野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    中国

    1:  ©2ch.net 2017/04/23(日) 14:27:58.89 ID:CAP_USER
    china-flag2017年4月22日、韓国・聯合ニュースによると、トランプ米大統領が中国に対して重ねて要求している北朝鮮に向けた圧力行使に対し、中国メディアが自国の立場を明らかにした。

    中国共産党機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は22日、米国による北朝鮮の核施設を狙った攻撃が行われても中国は軍事介入しないことを伝えた一方で、米韓軍が38度線を越えて地上戦を行った場合には、中国は軍事介入する意向だと明らかにした。

    環球時報は、トランプ大統領が22日、ツイッターに「中国は北朝鮮の大きな経済的命綱だ。容易ではないが、もし中国が北朝鮮問題の解決を望むならば解決できる」とするコメントを載せたことを紹介し、「米国が(中国に対し)重ねて(北朝鮮制裁への)支援を求め、中国の(北朝鮮制裁への)変化した姿を絶賛するのは、中国の支援を促す意味もあるが、まだ中国の支援が不足していることも意味する」と指摘した。

    さらに中国の立場について「北朝鮮と米国、韓国の全てが中国の提案する案に従わずにいる」とし「困難な状況にある」と伝えた。

    この報道に対し、韓国のネットユーザーからは
    「他国で火遊びをするのはやめてくれ」とする意見とともに、
    「こんな状況で、一番影響を受ける韓国が声を上げることができない」
    「なぜ韓国政府としての立場表明がないのだ」

    など、韓国政府への不満の声が寄せられた。

    また、
    「38度線を越えたら軍事介入するって、よくこんなことを堂々と公言できるな」
    「38度線以北は中国領土って言っているようなものじゃないか」
    「やはり中国は朝鮮半島の統一を望んでいない」など中国に対する否定的な意見や、
    「旧大韓帝国(日韓併合前の朝鮮半島最後の専制君主国)末期みたいだ」
    「やはり核開発しかない」などの声もあった。

    2017年4月23日(日) 13時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b176052-s0-c10.html

    【【半島有事】中国国営メディア「米韓が38度線を越えたら軍事介入する」=韓国ネット「他国で火遊びをするのはやめてくれ」】の続きを読む

    1:  2017/04/10(月) 06:44:15.30 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=174656&ph=1

    2017年4月7日、参考消息網は記事「中国企業が“下水油”由来の航空燃料を大量生産=料理のにおいはしません―香港メディア」を掲載した。

    香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは1日、中国石化鎮海煉化(鎮海煉化)に関する記事を掲載した。同社は“下水油”、すなわち廃棄された食用油から航空燃料を作り出す事業を推進している。現在計画中の工場が完成すれば、10万トンの“下水油”から3万トンの航空燃料を製造する能力を有するという。2017年の着工予定。

    すでに2015年3月に上海・北京便で試験飛行が行われたが、トラブルは起きていないという。同社広報担当は「絶対に安全だ」と強調。また食用油から精製されたとはいえ、「料理のにおいはしない」とのことだった。将来的には“下水油”燃料は国際便、とりわけ高額の炭素排出税が課される国に飛ぶ路線向けに販売される予定だ。

    【【大丈夫?】「下水油」を航空燃料として利用へ これで外食が安全に! 中国】の続きを読む

    1: 2017/04/22(土) 13:11:42.55 ID:CAP_USER
    【平壌共同】
    北朝鮮の朝鮮中央通信は21日に配信した論評で「われわれの周辺国」が経済制裁を行い「公開的に脅している」として名指しは避けつつ中国を批判し、「彼らが誰かに踊らされ経済制裁に執着するなら、われわれとの関係に及ぼす破局的結果も覚悟すべきだ」と警告した。
     
    国連安全保障理事会決議に基づき北朝鮮産石炭の輸入を停止するなど制裁の厳格な履行に同調する中国に対し、強い不満を示した形だ。

    トランプ米大統領は、北朝鮮核問題での中国の取り組みを「異例な動き」と評価していた。


    2017/4/22 11:144/22 11:18
    https://this.kiji.is/228336952412536841?c=110564226228225532

    【【四面楚歌】北朝鮮、中国に破局的結果を警告】の続きを読む

    1:  2017/04/22(土) 03:24:08.94 
    傘を開いて高いところから飛び降りたらどうなるのだろうかという、誰もが騒動をしたことがあることを実際に実行してしまっい大惨事になってしまった。

