野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    不祥事

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [FR] 2017/10/13(金) 22:12:48.08 
    否定から一転、不正発覚「隠蔽でない」 神鋼社長会見

     主力の鉄鋼製品でも不正が発覚した神戸製鋼所の川崎博也会長兼社長らが13日に記者会見し、鉄鋼の問題を認識しながら公表しなかったことについて「隠していたわけではない」と釈明した。川崎社長や勝川四志彦常務との主なやりとりは次の通り。

     ――出荷先の顧客社数は。

     勝川氏「前回(約200社)も加えて約500社」

     ――今回公表した鉄鋼についての4件は、不正を知っていて隠したのか。

     川崎氏「隠したわけではない。取締役会でも取り上げられたが、法令違反かどうかの判断で即時公表はしなかった。原因分析を徹底してやるなら過去分も分析すべき、と公表した」

     ――社長は前日の12日、「鉄鋼(の不正)はない」と話していたが、知っていたのか。

     川崎氏「当然、取締役会でもあがっていたので認識していた。『ない』と言ったのは、アルミや鉄粉(の不正)が見つかった緊急監査や自主点検の中では、鉄鋼(の不正)は見つかっていなかったからだ」

    (続きはソース元でご覧ください)
    http://www.asahi.com/articles/ASKBF4Q6XKBFULFA015.html

    【【え?】神戸製鋼社長「隠蔽ではない。即時公表しなかっただけ」】の続きを読む

    1: 2017/09/22(金) 12:08:25.64 ID:CAP_USER9
    20170922-00000005-kobenext-000-7-view上司の速度違反もみ消し 三田署警部補を書類送検
    2017/9/22 11:41

    上司のスピード違反をもみ消したとして、兵庫県警が22日、三田署交通課の男性警部補(51)を犯人隠避の疑いで神戸地検に書類送検したことが、捜査関係者への取材で分かった。速度違反取り締まり中に同署地域課長だった男性警部(54)=現機動パトロール隊=の違反を見つけながら適正に処理せず、「同僚を取り締まりたくなかった」などと話しているという。

    県警は同日付で警部補を停職3カ月の懲戒処分にした。一方、警部は「(もみ消しを)積極的には働き掛けていない」と説明し、警部補も同様の趣旨の供述をしていることから、速度違反による戒告処分に。また、もみ消しを見過ごしたとして他の交通課員3人を本部長注意とした。

    捜査関係者によると、警部補は昨年5月27日午前7時すぎ、三田市内の県道(指定速度40キロ)で
    速度違反取り締まり中、時速63キロで自家用車を運転していた警部の違反を見つけながら、
    反則切符を切らなかった疑いが持たれている。警部は出勤中だったという。

    現場には警部補を含め交通課員6人がおり、警部はいったん停車したが、警部補と会話した直後に発進したという。現場にいた同課員数人は「後で手続きすると思っていた」などと話したという。今年7月に県警監察官室に内部通報があり、県警が捜査していた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201709/0010577360.shtml

    【【警察の不祥事】上司のスピード違反もみ消し、兵庫県警三田署の警部補(51)を犯人隠避の疑いで書類送検】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) 2017/09/21(木) 09:56:43.07 
    福岡市の交番に勤務していた警察官が、先月、朝方まで酒を飲んだあと勤務に就き、パトカーを運転していたことがわかりました。
    飲酒運転の基準を超えていたかどうかは確認できなかったということですが、福岡県警察本部は不適切な行為だとして近くこの警察官を処分することにしています。
    処分を受けるのは、福岡市早良区の早良警察署の交番に勤務していた20代の巡査です。

    捜査関係者によりますと、先月、交番勤務についていたこの巡査から酒の臭いがすることに同僚が気付き、警察が調べたところ、その日の朝方までほかの同僚と一緒に酒を飲んでいたことがわかったということです。

    巡査は、この日すでにパトカーの運転をしていましたが、警察が調べた時点では、運転の時にアルコールの量が飲酒運転の基準を超えていたかどうかは確認できなかったということです。

    捜査関係者によりますと、巡査は朝方まで酒を飲んで出勤したことを認めているということで、福岡県警察本部は、警察官として不適切な行為だったとして近く処分する方針です。

    また、一緒に飲んでいた同僚などについても処分を検討しています。

    福岡県警では、ことし、飲酒運転や大麻の所持など、警察官や職員による不祥事が相次ぎ、これまでに18人が懲戒処分を受けています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011149961000.html
    a1590_000028

    【【福岡県警】警察官が朝まで飲酒しパトカー運転 処分へ】の続きを読む

    1:2017/09/14(木) 21:42:59.01 ID:CAP_USER9
    警察の情報システムを不正に使用したとして、滋賀県警が県内の警察署に所属する40代の男性巡査部長を所属長注意の処分にしていたことが14日、県警への取材で分かった。

