野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    ブラックバス

    1:2017/05/20(土) 21:55:19.20 ID:CAP_USER
    強い繁殖力から琵琶湖の生態系を脅かす外来魚のブラックバスの成魚を一部水域で駆除したところ、ブラックバスの稚魚が急増したことが、滋賀県水産試験場の調査で分かった。他の魚だけでなく、ブラックバスの稚魚まで食べてしまう成魚という“天敵”の減少が稚魚の繁殖を招いているとみられる。県はこれまで成魚を中心に駆除を進めてきたが、繁殖を防ぐには稚魚ごと駆除する必要があるとして対策を研究している。

    同試験場は、琵琶湖の外来魚駆除のモデル水域としている内湖の曽根沼(同県彦根市)で、平成20年から大規模な駆除作戦を実施した。電気ショッカーボートという装置で水中に電流を流して一時的に魚をしびれさせ、捕獲する仕組みで、モデル水域内では成魚の生息数が減少。1時間あたりの捕獲数は23年度に6・75匹だったのが、25年度には3・06匹とほぼ半減。27年度には0・52匹とほとんどいなくなった。

    ところが、同時期に小型定置網で捕獲される稚魚の数は急増。1日あたりの捕獲数でみると、23年度に1・39匹だったのに対し、25年度には26・72匹と約19倍になった。

    原因について調べるため、別の飼育池でブラックバスが好む琵琶湖固有種のホンモロコなどを入れず、ブラックバスの成魚と稚魚を入れて飼育実験したところ、成魚が稚魚を食べていたことが判明。成魚が減ることによって稚魚が増える“皮肉な現象”が起きている可能性があることが分かった。

    ブラックバスはその強い生命力からホンモロコなどの在来種を好んで捕食する。県は生態系を守るため、モデル水域以外でも電気ショッカーボートなどを使って駆除を行っているが、電気ショックは成魚に一定の効果のあるものの、体の小さい稚魚には効きにくい。また並行して進める網での捕獲では、稚魚が網の目をすり抜けてしまうことが多く、決定打になっていないのが実情だ。

    県は今春から対策の研究を本格化しており、湖内にブラックバスのための産卵場をつくり、産み付けられた卵を取り除いてしまうことで稚魚になる前に駆除する試みも検討している。

    県の担当者は「リバウンド現象が起きた」と指摘した上で、「放置していては外来魚は増える一方で、在来魚を守るために駆除は不可欠。稚魚ごと駆除できる方法を模索している」と話している。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    no title

    http://www.sankei.com/west/news/180520/wst1805200001-n1.html

    【【外来魚】琵琶湖のブラックバス(成魚)を駆除した結果、ブラックバス(稚魚)が急増 】の続きを読む

    1:  2017/05/07(日) 02:22:42.87 ID:CAP_USER9
    読売新聞 5/6(土) 19:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00050076-yom-soci
     6日午前11時15分頃、大分市横尾のため池「雲川溜池(くもがわためいけ)」で釣りをしていた男性から、「仲間が池に滑り落ちて溺れている」と110番があった。

     約1時間半後、消防隊員が池の中に沈んでいた男性2人を見つけ、市内の病院に搬送したが、いずれも死亡が確認された。

     大分県警大分東署の発表などによると、死亡したのは北九州市八幡東区の会社員重永華寿季(かずき)さん(18)と、佐賀県白石町の会社員堤隆太さん(23)で、死因はともに溺死。

     2人は同じ工事の仕事で大分市に滞在。6日午前9時頃から、110番した佐賀県小城市の会社員男性(20)とともにブラックバスを釣っていた。重永さんが足を滑らせて池に落ち、堤さんは助けようとして飛び込んだという。

     池は深さ7~8メートル。地元の水利組合が管理しており、関係者以外の立ち入りは禁止されていた。

    【【釣り】ブラックバス釣りをしてた男性2人が溺れた事故 関係者以外立ち入り禁止の溜め池で釣りをしていたという】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 12:04:23.56 ID:CAP_USER9
    釣りボートから親子転落 スクリューに巻き込まれ息子重傷
    2017年 3月 20日 20時 36分 更新

    20日朝、滋賀県の琵琶湖で釣りをしていた男性がボートから転落し、助けようとした26歳の息子が手首をスクリューに巻き込まれて重傷を負いました。

    午前10時半ごろ、大津市浜大津の琵琶湖の沖合300m付近で、「2人が落水した」と消防に通報がありました。

    警察が調べたところ、親子が2人でブラックバス釣りをしていて、バランスを崩してボートから転落した父親(60)を、息子(26)が助けようとして転落し、左手首をスクリューに巻きまれたということです。

    2人は転落した時に自動的にエンジンを止める「キルスイッチ」を着けていなかったとみられます。

    【ボートを貸した店の店長】
    「(キルスイッチは)体のどこかに着けておいてもらって、外れたときにエンジンが
    切れるスイッチになっている。船の運転をされる方は絶対に着けておいて欲しい」
    息子は手首を骨折する重傷を負っています。

    カンテレNEWS
    http://www.ktv.jp/news/date/20170320.html#0560372

    【【バス釣り】琵琶湖で釣りをしていた男性(60)がボートから転落、助けようとした息子(26)がスクリューに巻き込まれて重傷】の続きを読む

    このページのトップヘ