野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    多摩川

    1:  2017/04/20(木) 19:08:06.80 ID:CAP_USER9
    https://trafficnews.jp/post/68884/
    多摩川河川敷でジョギングなどをしていた人が化学やけどを負った問題について、原因が舗装の材料だったことが判明しました。

    現場の道は立入禁止
     国土交通省関東地方整備局は2017年4月20日(木)、河川敷でジョギングなどをしていた人が化学やけどを負った問題について、原因が舗装の材料だったことを明らかにしました。

     現場は川崎市中原区の多摩川河川敷、丸子橋の上流500m付近です。ここのマラソンコースを利用していた少なくとも3人が、足にやけどの症状と思われるけがを負ったため、4月5日(水)から、およそ250mの区間が立入禁止とされていました。

    立入禁止とされた多摩川河川敷の川崎市マラソンコース。上が上流側、下が下流側の終端(画像:国土交通省関東地方整備局)。
    no title


     関東地方整備局が原因を調査したところ、現場の道の舗装工事に使う材料を取り違えたため、舗装に含まれる石灰の量が過大になっていたことが判明。雨が降ったときにその石灰が溶け出て強アルカリ性の水たまりができ、その水が靴からしみ込んだことで化学やけどを発症したとしています。

     対策として同局は4月20日(木)、舗装の撤去に着手。作業終了後も一定期間の養生を行うといい、一般開放まで2週間程度を見込みます(降雨により繰り下げの場合あり)。

    https://trafficnews.jp/post/68884/
    https://trafficnews.jp/post/68884/2/

    【【ミステリー?】通っただけで足にけが? 多摩川の危険な道の謎、原因は「舗装」と判明 国交省】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/06(月) 20:15:08.01 ID:CAP_USER9
    関東地域の重要な水源となっている多摩川。山梨県から東京都、神奈川県へと流れ、東京湾へとつながる一級河川です。長大な河川としては珍しく、自然護岸も多く残っており、その河川敷は古くから人々の憩いの場として利用されてきました。

    もともと自然豊かだったこの川も、かつては高度経済成長時代の環境破壊と人口密集にともない、汚染が進行し、水道水に使えないほど水質が悪化したこともありました。
    1980年代以降、下水道や浄化槽の整備など生活排水の管理が進められたことにより、水質が改善されてきており、最近では、江戸時代から「多摩川鮎」「江戸前鮎」と愛好された鮎が多摩川に戻ってきたと話題になりました。

    ところが、水質がよくなって、増えたのは鮎だけではありませんでした。
    様々な外来魚の定着も進み、これまでに200種以上もの外来魚が多摩川で捕獲されています。(解説:国立研究開発法人国立環境研究所・五箇公一)

    外来生物の宝庫、多摩川

    その中身をみてみると、グッピーやエンゼルフィッシュといった小型の魚から、ピラニア、アロワナ、アリゲーター・ガーなど、水族館でしか見たことのないような大型の熱帯魚まで含まれます。

    (以下サイト元でご覧ください)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000004-wordleaf-sctch
    THE PAGE 2/6(月) 13:40配信

    【【危険生物】アリゲーター・ガー、ピラニアなども棲息 外来種の宝庫と化す多摩川】の続きを読む

    このページのトップヘ