野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    フランス

    1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [ニダ] 2018/08/30(木) 05:48:16.97 ID:EXGBH6r60●
     英国とフランスを隔てるイギリス海峡で、英国とフランスの漁船がホタテの漁業権を巡って対立、フランスの漁船が28日、公海上で英漁船に発煙弾や岩などを投げ付け、英側も“応戦”する騒ぎがあった。負傷者はなかったもようだが、英メディアは29日、英国とフランスの「ホタテ戦争」と、大々的に報じた。

     英メディアによると、フランスは繁殖期である夏のホタテ漁が禁じられているのに英漁船は年間を通して操業、フランス側に不満が高まっていた。

     15隻前後のフランスの漁船が英国の漁船数隻を取り囲み、物を投げ付ける様子の映像が29日の英テレビで放映された。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://this.kiji.is/407636153265570913
    a0800_001031

    【英仏で「ホタテ戦争」勃発 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2017/10/10(火) 14:48:25.34 
     フランスでこのほど、モデルの体形を写真編集ソフトでやせ形に修正するなどして公表した場合、「修正済み」との表記を義務付ける法律が施行された。欧州メディアが伝えた。

     「非現実的な体形の画像が広まることによって、若者の健康に影響を及ぼす可能性がある」と政府高官。違反した場合は最高で3万7500ユーロ(約500万円)の罰金が科せられる。(共同)
    https://www.nikkansports.com/general/news/201710100000383.html
    fashion_model

    【フランス「モデルの体形を写真で修正したら修正済みと表記しろ、違反したら500万円な」 m9( ゚д゚) 】の続きを読む

    1:  2017/05/28(日) 10:36:09.61 ID:4MLwoySw0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    先日、フランス政府から経営難のタイヤ工場への投資を依頼されたアメリカの某タイヤ会社が「視察してみたが、1日のうち労働3時間、休憩が1時間、残る3時間がおしゃべり。そんな工場を買収するなど馬鹿げてる。」と返答したことが話題になっていました。

    なんともまあ酷い言われようですが、そのフランスがとるのは週35時間労働制です。

    導入されたのは2002年で、これは35時間を超えて労働した場合、その分はどこかでまとめて有給休暇をとる決まりになっていて、基本的に1週当たり35時間以上は働けない制度でした。

    先進34ヶ国加盟のOECD(経済協力開発機構)による、2011年の「労働時間あたりのGDP」は57.7ドルで
    7位と意外にも(失礼!?)ドイツ(55.8ドル:8位)や日本(41.6ドル:19位)より上位にランキングされており、相当に高い生産性を維持しています。これはいったい何故なのでしょう。

    これは、35時間労働制の導入で企業から効率アップを求められたフランスの労働者は、一旦は反発したものの、もとより世界一効率がいいといわれる働き方を更に研ぎ澄ましたのです。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://www.pmc-net.co.jp/gallery/gallery-992-47545.html

    【【海外】「1日に3時間しか働かない!」短すぎるフランス人の労働時間が話題に】の続きを読む

    1: みつを ★ 2017/05/27(土) 22:20:24.89 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3129804?cx_part=sp_latest

    【5月27日 AFP】「欧州海の日(European Day of the Sea)」だった20日、仏パリ(Paris)で魚の姿になって「魚を苦しめないで」と訴えるデモが行われた。

     菜食主義推進団体「ビーガン・アンパクト(Vegan Impact)」が組織したデモの参加者らはボディーペイントをして魚に扮(ふん)し、サンミシェル(Saint-Michel)の噴水の前で地面に横たわった。(c)AFP

    2017/05/27 16:47(パリ/フランス)

