野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    台湾

    1:  2017/04/06(木) 22:07:14.05 
    2017年4月5日、海外網は記事「台湾人観光客、日本旅行中に交通違反で摘発=私は中国人じゃないとコメント」を掲載した。

    台湾・聯合報は、心ならずも日本のテレビ番組に出演してしまった台湾人カップルについて報じた。問題の番組はテレビ朝日の人気番組「列島警察捜査網 THE追跡」、警察官を長期密着取材した内容だ。台湾人カップルは交通違反で摘発されたが、言葉が通じない。翻訳アプリを使ったり、中国語ができる
    警官の応援を招いたりとちょっとした騒ぎになったことが放送された。

    問題となったのは台湾人カップルの発した言葉だ。「中国人ですか?」との警官の質問に「台湾、台湾人です」と答えたのだ。 

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://www.recordchina.co.jp/b174368-s0-c30.html

    【警察官「中国人ですか?」 台湾人「違う。台湾人。」 】の続きを読む

    1:2016/12/27(火) 22:03:18.91 ID:ctPTCho/0 BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典
    【台北・鈴木玲子】日本食品の輸入規制緩和に反対するデモが25日、台北市中心部で行われた。野党・国民党を中心に約1万5000人(主催者発表)が参加した。
     これに先立ち北部・新北市で同日、規制緩和に関する公聴会が開かれる予定だったが、来場者が暴れて警官ともみあうなど混乱。議論はできず、座談会に切り替わった。
     福島第1原発事故後、国民党の馬英九前政権は福島、茨城、栃木、群馬、千葉の5県産食品の禁輸措置を続けてきた。5月に発足した民進党・蔡英文政権は、福島を除く4県産で一部を除き原則輸入解禁とする方針を打ち出した。

     しかし国民党や環境保護団体を中心に猛反発。反対派は「放射能で汚染され、日本人が食べない汚染された『核災食品』が台湾に入ってくる」などと主張。実際は日本で市場流通する4県産が対象なのだが、こうしたイメージが前面に押し出されて消費者の不安心理をかきたてている。与野党の政治闘争に結びつき、問題を複雑にしている。

    ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20161226/k00/00m/030/032000c#csidxf46a70a5965f8e5bd1c0932bc8c3efb
    Copyright 毎日新聞

    【【いまさら?】台湾で日本食の輸入反対デモ 「放射能で汚染されたものが入ってくる」】の続きを読む

    1:2016/11/26(土) 22:25:46.02 

    台湾が自主建造した海軍の高速コルベット艦「沱江(だこう)」(満載排水量約500トン)が26日、基隆港(基隆市)で一般公開され、埠頭(ふとう)には朝から長蛇の列ができた。

    「沱江」は全長60.4メートル、幅14メートル。最高速力は38ノット(時速約71キロ)。対艦ミサイルの雄風2型と3型を各8基搭載している。船体はステルス設計で、レーダーの電波を拡散したり、弱めることができる。

    その速度とステルス性により敵艦に迅速に接近し、攻撃を行えることから、中国大陸の海軍に対抗する「空母キラー」の異名を持つ。2014年末に海軍に引き渡され、昨年3月に就役した。政府は同艦の量産を計画している。一般公開は今回が初めて。

    この日は、沱江のほかノックス級フリゲート「宜陽」や米国製ヘリMD500などを展示。また、国防部(国防省)とコラボレーションしたチャリティーカレンダー販売のため、エバー(長栄)航空の客室乗務員も登場し、会場に花を添えた。

    このほか、清泉崗基地(台中市)で空軍などが開いたイベントには、蔡英文総統が出席。開幕式で国防産業の振興に取り組む姿勢を示した。

    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201611260006.aspx

    【【高速コルベット艦】中国大陸に対抗する台湾の「空母キラー」、基隆で一般公開 就役後初】の続きを読む

    1:  2016/11/01(火) 16:41:04.00 ID:CAP_USER
    http://www.sankei.com/west/news/161101/wst1611010055-n1.html

    経営再建中のシャープは1日、8月の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業による買収後初めて
    通期業績予想を公表した。平成29年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益を
    257億円(前期は1619億円の赤字)とし、3年ぶりに黒字転換する見通し。最終損益は418億円の赤字(前期は2559億円の赤字)としている。