    中国江蘇省にて7歳の少年が4月15日にアパートの10階から飛び降りた。少年は死ぬことはなかったが、重傷を負いすぐに病院に搬送された。現在は生命に支障がないとしている。

    何故少年はこのようなことをしてしまったのか? それは親が仕事をしている時間で、1人残された少年が退屈してしまい傘を持ってビルの上から飛び降りたらどうなるのかと試して大惨事を招いたようだ。

    事故直後の画像がウェイボに投稿され話題となっている。

    http://gogotsu.com/archives/27991
    no title

    no title

    no title

    【【ある意味すごい】中国の少年が傘を開いてビル10階から漫画のように落下 】の続きを読む

    1: 2017/04/20(木) 12:28:51.85 ID:CAP_USER
    2017年4月19日、毎日経済新聞によると、中国・華北エリアの天津市、河北省で、工業廃水が広範囲にわたってくぼ地にたまっているのが見つかった。
    問題の場所は3カ所で、新設が発表された「雄安新区」(河北省)から100キロに満たない距離にあるという。

    この問題は民間の環境保護団体が指摘したもので、河北省廊坊市で見つかった2カ所の面積は17万平方メートルと3万平方メートル。天津市静海区では15万平方メートルに上る。

    同団体はその面積の広さや放置時間の長さから地下水の安全に重大な影響が生じた可能性があるとしており、環境保護部は19日、河北省政府と合同調査チームを立ち上げ、直ちに現地調査を行うと表明した。
    (続きはソース元でご覧ください)

    写真:問題が指摘された河北省廊坊市大城県南趙扶鎮
    no title

    no title

    no title


    以下ソース:レコードチャイナ 2017年4月20日(木) 11時50分
    http://www.recordchina.co.jp/b175802-s0-c30.html

    【【これはすごい】工業廃水の巨大な“ため池”見つかる、中国の一大国家事業「雄安新区」からわずか数十キロ―中国メディア】の続きを読む

    1:  2017/04/10(月) 18:12:33.88 ID:CAP_USER9
    米空母派遣に自制要求=中国

     【北京時事】中国外務省の華春瑩・副報道局長は10日の定例会見で、米海軍が原子力空母カール・ビンソンを朝鮮半島近海に派遣することに対し「緊張をエスカレートさせることをしてはならない」と米国に「自制」を求めた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000074-jij-cn

    【【ヘイヘイw】中国 米空母派遣に自制要求 「緊張をエスカレートさせることをしてはならない」】の続きを読む

    1:  2017/04/08(土) 19:14:34.91 ID:CAP_USER
    ■日本の新幹線を利用した中国人が驚き「誰も大声で騒いでいない」

    中国では何かにつけて中国高速鉄道と新幹線を比較する報道が多いが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人旅行客が日本で撮影したという動画を掲載し、新幹線に実際に乗車してみて感じた「中国高速鉄道との違い」について紹介する記事を掲載した。

    記事がまず指摘したのは、新幹線の駅構内が「秩序正しく、誰一人として大声で騒いでいない」ことだ。

    人の流れはひっきりなしにあるにもかかわらず、聞こえてくるのは「足音」だけで、多くの利用客が駅構内にいるとは思えないほど静かだ。

    また、中国では地下鉄に乗るにも高速鉄道に乗るにも手荷物検査が必要だが、日本ではその必要がないことにも衝撃を受けたようだ。

    日本の駅では、改札口以外には駅員どころか警備員も見当たらないが、中国ではこうした公共の場所の警備がどんどん厳しくなっており、ライフルを持った警官が数人一組で見回りをしているのも珍しい光景ではない。

    いかに中国の社会情勢が不安定で、治安にリスクがあるかを示す光景と言えるが、日本では新幹線という経済にとって重要な交通インフラでも厳重な警備が必要ないということは、それだけ日本の治安が良いということでもあるだろう。

    では、乗車時に気が付いた違いとはどんな点だろうか。

    記事は、「まだ降りていないのに乗り込んでくる人」は見られず、降りる客を優先させる日本人の乗車マナーの高さを称賛した。

    さらに新幹線の車内では「中国のおばさん」のように大声でおしゃべりする人はおらず、車内でお菓子を食べる、物乞いをする、歌を歌ってお金を要求する人もいないと指摘。

    本や新聞を読んでいる乗客が多く、携帯電話やスマートフォンを触っている人が意外に少ないことも驚きだったと伝えた。

    そして最後に強調したのが、新幹線では先を争うように座席を取り合う人が「まったくいなかった」ということだ。

    (続きはソース元でご覧ください)

