と返されたという。
    問題の駐車場を訪ねてみた。看板を見ると「最大料金」は、大きな赤文字で「900円」と「300円」。それぞれの金額の上には
    「月?金8時?24時」「月?金24時?8時」と表示されている。
    その下に、青地に白抜きで「上記最大料金は土・日・祝・祭日は除く」。さらにその下に「通常料金」が書かれ、25分間で「平日200円」「土日祝日300円」とある。

    条件を元に、金曜夜?土曜朝に駐車した男性の料金を計算してみた。日付が変わった土曜の午前0?9時(540分間)は、
    単位料金(25分ごとに300円)が計22回課金されることになる。

    つまり、「金曜夜の駐車代」が900円▽「土曜未明?午前分」が「300円×22回」で6600円で、総額7500円。請求額に間違いはない。
    料金表示を巡る“認識のズレ”、なかなか埋まらず…
    管理会社は「料金の仕組みは分かりやすいように示しており、問題はない」。男性に説明すると「“花の金曜夜”の楽しい気分が台無し。
    近くには実際、一晩1000円ほどで駐車できるところがたくさんあるのに」と納得しきれぬ様子だった。

    飲酒運転の取り締まりが強化される中、街中の空き地を転用して激増したコインパーキング。国民生活センター(東京)によると、
    コインパーキングの料金表示関連の相談は2008年に108件だったのが、2013年には313件に増加。その後2年も300件近いペースで
    、「最大料金○○○円」をうたう看板に関する苦情が最も多いという。

    センターは、業界団体「日本パーキングビジネス協会」に利用者に分かりやすく掲示するように要望。協会側は2014年
    、「文字の大きさを30ミリ以上とする」ことなどを盛り込んだガイドラインをつくった。それでもトラブルが相次ぐ現状は、
    料金表示を巡る事業者と利用者間の“認識のズレ”を埋めるのが、容易ではないことを示しているのか……。
    ともかく、“花金明け”の高額請求を避けるには、「できる限り条件を確認してから駐車する」(国民生活センター)姿勢が、欠かせないようだ。

    【【国内】1晩で7500円!駐車場「料金トラブル」の実態】の続きを読む

    このページのトップヘ