     不振だった北米でのテレビ事業を売却したことや、昨年夏に実施した3千人規模の人員削減などが
    業績の改善につながった。鴻海グループへの生産委託や部材調達によるコスト削減も進めている。

    【【復活】シャープ、3年ぶりに営業黒字に】の続きを読む

    1: 愛の世代の前に ★ 2016/10/28(金) 17:40:46.94 ID:CAP_USER9
    民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日午後、
    国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする国籍法違反と公職選挙法違反の罪で、
    蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出することが分かった。この問題で蓮舫氏に対する告発が明らかになるのは初めて。

     告発状によると、蓮舫氏は17歳だった昭和60年1月に日本国籍を取得。国籍法に基づき、

    22歳になった平成元年11月28日までに日本国籍か台湾籍のいずれかを選択する義務があったにもかかわらず、

    選択の宣言をした今月7日まで怠った。

     また、16年7月の参院選(東京選挙区)に立候補する際、国籍選択の義務を果たしていないにもかかわらず、
    選挙公報に「1985年、台湾籍から帰化」と記載して虚偽の事実を公表したとしている。

     岡代表らは告発状で「本来であればこの事実(蓮舫氏の二重国籍)を知った有権者の投票による当選はなかった可能性が十分あり、
    当時の選挙管理委員会と有権者を欺いた」と主張している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161028-00000555-san-pol
    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1477639677/

    【蓮舫氏を二重国籍問題で東京地検に告発へ】の続きを読む

    1: 2016/10/15(土) 20:43:56.54 ID:/lXTbyNs0 BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典
    民進・蓮舫代表 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」


    民進党の蓮舫代表は15日、日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題について、都内の
    区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき
    「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。都内で記者団の取材に答えた。

     蓮舫氏は記者団に「不受理なのでどうすればいいかと相談したら、強く(日本国籍の)選択の
    宣言をするよう行政指導されたので選択宣言をした」と述べた。

    金田勝年法相は14日の記者会見で、一般論として「台湾当局が発行した外国国籍喪失届
    (国籍喪失許可証)は受理していない」と説明していた。

    http://www.sankei.com/politics/news/161015/plt1610150010-n1.html

    【蓮舫 台湾籍離脱手続き「不受理」 日本国籍「選択宣言した」  】の続きを読む

    1:  2016/08/29(月) 17:28:33.21 
     シャープの戴正呉社長は29日、日本経済新聞などの取材に応じ、次世代ディスプレーとして期待される有機ELパネルについて、
    液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)と共同開発したいとの考えを明らかにした。有機ELは韓国勢が先行している。
    戴社長は日本の技術者を結集して、「日の丸連合」で対抗すべきだとの認識を示した。

     戴社長は「中国、韓国勢と競争できるよう協業し、日の丸連合をつくろう」と述べ、共同開…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29H36_Z20C16A8EAF000/

    【シャープ戴社長「ジャパンディスプレイと組みたい。日の丸連合をつくろう」】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2016/08/12(金) 20:37:26.80 ID:CAP_USER9



    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081200725&g=eco

    【台北時事】JR東日本と台湾鉄路管理局は12日、台北駅構内に店舗を設けて日本の駅弁の販売を始めた。8月末までの期間限定で、おにぎり、幕の内、深川めしの3種類を提供する。台湾では日本の食文化に対する関心が高く、販売開始から約30分で用意した200個が完売した。
    価格はいずれも250台湾ドル(約810円)。台湾の一般的な駅弁の2倍以上の値段だが、午前10時半(日本時間同11時半)の開店前から約150人が並んだ。台北市在住の会社員、蔡季庭さん(30)は「九州旅行で駅弁を食べてとてもおいしかった。日本の駅弁は台湾と違っておかずが多く、色彩がきれいだ」と話し、3種類全てを購入した。
    JR東日本が海外で駅弁を売るのはパリに次いで2カ所目。期間中の売れ行きを見て、台湾での本格的な販売を検討するという。


    引用元: http://daily.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471001846/


    【【経済】日本の駅弁、30分で完売=台北に期間限定店-JR東】の続きを読む

    このページのトップヘ