野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    免疫

    1: 2017/06/11(日) 17:17:15.90 ID:CAP_USER
    http://healthpress.jp/2017/06/post-3046.html

    2017.06.09

    no title

    免疫細胞の異常が「脱毛」の真因だった(depositphotos.com)

     米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のMichael Rosenblum助教授らの研究チームは、ノックアウトマウスを用いた実験を行い、炎症を制御する免疫細胞の「制御性T細胞(Treg)」の働きが「毛包幹細胞」による発毛の促進に欠かせない要因である事実を確かめ、『Cel』オンライン版に発表した(「HealthDay News」2017年5月25日)。

     「毛包」は「発毛」と「皮膚呼吸」を司っている。毛包幹細胞は毛包を絶えず産出しているので、毛髪が抜け落ちれば毛包を直ちに再生できる。

     研究チームは、遺伝子ターゲッティング技術を応用し、標的遺伝子である制御性T細胞を完全に削除したノックアウトマウスを作り、遺伝子欠失によって生じる表現型の異変を分析したところ、制御性T細胞を欠損すると毛髪は育たなくなった。

     つまり「免疫細胞である制御性T細胞の異常が脱毛の真因」である根拠を掴んだことになる。

    制御性T細胞の解明が進めば、脱毛治療の向上に役立つ

     Rosenblum氏によれば、制御性T細胞の欠損は、自己免疫疾患である円形脱毛症だけでなく、男性型脱毛症などの要因にもなる可能性が強いため、制御性T細胞の機序の解明が進めば、脱毛治療の向上に役立つだろうと指摘している。

     免疫細胞は体内で細菌やウイルスによる感染症と闘いつつ、ホメオスタシス(生体の恒常性)を維持している。一方、毛包幹細胞は損傷した組織を再生している。したがって、免疫細胞である制御性T細胞と毛包幹細胞は相互に作用しながら、毛髪を再生しているのだ。

     Rosenblum氏によると、免疫細胞である制御性T細胞が重要な役割を担っている事実が裏づけられたので、今後は創傷の修復における制御性T細胞の役割や機序も検証したいと語っている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://healthpress.jp/2017/06/post-3046_2.html


    【【朗報】「脱毛」の真の原因は「免疫細胞」の異常だった! 円形脱毛症の治療にも光明が】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/03/18(土) 11:40:02.73 ID:CAP_USER9
    [ちちんぷいぷい - 毎日放送]

    2017年3月8日放送の「Today's VOICE ニュースな人」のコーナーでは、京都府立大学大学院 生命環境科学研究科の塚本康浩教授の取り組みについて取り上げられました。

    ダチョウを愛する塚本教授は「ダチョウが持つ免疫力」に注目し、ダチョウの卵から取れる抗体を使って今までに「インフルエンザ」「花粉症」に効果があるマスクや、「ニキビ」を治療する薬を開発してきました。

    ダチョウの免疫力は非常に強い?

    そもそもなぜダチョウなのか...長く飼っている中で、ダチョウには他の動物にない"特徴"があることに気がついたとのこと。

    ダチョウはケガをしてもすぐに治るし、寿命が60年くらいある中でもともと不潔な鳥であるのに感染症にもかからないことから、非常に「免疫力が強い、いい抗体」がとれるのではないかと研究を始めました。

    しかも年間120個ほどの卵を産むとのことで、抗体が簡単に安価に取れます。

    (続きはソース元でご覧ください)

    Jタウンネット3月18日(土)7時34分 
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0318/jtn_170318_5556770141.html

    【【科学】ダチョウ、薄毛改善に役立つ? =ダチョウを愛する大学教授、ダチョウが持つ免疫力に注目】の続きを読む

    このページのトップヘ