野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    労働

    1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [US] 2019/02/03(日) 14:15:55.28 ID:YJnnIlRx0

    2018年6月29日に成立した「働き方改革関連法案」により、2019年4月1日から使用者は10日以上の年次有給休暇が付与される全ての労働者に対し、毎年5日間、時季を指定して年次有給休暇を取得させることが義務付けられました。

    具体的には労働基準法第39条に以下内容が追加されました。

    年に10日以上の有給休暇の権利を付与した労働者に対し、そのうち5日間は基準日(注1)から1年以内に、労働者ごとに時季を定めて取得させなければいけない。

    ただし、労働者が自ら有給休暇を取得した場合や、「年次有給休暇の計画的付与制度」(注2)により有給休暇を取得させた場合は、その日数分は上記の義務を免れる。

    2019年4月以降、最低5日は社員に休暇を取らせないと労働基準法違反となりますので、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられます。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://workit.vaio.com/i-paid-vacation-mandatory/
    a0002_003045

    【【労使】4月1日から有給休暇5日義務化 違反した経営者に懲役6ヶ月 働き方改革法案 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/01/17(木) 20:24:44.44 ID:CAP_USER
    自分の代わりに退職の意思を伝えてくれる退職代行サービスが広がっている。人材紹介会社や弁護士事務所も参入し、サービス内容も多彩になってきた。価格は3万円程度からと安くはないが利用者は後を絶たない。人手不足やブラック企業など日本の労働市場の問題が透けて見える。

    ■上司と会わずに退職

    「月に300件ほどの依頼があります」。退職代行サービス大手、EXIT(東京・新宿)を運営する岡崎雄一郎共同代表は話す。E…

    (続きはソース元でご確認ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40056340W9A110C1XQD000/
    a0001_016661

    【【労働】「仕事辞めます」に3万円、退職代行サービス広がる 】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2018/09/17(月) 09:09:43.19 ID:CAP_USER
     労働環境の改善が叫ばれている昨今だが、17.7%の企業は「働き方改革」に取り組んでいない――。帝国データバンクの調査でこんな事実が分かった。その理由は「必要性を感じない」が37.6%でトップ。「効果を期待できない」(34.1%)、「人手不足や多忙のため、手が回らない」(29.4%)と続いた。

     「推進できる人材がいない」(20.2%)、「時間とコストがかかる」(13.5%)、「取引先の理解が得られない」(8.9%)といった声も出た。「既に働き方改革への対応を終えている(ため、取り組む必要がない)」(7.7%)という企業も一部あった。

     このほか、「働き方改革に取り組んだ結果、日本経済が上向くのか、弱体化していくのか、結果が分からない」などの意見も挙がった。

     一方、働き方改革に取り組んでいる企業は37.5%。その内容は「長時間労働の是正」が79.8%で最多。「休日取得の推進」(61.8%)、「人材育成」(56.3%)、「健康管理の充実」(49.8%)、「定年の延長・廃止・継続雇用制度の導入」(49.4%)なども多かった。

    (続きはソース元でご確認ください)
     
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1809/16/news023.html
    a0008_001808

    【【労働】約2割の企業が「働き方改革」をやっていない 理由は「必要ない」「効果が不明」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [RU] 2017/10/14(土) 08:42:43.00

    人事評価の支援サービスを行うあしたのチームは10月11日、労務・人事の訴えの対策に関する調査結果を発表した。調査は9月8~11日にインターネットで実施し、
    従業員数300人未満の会社経営者400人から回答を得た。

    企業で「ハラスメント」への対策を実施しているかと聞くと、63.0%が「対策をしていない」と回答している。ハラスメント対策を行う企業は37.0%に留まった。

    no title


    調査では労務・人事に関する問題が起こらないための事前対策を行っているかを聞いた。「異動/配属」について「対策をしていない」という回答が69.5%となった。

    同様に、「長時間労働」「残業未払い」(各65.0%)、「評価」(63.5%)、「昇格/降格」(62.8%)、「解雇/退職」(59.5%)、「賃金」(55.0%)と、すべての項目で「対策をしていない」が過半数を超えている。

    対策をしない理由の1位は、すべての項目で「必要性を感じないから」で、2位も全項目で「やり方がわからないから」だった。
    ハラスメントに関しては、「訴えが来ないと思っているから」(16.7%)、「時間がかかるから(かかりそうだから)」(15.1%)という理由も多かった。
    ハラスメントや長時間労働は問題視されることが多いが、経営者の半数がこのように回答するのはいかがなものだろうか。

    (続きはソース元でご覧ください)
    https://news.careerconnection.jp/?p=41665

    【中小企業経営者の6割「長時間労働・残業代未払いの改善は必要ない」 理由は「必要性を感じないから」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(玉音放送) [US] 2017/10/02(月) 21:02:57.20

    プレス工(※経験3年以上)

    勤務時間
    ◆8:30~17:30(休憩時間1時間)
    給与
    ◆月給18万円~25万円+諸手当

    ◆昇給/年1回
    ◆賞与/年2回

    諸手当
    ◆交通費支給※当社規定により
    ◆精勤・皆勤手当
    ◆家族手当
    ◆住宅手当
    ◆役職手当
    ◆資格手当
    休日・休暇
    ◆完全週休2日制(土、日)
    ◆祝日
    ◆GW休暇
    ◆夏季休暇
    ◆年末年始休暇
    ◆有給休暇
    ◆慶弔休暇

