野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    レトロ

    1:  2017/05/13(土) 13:15:01.19 ID:KanNJ1fR0 BE:306759112-BRZ(11000)
     株式会社ハル研究所(以降、ハル研)と言えば、コンシューマゲーム機向けタイトルの開発元として広く認知されている存在。しかし、昔からのパソコンユーザーにとっては、1980年代にマイコン・パソコン用ハード、ソフトの名機、名作を数多く世に送り出したメーカーとしての印象も強く残っていることだろう。そんなハル研が、5月11日から14日まで静岡のツインメッセ静岡で開催される「第56回 静岡ホビーショー」で「PasocomMini」(以降、パソコンミニ)を発表する。

     パソコンミニとは、1978年以降に大ヒットしたマイコンを約1/4サイズで再現した手乗りコンピュータ。ラインナップは「PC-8001」、「FM-7」、「MZ-80C」の3機種。小型ながらその筐体は非常に精巧で、これだけでも所有欲をそそる。内部にはRaspberry Piを搭載しており、各機種のエミュレータが動作する。しかも、プチコンで採用されているSmileBASICが実装されている。エミュレータはオンメモリのプログラムが動くレベルのもので、テープやFDDなどの制御機能はない。

     発売は2017年10月中旬予定。予価19,800円(税別)。レトロPC・ゲーム専門店BEEP 秋葉原店のWebにて6月1日より予約受付開始予定だ。受注生産ではないが、数量限定生産になるとのこと。

     このパソコンミニでどんなことができるのか? 
    その製作にいたったきっかけなどと合わせて、同社代表取締役社長である三津原敏氏(以降、三津原氏)と、「パソコンミニ」開発担当ディレクターの郡司照幸氏(以降、郡司氏)にうかがった。


    PC-8001やFM-7、MZ-80C……懐かしのパソコンがミニサイズで現代に甦る!ハル研究所が発表した「PasocomMini」の詳細と狙い

    (詳しくはソース元でご覧ください)
    http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/column/retrosoft/1058919.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【レトロ】PC-8001やFM-7、MZ-80C……懐かしのパソコンがミニサイズで現代に甦る!ハル研がパソコンミニを発表】の続きを読む

    1: 2017/03/21(火) 20:06:09.92 ID:CAP_USER9
     小銭を入れると温かいうどんやトーストが出てくる懐かしの「レトロ自販機」が再び人気となっています。
    珍しい自販機がそろう店には、ファンが詰め掛けて「聖地」とも呼ばれています。

    詳しくは動画で
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000096835.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=3Dgu0S_ji7k&feature=youtube_gdata_player


    【【うどん・そば】レトロ自販機が人気!ファン詰め掛ける“聖地”とは】の続きを読む

    1:  2016/09/26(月) 19:36:22.46 
     no title温かいうどん・そば、トーストサンド、ハンバーガーを販売する「レトロ自販機」が懐かしいデザインや味が受け、人気を集めている。
    1960年代半ばから80年代に設置され、地元の住民やトラック運転手などに利用されてきたが、今では全国で100台程度しか稼働していない。
    希少価値が高まる一方、老朽化や閉鎖店舗の増加で、レトロ自販機は絶滅の危機にある。

     群馬県みどり市の国道122号沿いの山奥にある丸美屋自販機コーナー。11台の自販機が並び、地元の「ひも川うどん」などを販売する。平日は近隣の住民やドライバーの利用が中心だが、週末は遠方からも食べに来るという人気スポットだ。

     うどん・そばの自販機は、お金を入れると、下調理済みの丼麺を湯切りして25秒で高速調理する。全国的に値段の相場は200~300円程度と安い。

     うどん・そばの場合、店が麺や具材、だしを用意し、下調理してから自販機に設置する。このため店によって味が異なる。関東と関西の自販機では全く味が違うという。
    ハンバーガーやトーストサンドも同様だ。その分、店側の負担は重く、下調理の準備や在庫を補充する必要がある。最近はオーナーの高齢化で後継者がいないため、
    閉店する店舗が増加している。さらに自販機も老朽化で動かなくなり、年々減少している。

     レトロ自販機の人気で、生産復活を望む声もあるが、75~95年まで、うどん・そば自販機を製造した富士電機広報IR部は「今は生産できる人や設備がない」としている。7
    5~78年までトーストサンド自販機を製造した太平洋工業も同様に生産できないという。各社とも売り切りで、どこで稼働しているのか把握できておらず、
    メーカーのアフターサービスも終了し、修理業者も全国にわずかというのが実情だ。

    今では24時間営業のコンビニエンスストアが各地に広がり、食べることに困らなくなり、レトロ自販機の役目は終わり、絶滅する方向へ向かっている。
    その一方で、昭和レトロの懐かしい味を求める人たちが増えているのも事実だ。レトロ自販機には、なくなればなくなるほど、人々を魅了する不思議さがある。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000000-fsi-bus_all
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160925-00000000-fsi-000-2-view.jpg

    【「レトロ自販機」絶滅の危機】の続きを読む

    このページのトップヘ