    県警によると、巡査部長は、知らない男性が自分の妻と一緒にいるところを目撃。今年6月、警察官が個人の犯歴や盗難品などを照会する情報システムを使い、男性の車のナンバーから氏名などを割り出したという。

    巡査部長の妻から話を聞いた男性が県警に相談し、不正が発覚した。県警監察官室は「指導を徹底して再発防止に努める」としている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170914000188
    a0006_001092

    【【滋賀】妻と一緒の男は誰?ナンバーから氏名など割り出す】の続きを読む

    1: ] 2017/05/12(金) 15:19:42.36
    高級車を中心におよそ400台を盗んだなどとして、暴力団幹部ら8人を逮捕です。逮捕されたのは六代目山口組傘下の暴力団幹部・世古光容疑者(31)ら男女8人で、2014年3月から今年1月にかけ、レクサスやランドクルーザーなど約400台を盗んだ疑いなどが持たれています。
    世古容疑者らはイモビライザーを解除する特殊な機器を使ってエンジンを動かす手口で、三重県を中心に10都府県で犯行を繰り返していて、被害総額は15億円を超えるとみられています。
    調べに対し、世古容疑者ら7人は容疑を認めているということです。事件をめぐっては暴力団幹部に捜査情報を漏らしたとして、三重県警の警察官2人が書類送検され、依願退職しています。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000125-tokaiv-l24

    【【捜査情報漏洩】三重県警の警察官2人が書類送検され、依願退職】の続きを読む

    1:  2017/05/11(木) 07:29:59.94 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00050150-yom-soci
    読売新聞 5/11(木) 7:21配信

     民家から約300万円を盗んだとして窃盗罪で起訴された大阪府警貝塚署の巡査が、利用契約を結んで入手した複数の携帯電話を他人に渡していたことが捜査関係者への取材でわかった。

     巡査は「借金絡みで脅され、従った」と供述。府警は携帯電話をだまし取ったとする詐欺容疑でも捜査しており、電話が犯罪に悪用された可能性もあるとみている。

     この巡査は出口卓実被告(25)。4月に同府貝塚市の高齢男性宅に事件捜査を装って上がり込み、現金を盗んだとして窃盗容疑で逮捕、起訴された。ギャンブルなどで抱えた借金が数百万円あり、その返済目的だったとされる。

     捜査関係者によると、出口被告は調べの中で「スマートフォンを複数台契約し、他人に宅配便で送った」と供述。契約書などを調べたところ、昨年1~2月頃、スマホ5台余りを自分名義で契約し、少なくともうち数台を関東地方の同じ住所に送ったことが確認された。

    【【大阪】巡査「借金絡みで脅され」複数の携帯詐取し譲渡】の続きを読む

    1: 2017/04/14(金) 12:23:28.28 ID:CAP_USER9
    CNN.co.jp 2017.04.14 Fri posted at 11:17 JST

    (CNN)?乗客が強制的に引きずり降ろされた問題を巡り非難の的になっている米ユナイテッド航空の旅客機で、今度は乗客が機内でサソリに刺される騒ぎが起きた。

    サソリに刺されたと訴えているのは、9日に米ヒューストンからカナダのカルガリーに向かう便でビジネスクラスに搭乗していたリチャード・ベルさん。妻のリンダさんによれば、機内で昼食を取っていたところ、頭上の手荷物入れからリチャードさんの頭の上に、何かがポトリと落ちてきた。

    「夫は頭の上に何かを感じ、髪の毛に手をやると、それがディナーテーブルの上に落ちた。夫が尾をつかんだら刺された」。リンダさんはそう語る。

    リチャードさんがサソリをテーブルから通路に払い落とすと、周りの乗客も気づいて騒ぎになった。

    サソリはすぐに客室乗務員が捕まえて、機内のトイレに流したという。

    サソリがどうやって同機に紛れ込んだのかは分かっていない。航空情報サイトによると、同機はこの日、中米コスタリカからヒューストンへの便に使われていた。

    ユナイテッド航空は声明の中で、「サソリと思われるものに刺された乗客を、客室乗務員が介助した」ことを確認。乗員は直ちに地上にいる医師に連絡して指示を仰ぎ、生命に危険がないことを確認したとしている。カルガリーに到着すると、待機していた医師が診察した。

    リンダさんによると、ユナイテッド航空からは12日に連絡があり、謝罪と補償の申し出があったという。補償の内容については明らかにしていない。

    http://www.cnn.co.jp/usa/35099792.html?ref=rss

    【【頭上注意】米ユナイテッド航空、今度は機内にサソリ 乗客刺される】の続きを読む

    このページのトップヘ