    ★☆★年間休日125日★☆★
    福利厚生
    ◆各種社会保険完備
    ◆マイカー通勤可
    ◆制服支給
    ◆退職金制度
    ◆産休・育休・介護休暇制度※実績あり
    ◆社員旅行※自由参加

    【うちの親の会社の工場求人なんだけど、これでも人応募してこない (´・ω・`) 】の続きを読む

    1: (庭) 2017/08/20(日) 23:27:38.48 
    「過労死ライン」100時間残業、働き過ぎと発症に強い関連

     政府が今秋の成立をめざす「働き方改革法案」には、残業時間を「月100時間未満」とすることを盛り込んだ。月100時間は「過労死ライン」とも呼ばれる。過労死の労災認定の根拠となる「脳血管疾患及び虚血性心疾患等の認定基準」に、著しい疲労の蓄積をもたらしたかを判断する目安として月100時間の記載があるからだ。

    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLZO2012373018082017TCC000/

    【会社「残業禁止!(勝手に残業するのは止めれんが給料は当然出ないよ☆)」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/08/15(火) 06:29:12.61
     国内だけでなく、海外でも人気の“忍者”が不足していてピンチとなっている。各地のテーマパークでは、忍者の争奪戦となっているという。そこには意外な理由があった。

    ■東京・浅草の外国人旅行者に日本を訪れた目的を聞いてみると、文化や食べ物、買い物などを楽しみたいという声が聞かれる一方、“忍者”に興味を持つ人もいた。

    ■新宿の歌舞伎町には少人数で忍者体験が楽しめる施設があり、連日予約で埋まるほどの人気スポットだという。入場者の半分以上が外国人旅行者とのことだ。

    ■近年はアニメの放送をきっかけに海外で人気が高まっている。

    ■佐賀県にある元祖忍者村の目玉は、派手さとユ-モアあふれる演出が光る忍者ショーだ。しかし、その舞台裏では、出演者自身が裏方の仕事をこなしながら慌ただしく動き回っていた。慢性的な人手不足に直面しているという。この施設の忍者は「忍者がほしいです」と語る。

    ■北海道の登別伊達時代村でも“忍者不足”に悩まされている。ホームページには忍者大募集と書かれていて、臨時でフリーの俳優を雇わざるを得ないほど人材不足に直面している。

    ■忍者の普及活動をする協議会によると、忍者不足は各地で深刻だという。

    ■忍者などを養成する都内のアクションスクールでは、修行に励む子どもたちがいる一方、厳しい訓練をへて忍者になっても十分な収入を得るのが難しい現状があるという。さらに、インタ-ネットの普及で目の肥えた外国人の忍者ファンなどから求められるレベルが上がり、トレーニングについていけず挫折する人が増えている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170814-00000060-nnn-soci

    【【労働環境】「忍者が全然足りない…」 修行がきつくて挫折者増加】の続きを読む

    2:2017/08/16(水) 18:23:41.84 ID:fwXNEeab0
    郵便局に入って辞める奴の多さは異常
    a1380_000343

    【日本郵政から「働かないか?」って言うDMが来たんだが・・】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/07/24(月) 10:16:32.95 ID:CAP_USER9
    有給休暇(有給)の1人当たり取得日数が年間で3日増えた場合、宿泊費や飲食費、交通費などを合わせた国内の旅行消費額が9213億円押し上げられるとの試算を政府がまとめたことが23日、分かった。政府は小中学校の夏休みなどを一部ずらして大型連休とする「キッズウイーク」を平成30年度に導入する。試算結果などを根拠に、子供の休暇にあわせて親の有給取得を促す方針だ。

    この試算は、昨年12月に行った企業を対象とするアンケートや各種の政府統計などに基づいて算出した。アンケートで「(有給が増えた場合)1泊以上の国内旅行をする」と答えた人の比率を、総務省の労働力調査に基づく正規職員数に当てはめた場合、宿泊旅行客は新たに1306万人、同行者を含めると3254万人に達するという。

    平均旅行単価などを加味すると旅行消費額は9213億円と、“爆買い”が話題となった28年の訪日客の旅行消費額(3兆7476億円)の25%に達する規模となる。宿泊費だけでも2837億円に上るという。旅館・ホテルの利用客室数は2932万室増え、宿泊施設の平均客室稼働率は28年の60%から65・8%へ上昇する見通しだ。ホテル、旅館などでの正規雇用の比率が約1%押し上げられる。

    働く人1人当たりの有給取得日数は22年以降、年平均8・6~9・0日で推移。
    政府はこれを30年度に前年度比で3日増とする方針を固めている。

    (詳しくはソース元でご確認ください) 
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/170724/plt1707240009-n1.html

    【【皮狸】有給、年間3日増えたら… 国内の旅行消費額9213億円アップ 政府試算】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2017/07/13(木) 19:02:19.24 0
    1年頑張ったら辞めよう…


    a0002_005248

    【三交代勤務辛すぎワロタ・・ワロタ・・】の続きを読む

    このページのトップヘ