野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ハイパーループ

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/10/05(金) 11:04:34.03 ID:JfrLAd4E0
    夢の交通手段と呼ばれる高速真空管列車「ハイパーループ」の実物大の試作品が世界初公開された。

    アメリカのハイパーループ開発会社である「ハイパーループトランスポーテーション・テクノロジー(HTT)」は2日にスペインのエル・プエルト・デ・サンタ・マリアにて試作品「キンテロ・ワン(Quintero One)」と公開。

    実際に人が乗ることが可能な試作品で、ハイパーループの会長は「2019年実際に人を乗せる準備を終える」と明らかにした。

    この日HTTが公開したプロトタイプは長さ32メートル、重量5トン、耐久性が非常に高い二層構造の複合材料で作られたもの。乗客は28名から最大40名まで乗ることが可能。

    もしこれが実現すれば、理論上は東京から名古屋まで16分で走破することが可能となる(助走やブレーキなどは考慮なし)。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://gogotsu.com/archives/43638
    no title

    no title

    【【未来】東京から名古屋を16分で繋ぐ時速1200kmの高速真空管列車を世界初公開 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/07/21(金) 17:22:38.86 ID:CAP_USER
    no title韓国の首都ソウルから、約320km南東の釜山(プサン)まで、韓国高速鉄道(KTX)で3時間弱かかる。どう考えても速いとはいえない。それゆえ韓国政府は、イーロン・マスクが提唱している超高速輸送システム「ハイパーループ」を導入し、この2つの都市を30分で移動できるようにしたいと考えた。

    (中略)

    初めて聞いたという人のために簡単に説明しておこう。ハイパーループとは、テスラとスペースXのCEOを務めるイーロン・マスクが2012年に提唱した長距離高速輸送システムだ。貨物や人を載せたポッドが、真空に近いチューブの中を超高速で疾走する。空気抵抗は最小限に抑えられており、チューブ内で浮上するポッドに摩擦はほとんどない。マスクは、このシステムは時速1,120km以上で走行すると想定しており、ロサンゼルスとサンフランシスコの間をあっという間に移動できるとしている。

    マスクはすでに、電気自動車の製造、ロケットの発射、地下トンネルの建設[日本語版記事]で手一杯なため、ハイパーループの実現方法の解明については他社に任せている。このアイデアを推進している企業のひとつがHyperloop Transportation Technologies(HTT)だ。同社は4年に及ぶ取り組みで、チューブ内を真空に近い状況にする方法について、かなり素晴らしいアイデアを思いついており、現在フランスのトゥールーズでは乗客用カプセルも生産している。

    同社のCEOダーク・アルボーンは、「生産の準備は整いました。最大の障害は規制です」と述べている。

    こうした障害を取り除くことは、このシステムを4年で立ち上げて稼働させたいと考える韓国政府にとっては大して難しくはないはずだ。政府が官僚に対して、敷設権や環境再調査などを支援するよう伝えれば済む。「政府によるこうした支援が必要です」とアルボーンは言う。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://wired.jp/2017/07/21/hyperloop-south-korea/

    【【夢の技術】韓国政府、わずか4年後の「ハイパーループ」始動を計画 超高速な「真空チューブ輸送」は実現するのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