野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    労働環境

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [CN] 2018/03/17(土) 21:45:40.64 ID:mknnSXau0
     夜勤を含めたシフト勤務で働く人は、日中働く人と比べて2型糖尿病の発症リスクが高まる可能性のあることが「Diabetes Care」2月12日オンライン版に掲載の論文で報告された。

     この研究は、英国の約34万人の労働者のデータを分析したもので、勤務時間が不規則な人や夜勤を含めたシフト勤務で働く人は、日勤だけの人と比べて2型糖尿病リスクが44%高いことなどが示された。

     論文の筆頭著者である米コロラド大学概日リズム・睡眠疫学研究所のCéline Vetter氏は「シフト勤務の中でも特に夜勤は人間の社会的リズムと生物学的なリズムに混乱をもたらし、2型糖尿病などの代謝性疾患リスクを高める可能性が示唆されている」と指摘している。

     Vetter氏らは、現在シフト勤務をしている27万2,214人と過去にシフト勤務歴のある7万480人の英国人を対象に、勤務状況と2型糖尿病リスクとの関連を調べた。その結果、日勤だけで働く人と比べて、現在、シフト勤務だが夜勤は全くないかほとんどない人は2型糖尿病リスクが1.15倍、たまに夜勤で働く人は1.18倍、主に夜勤で働く人は1.44倍であり、夜勤の頻度が高いほど2型糖尿病リスクも高まることが分かった。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://mainichi.jp/premier/health/articles/20180307/med/00m/010/012000c
    a0002_003123

    【【健康】夜勤含むシフト勤務で2型糖尿病リスクが上昇することが判明】の続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/09/22(金) 15:32:58.33 ID:CAP_USER9
    9月22日 15時26分

    政府が時間外労働の上限規制の導入を目指す中、大手建設会社でつくる業界団体は、多くの建設現場で実践できていない週休2日を今後5年以内に定着させ、時間外労働も減らすとした働き方改革の基本方針をまとめました。
    基本方針は大手建設会社で作る日本建設業連合会が政府が目指す時間外労働の上限規制を踏まえて取りまとめ、22日に記者会見して発表しました。

    それによりますと、多くの建設業界では工事の期間を短くするために休みを週1回にする現場などが多く、週休2日がほとんど普及していません。
    このため今から5年以内に週休2日を定着させるとしています。

    また建設現場の時間外労働がひと月70時間を超え、全産業の平均を大きく上回っていることから、段階的に時間外労働を削減し、5年後の2022年度には月平均70時間以内に、2024年度には60時間に抑えるとしています。

    さらに週休2日で働く日数が減り、作業員の収入が減らないよう、日給制から月給制への変更や賃金の引き上げなど、作業員の処遇についても対策を徹底するよう求めています。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170922/k10011152261000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001
    a0960_006397

    【【ドカタ歓喜】建設業界 5年以内に週休2日定着させる ( ー`дー´)キリッ】の続きを読む

    1: 2016/10/15(土) 13:28:51.16 
    (前略)
    1日あたりの平均残業時間が3時間以上の人では、
    約3割が「職場が残業する雰囲気だから」と回答するなど、
    長時間残業に職場風土が影響していると考えられる。

    1日当たりの平均残業時間別で見ると、2時間未満の人では、
    身体面の不調が精神面での不調を上回っているが、2時間以上の人では、
    精神面での不調が身体面での不調を上回っており、2時間以上3時間未満の人で
    25.3%、3時間以上の人で25.0%の人が、精神面で不調を感じていることが
    明らかになった。

    *+*+ マイナビニュース +*+*
    http://news.mynavi.jp/news/2016/10/15/076/ 

    【【社畜】1日2時間以上残業する人の25%が“精神面での不調”を実感…職場が残業する雰囲気だから】の続きを読む

    このページのトップヘ