野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    危険

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [ニダ] 2018/08/02(木) 19:06:38.34 ID:AUv2gTBT0
    青い空に青い海!沖縄の夏といえば、海で遊ぶという方も多いのではないのでしょうか。しかし、気をつけないといけないことが・・・

    こちらはミノカサゴ。美しい見た目ですが、ヒレには毒を持っています。

    こちらはガンガゼ。浅いサンゴ礁や岩場に生息していて、2、30cmにも及び長い棘を持っています。

    このように海には、数多くの危険生物が暮らしています。

    そしてその中でも、最も多くの被害が出ているのがハブクラゲ。

    ここ数年、県内では年間およそ250件の海洋危険生物による被害が発生していますが、そのうち半分がハブクラゲによるものです。

    一見、害が無さそうに思えるハブクラゲですが、県内では過去3件の死亡事故が発生しています。なぜ、こんなにも多くの被害が生じているのでしょうか。

    no title


    福地さん「クラゲは他の魚に比べると遊泳力が極端に弱いので、波が穏やかなところや滞留しているところに多く見られる。そういうところは人もよく泳ぐ環境、ビーチとかも。人が泳ぐ環境とハブクラゲが好みやすい環境が重なっているのが1つの原因と考えられる。私も(採集のときに)何度か刺されているんですけど、刺されたときにピリピリ、チクチクという痛みが最初にあって、だんだん(痛みが)強くなって、線状の痕が残る」

    http://www.qab.co.jp/news/20180801104995.html
    (詳しくはソース元でご確認ください) 【危険なハブクラゲにご用心 】の続きを読む

    1: 2016/10/02(日) 15:33:16.28 
     服や靴に吹きかける「防水スプレー」を吸い込んで呼吸困難などに陥る事故が増えている。入院するケースもあり、東京都消費生活総合センターは使用時の換気など、正しい方法で使うように注意を呼びかけている。

     防水スプレーは服や靴に吹きかけ、雨水などを弾く「はっ水効果」で保護する製品。同センターに入った相談によると今年5月、東京都内の20代女性が靴店で防水スプレーを購入。自宅マンションで数足の靴に吹きかけたところ、数時間後に高熱が出て呼吸困難になった。翌日、医療機関で過敏性肺炎と診断されて9日間入院。酸素吸入や肺洗浄などの治療を受けたという。2014年には、50代男性が化学性肺炎で全治4週間と診断された事例もあった。

     公益財団法人日本中毒情報センターによると、防水スプレーには細かい粒子の樹脂が含まれている。吸い込むと樹脂が肺に付着し、肺のガス交換機能に支障が出ることで呼吸困難などを引き起こすと考えられている。

    (以下、詳細はソースで)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161002-00000014-mai-soci

    【<防水スプレー>吸い込むと肺機能に支障 注意呼びかけ】の続きを読む

    1:  2016/09/11(日) 05:53:16.27 
    サイエンス 2016年09月10日 19:01(アップデート 2016年09月10日 19:22)

    科学者たちは、世界で最も致命的な動物のリストを作成した。それぞれの動物との関わりにおいて何人の人間が殺されたかを調べた。

    多くの人が世界で最も危険な動物の一つと考えているサメは、年間わずか約3-6回しか人間を攻撃しないことが判明。
    オオカミは年間10人を殺し、ライオンは22人を殺す可能性がある。
    より危ないのはゾウやカバで、彼らと関わると年間500回ほど命に関わる事態となることが判明した。
    第一位は年75万人を死亡させるマラリア媒介者、蚊。第二は人自身で、2012年は43万7000件の殺人事件があった。
    次が毒ヘビで、年間約10万人が咬まれて死亡している。
    以下、犬(年間3万5000人が死亡)と淡水巻貝(年間2万人が死亡)でベスト5となっている。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: http://jp.sputniknews.com/science/20160910/2756976.html

    【科学者ら、地球上で最も危険な動物を特定 2位「人間」】の続きを読む

    このページのトップヘ