野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ネット

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2018/05/07(月) 10:11:49.07 ID:JHOPJc0v0
    ネット依存症は、オンラインゲームやSNSなどのやり過ぎを自分でコントロールできない状態だ。
    心身の健康悪化、遅刻や不登校、家庭内暴力などの問題が起きている場合に依存症と判断する。
    厚生労働省研究斑の2012年度の推計では、ネット依存症の恐れがある中高生は52万人に上った。
    ネット依存症のうち最も多いのはオンラインゲームへの依存だ。

    世界保健機関(WHO)は今年6月に公表する疾病分類の改訂案で初めて、ゲーム依存症を「ゲーム障害」として疾患名に入れる。

     WHOの定義は、ゲームをする時間などを自分でコントロールできず、他の関心事や日常の活動よりもゲームを選ぶほど優先度が高く、様々な問題が起きてもゲームを続けたり、より多くゲームをしたりする状態。
    原則としてはそういった状態が12カ月以上続くとゲーム依存症と診断されるが、症状や問題が深刻な場合にはもっと短期間でも診断できるとしている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.asahi.com/articles/ASL56469YL56UBQU00K.html
    computer_net_stalker_man

    【【病気?】ゲーム依存症が正式に疾病として認定 日常の活動よりもゲームを優先する人はアウト 】の続きを読む

    1:  2017/08/05(土) 10:16:17.70
    「800kgの落花生」…誤表記と分かってて注文後にクレーム “ネット乞食”の悪質行為にECサイト側の対策は?
    8/4(金) 8:50配信

    企業の主催するキャンペーンやサービスの穴を突き、あくまで合法的に商品をタダでもらうことを趣味としている“ネット乞食”が、いまECサイト運営者の間で問題視されている。たとえば、いまネット乞食が熱いまなざしを向けているのが、大手通販サイトのAmazonだ。
     ネット乞食歴8年の高石圭佑氏(仮名・33歳・東京都在住)は、Amazonの商品誤表記を利用した最新のシノギ事情を次のように解説する。

    「Amazonに出品されている食品の新着商品をひたすらチェックし、誤表記を見つけるんです。たとえば800グラムの落花生の内容量が、800キログラムと記載されていたりだとか。1トン近い落花生なんてありえないですから、間違いだってことはわかってるんですけど、それでも注文する。すると、当然800グラムの落花生が家に届きます」

    ◆あえてクレームを入れる

     ここからがネット乞食たちのズルい点だ。
    「商品が到着したら、『800キログラムだと思ったから買ったのに、800グラムだった。この値段だったらいらないので返品します』とAmazonにあえてクレームを入れます。すると、ほぼ間違いなく『申し訳ありませんでした。返金はしますが、商品の返送は不要なので、そのままお納めください』と返事が来て、商品はタダでもらえてしまいます」

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170804-01352898-sspa-soci

    【【せこい】ネット乞食歴8年の33歳「Amazonでひたすら誤表記を見つける。注文してクレーム、タダでもらう」】の続きを読む

    1:  2017/06/27(火) 09:20:17.26
    2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は26日、現行の地上放送、衛星放送の受信料制度を維持したうえで、テレビを持たずネット同時配信のみを利用する世帯については別の契約を設けることを柱とする中間答申原案をまとめた。その場合のネットの受信料については、NHK内部で現行の地上放送契約と同額(口座振替の2カ月払いで2520円)とする案が浮上している。

     ◇地上波と同額か

     原案には、支払いは世帯単位とし、スマートフォンなどでネット受信アプリのダウンロードなどの手続きを済ませた者を対象とする方針も盛り込んだ。地上放送などの受信料をすでに払っている世帯は、ネット同時配信を利用しても無料とし、スマホなどのネット同時配信の利用者のみ有料とする。原案は27日のNHK経営委員会に示され7月下旬に正式決定する予定。

     ネット受信料は総務省から「地上波よりも安くすべきだ」(幹部)との声もあり、NHK内部で検討したが、「地上波より安くするとテレビよりもネットでの視聴が増えてしまう」との意見が強いという。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000014-mai-soci

    【【震えて眠れ】<NHK>ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象】の続きを読む

    1:  2017/04/06(木) 22:06:07.53 ID:8xZsb3sx0 BE:328765197-2BP(1669)
    全自動食器洗い機のHTTPサーバーにディレクトリトラバーサルの脆弱性
    https://srad.jp/story/17/03/30/095235/


    ドイツの家電メーカーMiele(ミーレ)の業務用全自動食器洗い機のWebサーバー機能に、ディレクトリトラバーサルの脆弱性が発見された(Register、Seclist.org)。

    問題が発見された製品はMiele Professional PG 8528という製品。大型の業務用製品で、ネットワーク接続機能や遠隔操作機能も搭載している。

    脆弱性は昨年11月に発見され、Miele側に問い合わせが行われたものの、対応を行うかどうかの反応がなかったため3月23日付けで脆弱性が公開されたようだ。
    これによってハッシュ化されたパスワードが記録されたファイル(/etc/shadow)を外部から取得できるといった問題があるとのこと。

