野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    南極

    1: 名無しさん 2017/10/22(日) 15:56:15.81 
    南極海を覆う氷に「巨大な穴」が出現 研究者らが原因の究明にあたる。

    南極海を覆う分厚い氷に巨大な穴が出現し、科学者たちを驚かせている。
    穴の大きさは米国のメイン州の広さに匹敵し、そのサイズは約8万平方メートルに達している。
    昨年の同じ時期にも、これよりやや小さめの穴が出現しており、科学者らはこの原因を突き止めようとしている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13778352/
    no title

    no title

    【【驚愕】南極に北海道がすっぽり入る超巨大な穴が出現 】の続きを読む

    1:  2017/07/13(木) 12:24:17.86 0
    豆腐一丁置いトンのとちゃうで

    南極大陸から、三重県の面積とほぼ同じ大きさの氷の塊が分離して観測史上最大級の氷山になったことがわかり、観測したイギリスの研究グループは「巨大な塊が分離したことで、南極大陸のほかの部分の氷が不安定になって、海に流出し、海面上昇につながる可能性がある」と指摘しています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011056541000.html

    【【デイ・アフター・トゥモローか?】1兆トンの氷山が南極から分離】の続きを読む

    1:  2017/01/07(土) 11:39:58.34 ID:CAP_USER9
    極地研が南極で新種の菌類発見

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/1005830421.html?t=1483756489000

    東京・立川市にある国立極地研究所の研究グループが、南極で採取された土壌から2種の新種の菌類を発見しました。新種の菌類の発見は60年にわたる日本の南極観測史上、初めてだということです。

    国立極地研究所の辻雅晴特任研究員を中心とする研究グループは、南極の昭和基地周辺で9年前に採取された土壌から菌類を分離して、DNAを解析しました。その結果、この中から2種の新種の菌類を発見したということです。

    いずれも多くの菌が生息する上で必要とするビタミンやエネルギー源のアミノ酸を必要とせず、氷点下3度の低温でも成長できるということです。新種の菌類の発見は、60年にわたる日本の南極観測史上、初めてだということです。

    研究グループの辻特任研究員は、「発見した2種の菌類は脂質を分解できる酵素を出すことも分かっている。低温でも活動できることから、南極での排水の分解処理に役立てることを期待したい」と話しています。

    01月07日 06時22分

    【【南極】国立極地研究所が新種の菌類発見 ビタミンやエネルギー源のアミノ酸を必要とせず氷点下3度の低温でも成長】の続きを読む

    1: ゆなちゃる ★ 転載ダメ©2ch.net 2017/01/08(日) 02:29:35.70 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】英国の研究チームは6日、南極のラーセンC(Larsen C)棚氷から近く、米ニューヨーク(New York)のマンハッタン(Manhattan)島の100倍近い面積を持つ巨大な氷塊が分離する見込みだと発表した。

    厚さ350メートルで指の形をした氷塊は、今までゆっくり分離が進行していたものの、昨年12月末になって突然、亀裂の長さが18キロメートル伸びた。また亀裂の幅も2011年には50メートルだったものが、現在では500メートルまで拡張。氷塊は現在、そのごく一部が棚氷とつながっている状態にある。

    英ウェールズ(Wales)にあるスウォンジー大学(Swansea University)の教授で、西南極の氷層の変化を記録する英団体「プロジェクト・マイダス(Project Midas)」を率いるエイドリアン・ラックマン(Adrian Luckman)氏は、氷塊が今後数か月以内に完全に分離する見込みだと語っている。

    (続きはソースで確認おねがいします)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000002-jij_afp-env

    【【ナ、ナンダッテー】南極で巨大氷塊が分離へ 海面上昇の恐れ】の続きを読む

    このページのトップヘ