野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    医療費

    1: マーブルキャット(北海道) [FR] 2019/09/23(月) 19:53:47.72 ID:g5RHk+eS0
    「アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから」

    糖尿病の人にとってインスリンは生死を分ける薬ですが、医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医薬品が高騰する一方でインスリンも例外ではありません。

    保険が効く人でさえ、728ドル(約8万円)の請求書を受け取る状態だそうで、捻出できずに死んでいく人が増えているというのです。

    各製薬会社のインスリンの高騰ぶりはすさまじく、イーライリリー・アンド・カンパニーは2001~2005年の間に35ドルから234ドル、ノボノルディスクは2013~2019年に285ドルから540ドル。サノフィは244ドル~431ドルと、この数年だけでも倍増している状態です。

    このため治療を中断したり、最初から買えず、死に至る人が激増しているのだとか。アメリカには現在3000万人の糖尿病患者がいると言われ、そのうちインスリンが日常的に必要な人は約740万人になると見積もられています。薬が買えずに亡くなっていくという、まるで後進国のような状態に議論が沸騰していました。
    https://www.mapion.co.jp/news/column/lbq51906847-all/
    (以下ソース元で)


    medical_insulin_chunyuki_pen
    【インスリン価格が30倍に高騰、貧乏人は糖尿病で死ぬ時代に 】の続きを読む

    1:  2017/05/08(月) 19:50:29.78
    a0782_000279 日本の医療機関で受診した保険に未加入の訪日外国人が治療費を踏み倒すケースが後を絶たない。
    訪日外国人数が昨年初めて2千万人を突破し、国は東京五輪までに4千万人を目指している。ただ、それに比例して急病などで受診する患者数も増えており、未収金の発生を防ぐためのノウハウがない医療機関も多く、喫緊の課題となっている。(桑村朋)

     食い逃げは逮捕だが

     西日本の玄関口、関西国際空港近くの「りんくう総合医療センター」(大阪府泉佐野市)には、外国人向けの国際外来がある。緊急着陸で運ばれた人、関空で出国をとめられた人…。搬送理由はさまざまだが、大半が急患で、「持ち合わせがないので後で払う」などといい、医療費を最後まで支払わずに帰国する訪日外国人患者が散見されるという。

     「『食い逃げ』は逮捕されるのに、医療費の未納は許されるのか」

     国際診療科の南谷かおり医師はやりきれない思いをこう表現する。

     5年前、多額の医療費を滞納した中国人男性の家族を提訴して以来、独自のマニュアルを作成。医療通訳を配置し、訪日患者に医療費を明示して治療法を細かく説明し、カード払いを原則にするなど、対策は取ってきた。だが、トラブルはなくならないという。

     昨年10月には、無保険で来日した20代の韓国人が急患で運ばれて数日間入院。一部は払ったが帰国後は連絡が途絶え、約75万円が未収金になった。昨年12月にも来日時に気分不良で搬送されたトルコ人に約60万円の未納が残るなどした。

     回収に膨大な手間

     トラブルになる訪日患者は、旅行保険に未加入▽クレジットカードの未所持▽所持金が少ない-などのケースが多い。海外では、治療前に医療内容やコストを明示する国も多いが、日本では治療後に「ここまで治せといっていない」といって踏み倒す事例もある。

     未収金は、回収に膨大な手間やコストがかかる。返済方法を交渉するための通訳代や、連絡が途絶えた“失踪”患者に何度も督促する国際電話代がかかる。大使館を通じて支払い請求するなど、日本人相手より業務は膨大になる。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    http://www.sankei.com/west/news/170508/wst1705080038-n1.html

    【医療機関「治療費を踏み倒していく外国人が多すぎる…」回収に膨大な手間】の続きを読む

    1:  2016/10/27(木) 17:52:46.85 
    http://this.kiji.is/164283764324548617?c=39546741839462401

     財務省は27日の財政制度等審議会分科会で、公費で全額賄う生活保護受給者の医療費に関し、医療機関への過剰受診が続く場合などに一定の自己負担を導入するよう提言した。自治体全体の収支見通しを示す地方財政計画では歳出が恒常的に過大計上されていると分析し、経費の絞り込みを求めた。ともに2017年度以降の予算編成で歳出膨張を防ぐのが狙いだ。

     生活保護受給者に自己負担のないことが過剰な受診を生みやすいと指摘。行き過ぎた受診だと医師が認めた人が改善指導にも従わない場合は、自己負担や受診回数制限の導入を検討するよう厚生労働省に促した。

    【【福祉】生活保護でも医療費自己負担 過剰受診抑制へ財務省提言】の続きを読む

    このページのトップヘ