    ソース サーチナ
    http://news.livedoor.com/article/detail/12907909/
    no title

    【【民度】 日本の新幹線を利用した中国人が驚き「誰も大声で騒いでいない」】の続きを読む

    1:  2017/04/07(金) 18:18:04.85 

    【シリア攻撃】中国、トランプ米政権への直接的批判避ける 政治解決を呼び掛け

     中国外務省の華春瑩副報道局長は7日の定例記者会見で、米軍によるシリアへのミサイル攻撃について「(関係各国は)冷静さと抑制した対応を維持し、情勢をさらに緊張させないよう求める」と述べた。直接的な対米批判を避けた。

     華氏はシリアで猛毒のサリンとみられる化学兵器が使用されたとみられる空爆については「厳しく非難する」と述べ、真相解明に向けて国連機関による独立した調査が必要だとの考えを示した。

     華氏はシリア問題を巡り「中国は一貫して政治解決を訴えてきた」と主張し、関係各国にさらなる努力を呼び掛けた。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/170407/wor1704070078-n1.html

    関連
    トランプ政権、シリアにミサイル攻撃 ロシアは侵略行為と非難
    http://jp.reuters.com/article/us-syria-strike-idJPKBN17907C
    アサド政権の後ろ盾として軍事的な連携を続けているロシアのプーチン大統領は、今回の米国のミサイル攻撃を激しく批判。
    ロシア大統領府によると、プーチン大統領は米国のミサイル攻撃は国際法違反で、米ロ関係に深刻な悪影響を与えるとの認識を示した。複数の通信社がペスコフ報道官の発言を報じた。
    プーチン大統領は、米国の行動は「主権国家に対する侵略行為」で「作り上げられた口実」の下に実施され、イラクでの一般市民の死から世界の関心をそらそうとするものと批判した。
    また同報道官は、ロシアはシリアが化学兵器を保有しているとは思わず、プーチン大統領は今回の攻撃はテロリズムへの戦いに向けた国際的連携にとって深刻な障害と認識していると述べた。

    【中国、アメリカのシリア攻撃にビビるw】の続きを読む

    1: 2017/03/31(金) 21:54:51.15 ID:CAP_USER
    中国「THAAD反対、言葉だけでは済まさない」
    ハンギョレ新聞 3/31(金) 6:35配信


    中国国防部ブリーフィング 「韓国はTHAADでは安全になれない」 「ロシア反対」グローバルMD対応で連係も

     中国が30日、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備と関連して「言葉だけで済まさない」という強硬な立場を明らかにした。来月6~7日の米中首脳会談を控え、THAAD問題が本格的な議題に浮上する様相だ。

     中国国防部の呉謙報道官はこの日、月例の定例ブリーフィングで「THAAD装備が1、2カ月以内にすべて韓国に到着し、4月から稼動するだろう」という観測に対する質問に、「中国はすでに何回もTHAADの韓国配備に反対する立場を明らかにした」として「この席で二点を強調する

    。第一に、THAAD配備は韓国を安全にすることはできない。第二に、『THAAD配備反対』について中国軍は単に言葉だけで済ませはしないだろう」と明らかにした。

    (続きはソース元でご覧ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00026935-hankyoreh-kr

    【【中韓】中国「THAAD反対、言葉だけでは済まさない」】の続きを読む

    1: 2017/03/23(木) 08:42:00.07 ID:IqBnYAfb0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    韓国の柳一鎬(ユ・イルホ)副首相兼企画財政部長官がことし10月に満期が到来する

    韓中通貨スワップ延長について「延長が中止になるとは全く考えていない」と明らかにした。

    柳副首相はこの日、政府ソウル庁舎で開かれた第5次経済関係長官会議の後、
    「あちら側(中国)から話があるはずだが、今まで何の話もない」と伝えた。

    最近、中国が韓国の高高度ミサイル防衛体系(THAAD)配備をめぐって経済報復に出ている中、
    韓中通貨スワップ契約の延長中止に対して懸念の声が高まっている。
    韓中通貨スワップは2014年10月11日に契約延長に合意して以来、現在まで維持されてきた。
    韓中通貨スワップの規模は560億ドル(約6兆2255億円)で、韓国が結んだ通貨スワップの中で最大規模となる。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000001-cnippou-kr

    【【韓国】副首相「韓中通貨スワップ、延長中止の可能性は全く考えていない」】の続きを読む

    このページのトップヘ