野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    共謀罪

    1:2017/05/22(月) 13:14:36.12
    民進 野田幹事長「テロ等準備罪」法案 採決は無効

    民進党の野田幹事長は、記者会見で、先週、衆議院法務委員会で行われた、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する法案の採決は無効だとして、法案を委員会へ差し戻し、徹底した審議を行うよう求める考えを示しました。

    この中で、野田幹事長は、先週19日に衆議院法務委員会で行われた「テロ等準備罪」を新設する法案の採決について、「強行採決が行われたが、断じて認めることはできない。野党4党として、採決の無効、法案の委員会への差し戻しを強く求めていきたい」と述べました。

    そのうえで、野田氏は、「大臣の答弁能力の問題以前に、法案そのものの構造的な問題もいっぱいある。1つ1つ吟味していくと、また疑問が広がり、まだまだ審議は足りない」と述べ、徹底的な審議を求めていく考えを示しました。

    また、野田氏は、「昨年の臨時国会で、与党は、強行的な採決を繰り返し、大島衆議院議長が、『与野党ともに合意に向けた真摯(しんし)な努力をしたうえで、可否を決するのが議会制民主主義の基本だ』などとする所感を示したが、今回の強行採決は、所感に真っ向から反するものだ。大島議長の適切な議会運営を強く期待したい」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170522/k10010990521000.html

    【【強行採決】民進党「先日の共謀罪法案の採決は無効!認めない!」】の続きを読む

    1: ] 2017/05/19(金) 19:47:36.22
    no title

    国会周辺で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案に反対する人たち=19日午後

    「まるで独裁国家だ」
    衆院法務委員会で「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が採決強行された。
    国会周辺には市民数百人が詰めかけ、気勢を上げたり「共謀罪NO」のプラカードを掲げ座り込みをしたりして抗議を続けた。

    市民らは議員会館前で、演説や歌で採決強行を批判。
    横浜市の無職男性(64)は「政府は疑問に答えていない。やり方が独裁国家そのもの」。

    東京都武蔵野市の女性団体職員(40)も「数で押しきる安倍政権は許せない。グレーゾーンが多い法案で、捜査機関に都合よく判断されかねない」と訴えた。

    http://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-498911.html

    【【共謀罪可決】「まるで独裁国家だ!数で押しきる安倍政権許せない!」共謀罪可決に怒りのプロ市民、国会前で大騒ぎ】の続きを読む

    1:  2017/04/22(土) 17:14:55.17 ID:CAP_USER
    「勝手に決めるな」国会前反対集会に500人

    毎日新聞2017年4月21日 23時22分(最終更新 4月22日 07時21分)

    「共謀罪」法案に反対する集会の参加者ら=東京都千代田区の国会前で2017年4月21日午後8時55分、後藤由耶撮影

     国会前で21日夜、「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、反対集会が開かれた。成立すれば組織犯罪は計画段階で処罰可能になるとされるが、「監視社会につながる」との批判が根強い。参加者は「勝手に決めるな」などと書いたプラカードを手に、「共謀罪 絶対反対」と声を上げた。

     学生や主婦、会社員らでつくる団体「未来のための公共」と、高校生グループ「T-nsSOWL(ティーンズ・ソウル)」が呼びかけた。参加者は主催者発表で約500人。

     会社員や国会議員、大学教授らが次々とマイクを握り、法案の問題点を指摘し、廃案を訴えた。弁護士の津田二郎さん(43)は「戦前の治安維持法と同じ役割を担っている『テロ等準備罪』を、絶対に認めるわけにはいかない。入り口はテロ対策だが、出口は監視社会だ」と訴えた。
    https://www.mainichi.jp/articles/20170422/k00/00m/010/148000c

    【【共謀罪法案】「勝手に決めるな」「絶対に認めない」国会前反対集会に500人】の続きを読む

    このページのトップヘ