野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    予言

    3: 名無しさん@涙目です。(中部地方) [EC] 2018/02/09(金) 07:32:15.87 ID:S3wKqfQ30
    私の予言を聞くダムス!
    images


    【「ノストラダムス」とは何だったのか? (´・ω・`)  】の続きを読む

    1: 2017/05/05(金) 23:48:50.18 ID:CAP_USER9
    ■2017年5月13日、第三次世界大戦勃発?

    今、「DailyMirror」や日本のブログ「InDeep」をはじめとする世界各国のメディアが注目している予言者がいる。自らを「神のメッセンジャー」と名乗る、ホラシオ・ヴィレガス氏だ。まずは最近の的中した予言を挙げよう。

    【ヴィレガス氏の注目すべき的中予言2つ】
    ・2015年時点でドナルド・トランプがアメリカ大統領になることを予言。その後、トランプは米大統領選に勝利し、第45代アメリカ合衆国大統領となった。ヴィレガス氏の予言は見事に的中した。

    ・アメリカの指導者がシリアを攻撃することを予言していた。4月7日アサド政権が化学兵器を使用したとして、トランプ政権はシリアをミサイル攻撃した。また彼の予言は的中したのである。

    と、これまで数々の重要予言を的中させてきたヴィレガス氏は、2017年4月に人類の存亡を揺るがす重大な発表をした。

    なんと、ヴィガレス氏は、「聖母マリアがファティマに現れてから100周年の5月13日に第三次世界大戦が勃発する」と予言したのだ。

    そして、

    「その戦争は、イルミナティの王となる“億万長者のビジネスマン”によって起こされる」
    「戦争は2017年5月13日から10月13日の間に起こり、多くの厄災と死をもたらす」

    とも予言したというのだ。

    北朝鮮情勢が緊迫化し、米朝開戦も囁かれる今、東京にいつ核ミサイルが飛んで来るかもわからない……。時期的にもヴィレガス氏の予言は、的中する可能性があるのが恐ろしいところだが、「このファティマ100周年」とは一体何なのだろうか?

    (以下省略、つづきはウェブで!)

    no title

    http://tocana.jp/2017/05/post_13128_entry.html

    【【キタ━(゚∀゚)━!】「5月13日、第三次世界大戦勃発」 神のメッセンジャーを名乗るホラシオ氏の戦慄予言 】の続きを読む

    1: 2017/02/15(水) 11:25:11.25 ID:CAP_USER9
    米国人天文物理学者らが先ごろ新たな世紀末の日を公表。なんとあと30年後の2047年には地球の生命は絶滅するというのだ。

    原因となるのは太陽。学者らは長年にわたり太陽の活動の活発化を観測してきた。まさにこの頃には太陽の活動は減退し、太陽圏が縮小し始めてしまうからだという。こうなるとあらゆる生命は生き残ることができず、黙示録の時代が到来する。

    https://jp.sputniknews.com/science/201702153343830/

    【【ナ、ナンダッテー】「2047年、太陽圏が縮小し、地球の生命は絶滅」 米国の天文物理学者が予言 】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2016/11/18(金) 17:11:30.81 ID:CAP_USER9
    maxresdefault地球に残された時間はあと1000年。人類はそれまでに地球を離れ、他の惑星にコロニーを建設して移住しない限り、生き延びることはできない――。英理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏がこのほど行った講演で、そんな未来を描いて見せた。

    地球を壊滅させる要因は気候変動や核兵器、ロボットなど。米紙クリスチャン・サイエンス・モニターによると、ホーキング氏は英オックスフォード大学組合で行った講演で、「地球という惑星が壊滅する確率は当面は極めて低いかもしれないが、時が経つにつれて可能性は高まり、1000年あるいは1万年たてばほぼ確実になる」と予想。「その時までに我々は宇宙やほかの星に散らばっていなければならない。地球の壊滅を人類の終わりにしないために」と語った。

    実際に宇宙探査計画は加速しているようだ。米航空宇宙局(NASA)は人類が生存可能な地球外惑星の探査に力を入れ、米宇宙開発企業スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は火星にコロニーを建設する構想を披露している。

    ただしホーキング氏が描くのは暗い未来ばかりではない。英紙インディペンデントによると、講演ではこう結んでいる。

    「足元ばかり見ていないで星空を見上げよう。自分が見たものの意味を考え、何が宇宙を存在させているのか考えてほしい」「好奇心を持つこと。人生がどれだけ困難に見えても、自分にできること、成功できることは必ずある。大切なのはあきらめないことだ」

    ソース/CNN
    http://www.cnn.co.jp/fringe/35092416.html

    【【ナ、ナンダッテー!】あと千年で地球壊滅、惑星コロニーへ移住を・・・ホーキング氏】の続きを読む

    1: 2016/10/01(土) 01:12:52.66 
    sssp://img.2ch.net/premium/6931153.gif
    ホピ族には先祖から口述で伝えられている「ホピの予言」がある。伝承によれば、現在の我々の文明は第4の時代(Fourth World)であり、
    先の3つの文明は“火”と“氷”、それに“水”によって滅ぼされたということだ。一説によると“火”とは火山の同時噴火による大災害
    であり、“氷”とは氷河期、“水”は大洪水であるといわれている。そして現在の第4の時代も、終わりに近づいているということである。
    1958年、アメリカ人聖職者のデイビッド・ヤング氏がホピ族の長老である「ホワイト・フェザー(白い羽)」から、ホピ族に伝わる9つの
    予言を聞かされた。前述の通り、そのうち8つはすでに現実のものとなっており、問題は9番目の予言である。ちなみに的中した8つの予言
    とは下記の通りだ。

    1.白い肌の人間の到来
       ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の発見と進出のこと。
    2.満ち溢れる回転する車輪の声(音)
       最初は馬車、後に自動車が走り回る様子のこと。
    3.バッファローに似た角が生えた獣の流入
       牧畜のために持ち込まれたヨーロッパ産の牛のこと。
    4.鉄のヘビが大地を横切る
       鉄道のこと。
    5.巨大なクモの巣が大地に張りめぐらされる
       電線や電話線のこと。
    6.“石の川”が大地に交錯する
       舗装道路のこと。特に高速道路。
    7.海が黒く変色し多くの生物が死滅する
       2010年のメキシコ湾原油流出事故のことであるといわれている。あるいはタンカーによる原油の海洋流失事故全般。
    8.長髪の若者がやってきて部族の生活と知恵を学ぶ
       1960年代~70年代の“ヒッピー・ムーブメント”のことであるといわれている。

    8つの予言はすでに過去のものとなったが、9番目の予言が実現する日が近づいているという。では、その予言とはいったいどんなものなのか。

    いかそー
    http://tocana.jp/2016/09/post_11046_entry.html

    【ホピ族の9つの予言。8つ目まで的中し9つ目も間近か?】の続きを読む

    このページのトップヘ