野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    厚生労働省

    1: サイベリアン(秋田県) [US] 2019/09/14(土) 10:53:47.53 ID:wcf4wfSh0
    「非正規」の呼称 議論が必要 加藤厚労相、会見
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201909/CK2019091402000140.html
    isogashii_woman

    【「非正規」の呼称 議論が必要 加藤厚労相、会見】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/03/24(日) 17:18:01.74 ID:b2RhrTIh9
     加齢に伴って心身の活力が低下する「フレイル」を防ぐため、厚生労働省は22日、65歳以上のお年寄りが1日にとるたんぱく質の目標量を引き上げることを決めた。栄養素などの望ましい量を定めた「食事摂取基準」の2020年版にとり入れる。目標のおおむねの目安として、体重1キログラムあたり1グラム以上が望ましいとした。

     厚労省の検討会がこの日、目標量などを盛り込んだ報告書をまとめた。1日の食事の総エネルギーに占めるたんぱく質の目標量は、今は1歳以上の全年代で「13~20%」だが、海外の研究などを参考に65歳以上は「15~20%」とする。

     フレイルは、健康な状態と要介護の間の虚弱状態。筋力や認知機能、社会とのつながりなどが低下した状態とされ、放っておくと介護が必要になる。予防には軽い運動や食事の改善などが有効とされ、たんぱく質不足が影響していると考えられている。

     厚労省はこの基準を活用し、フ…

    残り:214文字/全文:595文字
    お年寄り、もっと「たんぱく質」を 厚労省が目標増量
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM3N4CVCM3NULBJ004.html
    a0001_002746

    【【健康】厚労省「年寄りはもっとタンパク質摂れ」 】の続きを読む

    1:  2017/05/10(水) 14:07:07.38 ID:0oEIvtcw0 BE:792899348-PLT(13700) ポイント特典
    自民党の1億総活躍推進本部(川崎二郎本部長)は10日、政府への提言をまとめた。

     高齢者が働ける環境を整備し、現在60~70歳で選択可能な年金受給開始時期について、希望者には71歳以上も選択できるよう制度を見直すことが柱。

     国民年金は65歳を基準に、受給開始時期を繰り上げれば減額、繰り下げれば増額する仕組み。
    繰り下げ受給を71歳以上にも広げることで、働くことが可能な高齢者には社会保障を「支える側」に回ってもらい、年金財政の安定を目指す。

     提言では、65歳までを「完全現役」とする社会を推進しつつ、66歳以上も本人が希望する限り働けるように国や産業界に呼び掛ける。受給開始時期の選択制についての周知も図る。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000042-jij-pol
    images

    【自民党「年金、71歳以上の支給開始も、、「1億活躍」や」←これもう貰えないだろ (´・ω・`)】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/03/20(月) 21:37:07.65 ID:CAP_USER9
    精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束や、施錠された保護室への隔離を受けた入院患者が2014年度にいずれも過去最多を更新したことが、厚生労働省の集計で分かった。隔離は調査が始まった1998年度以来、初めて1万人を突破した。

    14年度の保護室への隔離は1万94人で、前年度に比べ211人増えた。都道府県別では東京が683人と最も多く、大阪が652人と続いた。

    拘束は453人増の1万682人。最多は北海道の1067人、次いで東京の1035人だった。調査項目に拘束の状況が加わった03年度以降、増加の一途をたどっている。
     
    厚労省は今後の調査で、患者の年齢や疾患の内容なども聞いて、隔離や拘束が増えている要因を分析したい考えだ。〔共同〕


    一部抜粋でお送りしております。
    詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG20H59_Q7A320C1000000/

    【【調査】精神科で隔離、14年度に初の1万人を突破=身体拘束も/厚労省】の続きを読む

    1: fallen leaf ★ 2017/01/13(金) 19:49:49.71 ID:CAP_USER9
     厚生労働省は13日、米国に出張した社会・援護局の職員3人が、領収書の金額を水増しする手口で出張費を浮かせて、国立公園や博物館へ観光し昼食代に使ったと発表した。40代男性課長補佐を停職1年にしたほか、別の40代男性課長補佐と30代男性係長を半年~3カ月、月額10分の1の減給処分にした。

     3人は不正請求分計1万4184ドル(約145万円)を全額返還。厚労省は不正水増しが常態化していないか、過去5年分を調査するとともに、刑事告訴も検討している。

    以下省略、全文はソースでご確認ください
    産経新聞 1/13(金) 19:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000562-san-soci

    【【汚職】浮かせた出張費でスミソニアン博物館など観光 厚労省職員を停職・減給処分】の続きを読む

    1:  2016/11/29(火) 13:22:16.95 ID:CAP_USER9
    JNNニュース 11月29日11:19

    冷蔵庫での保存が当たり前だった「豆腐」について、厚生労働省の専門家会議が「常温」でも販売できるよう、保存基準を見直すことを了承しました。豆腐を国内で販売する場合、食品衛生法の基準で「冷蔵」、つまり温度をおおむね10度以下に保つことが求められています。

    この基準について、29日、厚生労働省の専門家会議が開かれ、特別な方法で製造した豆腐については、「常温」でも販売できるよう、基準を見直すことを了承しました。

    見直しを求めていた業界団体によりますと、パッケージや殺菌技術の進歩で、現在では常温で長持ちする豆腐が製造できるうえ、海外では販売もしているということです。

    今後、安全性の評価などを通れば、数年後にも国内で解禁される見込みで、災害用の備蓄や支援物資として活用も期待されます。

    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2926415.html

    【【食】「豆腐」の常温販売可能に? 厚労省が基準見直しへ議論】の続きを読む

    1: ぷらにゃん ★ 2016/11/11(金) 19:45:44.63 
    障害者政策を検討するために厚生労働省が11日に開いた会合に、委員として招かれた障害のある男性1人が参加できなかった。男性は車いす利用者で、会場に入るのに必要な階段の上り下りができないため出席を断念。厚労省は不手際を認め、男性に謝罪した。

    会合は社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の障害者部会で、東京都千代田区内の民間の貸し会議場で開かれた。会場は中2階で、玄関から階段を40段上がる必要があり、エレベーターで2階まで上がると15段下がらないと入れない。

    男性の介助人が先に会場に到着して会議場までのルートを確認。男性が利用している電動車いすの重さは100キロほどあり、 誰かに手伝ってもらって持ち上げることは危険だと判断した。介助人は男性に事情を連絡し、会場に向かう途中だった男性が出席を断念して引き返したという。

    厚労省の担当者は「同じビルの別の部屋で会合を開いたこともあり、まさかバリアフリーになっていないとは思っていなかった。 事前にしっかり現場を見て確認すべきだった。反省している」と話す。会合は有識者や障害者ら約20人の委員が参加して開かれた。

    http://www.asahi.com/articles/ASJCC43P7JCCUTFK006.html

    【【不手際】車いすの委員が会合出席できず 階段上がれず厚労省謝罪】の続きを読む

    1: 2016/10/12(水) 22:56:08.15 I
    厚生労働省はケガや病気で入院した場合に発生する病院の光熱費を患者負担にする検討に入った。1日あたり300円台になる見通し。主に高齢者が長期療養する「療養病床」では、65歳以上で治療の必要性が少ない患者を対象に自己負担としている。負担を公平にするとともに、医療費の抑制につなげる。

     厚労省は12日に開く社会保障審議会医療保険部会で議論する。年末まで検討し、2017年度から実施したい考えだ。

    ソース(日本経済新聞)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H3S_R11C16A0EE8000/

    【入院時の光熱費を患者負担に 1日300円台  厚生労働省】の続きを読む

    このページのトップヘ