    さすがに食器洗い機には機密情報は記録していないだろうし、外部から不特定多数がアクセスできるような環境にある食器洗い機も少ないとは思われるが、第三者によって食器洗い機が乗っ取られる可能性もないとは言えない。
    IoT技術の普及によって、IT関連に疎いメーカーがネットワークに接続できる機器を発売するケースは今後増えると思われるが、利用者のほうでも注意が必要だろう。

    【【セキュリティ】ネット接続された「食器洗い機」に致命的な脆弱性!!第三者に皿を洗われる危険性】の続きを読む

    1: ミントソーダ ★ 2017/02/07(火) 10:37:29.22 ID:CAP_USER9
    ソース:2月6日 12時31分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170206/k10010866251000.html?utm_int=news_contents_news-closeup_002

     偽の情報が、検索サイトやソーシャルメディアなどで拡散していくうちに正しい情報を上回る影響力を持つようになる、「フェイクニュース」が世界的に問題になっています。

     日本でも去年、医療や健康に関する真偽不明の情報が大手ネットメディアに掲載されていたことが問題になりましたが、今もそうした情報は後を絶ちません。

     そのひとつが、若い女性を中心に話題になっている「塩水洗浄」というダイエット方法です。「大量の塩水を一気に飲んで腸内をキレイにする」というもので、医師は「内臓出血などで命に関わる危険もある」と警告しています。しかし…。
     
    ◆塩水で腸内洗浄?

    「塩水洗浄」ということばで検索サイトで調べると、「便秘解消に抜群の効果あり」「塩水洗浄で腸内デトックス」などダイエットに関する多くの記事が表示されます。内容はだいたい同じで、「空腹時に1リットル程度の塩水を一気に飲む」「するとおなかを下して、その結果、腸が『洗浄』される」などと説明しています。なかには、「正しく行えばとてもいいことばかりで、副作用はありません」と書かれた記事もありました。

     ツイッターにも「体重が減った!」といった「体験談」が多く投稿され、中には3000回以上リツイートされた投稿もあります。その一方で「苦しい」「つらい」といった否定的な体験もありました。実際はどうなのでしょう。

    ◆ネット情報を信じて体調崩す

    (以下サイト元でご覧ください)
    【【嘘を嘘と・・】塩水飲んでダイエット?あふれる“フェイク”健康情報~ネット情報を信じて体調崩す~】の続きを読む

    1: 2016/09/07(水) 16:06:37.13 
    no titleカカクコムが運営するグルメサイト「食べログ」に情報を掲載している飲食店のオーナーが、店舗の評価をリセットされた後、食べログの担当者から「ネット予約を使わないと検索順位を落とす」という連絡があったとTwitterに投稿した。
    同様の報告は複数あがっており、ネットでは食べログへの批判や疑問の声が殺到している。

    ラムチョップを提供するワインバル「ウルトラチョップ」のオーナーは、「全店の食べログスコアがいきなり3.0にリセット。そこに担当営業から連絡が来て『食べログのネット予約を使ってもらわないと検索の優先順位を落とします』」とその時の状況を説明。
    評価がリセットされた後、ネット予約機能の使用を迫るような発言が食べログからあったことを明かした。
    別の飲食店関係者からも、「うちの会社でやってる店が、いきなり食べログ3.0にリセットされた。理由は、食べログの契約更新で、食べログ側が押し付けてきた物を部分的に断ったから」といった投稿がされている。

    この食べログの対応に対して、ネットでは、「点数を勝手に落とすって店側だけじゃなく評価をしたユーザーもバカにしてない?」、「意図的に低評価にされて客減ったらそれこそ営業妨害」、「こんな汚いことをやっていたなんて、幻滅しました」、「こういうお金で評判を左右させる悪質サイトは要調査と思う」といった批判や疑問の声が多数寄せられている。

    カカクコムに対してこのような発言があったのか等を質問しているが、7日14時時点で回答はない状況。
    その一方でカカクコムは、「『食べログ」レストラン向け広告商品改訂のお知らせ」を、7日付けでホームページに掲載。
    今回の件との関連は記されていないが、「自然検索で表示される点数及びランキングにおきましては、オンライン予約機能の利用是非に一切関係なく、これまでと同様ユーザーの評価を基礎に算出、表示をしております」と説明している。

    http://i.imgur.com/gDC33DK.jpg

    http://news.biglobe.ne.jp/trend/0907/blnews_160907_2325098922.html
    BIGLOBEニュース編集部9月7日(水)15時11分

    【【食べログ】「ネット予約を使わないと検索順位を落とす」 食べログの評価をリセットされた飲食店オーナーが暴露】の続きを読む

    このページのトップヘ