野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: きらら ★ 2019/01/05(土) 11:01:18.47 ID:CAP_USER9
    塩分の取り過ぎが身体に悪いということは今や健康常識。しかしその塩で髪が育つという。

    自然塩の効用は前にも何度か取り上げたが、最近、「塩で毛が増える」と話題になっている。ヘアスタイリストとして髪を扱いつつ、自分の薄毛と25年戦い続けた渡辺信氏の著書「塩シャンプーで髪が増えた!」(扶桑社)が話題になっているからだ。氏はその著の中でこう言っている。

    〈「湯シャン」+「塩」で誰でもカンタン。 最も安全で安上がりな塩洗髪法で、髪の毛がぐんぐん生えてくる! 塩は最高の天然シャンプー〉

    渡辺氏は高校生の頃から薄毛に悩み、幾多の育毛法をみずから実践。長年の研究の成果として塩シャンプーを発見したという。そしてこうも強調している。

    〈塩は何よりも安全で効果のある育毛方法。ただし、洗い方と塩の種類でその効果に差が出る〉

    この塩シャンプーだが、実は以前から一部では行われていた。塩の大家である故・西本友康氏が提唱していたからだ。

    1905年(明治38年)以来、長く塩は、専売公社による専売制だったが、かつて専売公社で働いていた西本氏は、世界に誇る良塩作りの新技法“流下式枝条架塩田”を創始した。

    しかし、1971年にわが国は塩田を廃止。そして「イオン膜」方式を採用し“化学塩”の生産に入ったのだが、西本氏は“本物の塩”作り、自然塩の普及に生涯を捧げたのだ。西本氏は洗髪についても、このように持論を述べていたという。

    「海水浴に行くと頭の髪の毛だけがギドギドになる。このギドギドは海水の塩分で頭の中に閉じ込められていた廃脂が溶かし出されて、海水の温度が低いから粘っただけ。海水の塩そのものがギドギドしているのではない。お湯で洗って脂を緩めて流した後水を浴びれば素晴らしい効果。自然塩は育毛補助剤、髪の伸びが早くなる」(西本氏の功績などを紹介した株式会社「三栄」の創業者・松永永光氏の著書「塩浴革命」より)

    洗髪のやり方はいたって簡単だ。容器に自然塩を入れ、少しベトベトになるくらいの水を加えて手のひらにとり、それで頭を洗うのだ。強くやることはない。頭皮に傷がつく。身体全体も塩で洗うと良い。あとはお湯で流し、水でよく身体を洗えばいい。

    (続きはソース元でご確認ください)
    no title

    https://www.asagei.com/excerpt/118683

    【【朗報】自然塩に増毛効果あり!塩シャンプーで薄くなった髪を育てよう 】の続きを読む

    1:  2017/08/17(木) 13:16:49.15 ID:CAP_USER
    2017年8月17日、中国メディアの華西都市報が、高速道路に散らばった工業用塩を周辺住民が持ち去り、「食べたら危険」と村中に警告する事態が発生したと伝えた。

    15日昼ごろ、四川省成南の高速道路を走行していたトレーラーから工業用塩が400メートルにわたって大量にこぼれ落ちた。塩の袋が破れたためだが、ちょうど高速道路の清掃作業を手伝っていた周辺住民たちがこれを見て次々と集まり、塩を持ち帰って行った。

    高速道路のメンテナンス作業員がこれを見て危険を察知し、住民たちに「食べられない塩だ。食べたら危険だ」と注意したものの、住民たちは少しなめて「やっぱりこれは塩だ」、「豚に食べさせるんならいいだろう」などと答え、聞く耳を持たなかったという。

    そのため、村中に車を走らせ「高速道路で拾った塩は工業用塩で食べられない。食べたら健康に害を及ぼす。食べてはならない」とアナウンスして回った。

    このニュースに対し、中国のネットユーザーからは「なんて愚かな民だ」「学がないって本当に恐ろしいな。得をしたと思っているのだろう」などのコメントが寄せられた。

    また、「これで命を落とす人が出たら政府に賠償を要求するのだろうか」「この人たちが自分では食べずに他へ売るんじゃないかと心配だ」というユーザーもいたが、本当にありそうなところが恐ろしい。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.recordchina.co.jp/b187804-s0-c30.html

    【【中国】食べたら危険と言っているのに…高速道路に散らばった工業用塩を周辺住民が持ち去る】の続きを読む

    1:  2017/08/02(水) 09:58:04.69 ID:CAP_USER
    最新の研究でわかった、驚くべき塩の健康効果とは?フライドポテトの塩で脂肪燃焼!?

    健康のためには塩分を控えるべきというのが定説だけど、塩にダイエット効果があることが最新の研究で明らかに。いったいどういうこと!? さっそくチェックしていこう。

    http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/salt_17_0707?intcmp=cxrec&cx_source=cxrec#cxrecs_s

    塩気の強いおかずや加工食品で塩分を摂りすぎると血圧が上昇、心臓病や脳卒中のリスクが高まるので控えた方がいい、というのはもはや常識。過剰な塩分が身体に悪影響を及ぼす可能性があるのは事実だけれど、アメリカの医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」に掲載された2つの研究論文で、専門家も長らく誤解していたであろう塩のある健康効果が発表された。なんと、塩には脂肪を燃やす効果があるというのだ。

    今回の研究では、2つの宇宙ミッションに参加する10名のロシア人宇宙飛行士を対象に、段階的に塩分量が異なる食事を用意。その結果、最も塩分量が多い食事を食べた男性の尿の量が、水分をさほど摂取していないにもかかわらず一番多かったそう。
    塩分を摂りすぎるとのどが渇くことを実体験で知っている人も多いと思うけれど、余分な塩分を尿と一緒に排出するため、水を飲みたくなると考えられている。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/salt_17_0707/(Offset)/1
    ※この記事は、海外のサイトで掲載されたものの翻訳版です。データや研究結果はすべてオリジナル記事によるものです。

    【【食事】最新の研究でわかった、驚くべき塩の健康効果とは? フライドポテトの塩で脂肪燃焼!?】の続きを読む

    このページのトップヘ