    仏パリのサンミシェルの噴水の前で菜食主義推進団体「ビーガン・アンパクト」が行った、魚を苦しめないよう訴えるデモ(2017年5月20日撮影)。(c)AFP/GEOFFROY VAN DER HASSELT
    no title

    no title

    (詳しくはソース元でご覧ください)
    【【これは痛い】「魚を苦しめないで」 菜食主義団体がデモ フランス】の続きを読む

    1: 2017/04/06(木) 17:59:09.14 
     
    60日間寝ているだけで170万円もらえる! ただし……

    no title

    フランス国立宇宙研究センター(CNES)が公開した動画で見られる食事風景

    「2カ月間、ベッドで寝ているだけで170万円もらえますよ」と言われたら、あなたはどうするだろうか。
    現在、フランスで「ただひたすら横になっていてくれる男性」が求められている。
     
    トゥールーズにある宇宙医学生理学研究所は、微小重力状態が人体に与える影響を研究するための協力者を24人募集している。
    報酬は16,000ユーロ(約170万円)が4年の分割で支払われる。条件はBMI値22~27、年齢20~45歳の健康な男性で、喫煙者・アレルギー持ちはNGだという。
     
    検査期間に入ると、被験者は60日間ベッドの上で生活することを強いられる。寝返りは打てるが、必ずどちらかの肩がベッドに触れていなければならない。
    決して起き上がったり、ベッドの上に座ったりしてはならず、脚を床に付けることなど言語道断だ。食事、排泄、清拭もすべて寝たまま行う。
    また、頭は常に角度にして6度ほど下に傾けられた状態に保たれるという。
     
    フランス国立宇宙研究センターが発表したプレスリリースによると、この体勢をとることで血液が上半身に集まり、
    無重力状態が血液量、心臓機能、血圧に及ぼす影響をシミュレートできるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170406-00010006-jisin-ent

    【【朗報】60日間寝ているだけで170万円もらえる! ただし……】の続きを読む

    1: 2017/01/25(水) 17:08:00.34
    【簡単に説明すると】
    ・太平洋に浮かぶ人工島を計画
    ・フランス領ポリネシアと覚書を締結
    ・Paypal創業者であるピーター・シールも後援

    太平洋に誰の干渉も受けない画期的かつ革命的な都市を建設するというプロジェクトが現実味を帯びてきた。米ABCニュースによるとシーステッディング研究所(Seasteading Institute)がフランス領のポリネシアと人工島建設のための了解覚書を締結したと16日に報道した。

    まるで映画の世界のような夢の様な世界。似たようなプロジェクトでドバイがあるが、更に規模を大きくしたもの。このプロジェクトは2008年に開始され、シリコンバレーの億万長者が海の上に永久かつ革命的、そして政府の干渉も受けずに浮かぶ人工島を建設することだった。

    法と税金から完全に独立した海上のユートピア建設プロジェクトは、メディアの大きな注目を集め、Paypal創業者であるピーター・シールが後援に乗り出したが、実現化の可能性についてはまだ疑問が絶えなかった。

    http://gogotsu.com/archives/25743
    no titleno title

    no titleno title



    【富裕層「もう税金にはウンザリ。人工島を作って税金ゼロで金持ちだけの楽園を目指す」】の続きを読む

    1: 2016/11/23(水) 12:16:45.75 
     パリの北郊外にあるシャルル・ドゴール空港と市内を結ぶ高速道路上で21日夜、カタール人女性2人と運転手が乗った乗用車が襲われ、宝石類など500万ユーロ(約6億円)相当が奪われた。フランスのメディアが伝えた。付近では日本人旅行者らも相次ぎ強盗被害に遭っており、在フランス日本大使館が注意を呼び掛けている。

     報道によると、武装した覆面姿の2人組がドゴール空港とパリ市の間にあるルブールジェ空港から市内に向かっていた車を停止させ、高速道路の出口付近へ誘導。60代のカタール人女性らに催涙ガスを吹き付け、車内のかばんや宝石などを奪った

     パリ警視庁によると、同高速道路は渋滞が激しい上、現金や手荷物を持った旅行客が乗った車やタクシーが多いため、オートバイなどで追尾して車両の窓ガラスを割るなどの手口による強盗が多発している。(共同)
    http://www.sanspo.com/geino/news/20161122/tro16112222160011-n1.html

    【【ヒャッハー!】パリ高速道がやばい 強盗多発】の続きを読む

    このページのトップヘ