野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    専守防衛

    1:  2017/05/06(土) 06:38:30.86 ID:CAP_USER
    thumbnail-russian-cruise-missiles巡航ミサイル導入を本格検討
    政府、北朝鮮脅威に対処

    2017/5/6 02:00

    米軍の巡航ミサイル「トマホーク」(ロイター=共同)

     政府は北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射や核開発継続を受け、日米同盟の対処能力を強化するため、巡航ミサイルの将来的な導入に向けた本格検討に入った。北朝鮮の脅威は新たな段階になったとして、発射拠点を巡航ミサイルなどにより破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を目指す。早ければ、来年度予算案に調査費などを計上したい意向だ。政府関係者が5日、明らかにした。

     敵基地攻撃を目的とした装備を持つことは、「専守防衛」という日本の防衛の基本方針から逸脱しかねないとの懸念が根強い。政府、与党内にも慎重論がある。安倍政権は「反撃能力」と位置付ける方針だが、野党からの反発は必至だ。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    https://this.kiji.is/233272223455184380

    【【軍事兵器】巡航ミサイル導入を本格検討 政府、北朝鮮脅威に対処】の続きを読む

    1:  2017/03/31(金) 15:49:51.90 ID:YUUmwdd20● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    敵基地攻撃力 専守防衛が空洞化する

    敵のミサイル基地をたたく敵基地攻撃能力の保有について、検討を開始するよう政府に求める――。
    そんな提言を自民党の検討チームがまとめ、安倍首相に提出した。
    首相は「しっかり受け止めていきたい」と応じたが、とうてい賛成できない。

    敵基地攻撃能力を持っても問題の解決にはつながらない。

    敵基地攻撃について、政府はこれまで法理論上は憲法に反しないと説明してきた。
    1956年に鳩山一郎内閣は、攻撃を防ぐのに「他に手段がない」場合に限り、ミサイル基地を
    たたくことは「法理的には自衛の範囲」との見解を示した。

     だが、この見解はあくまで法理を説明したものであり、現実に目を向ければ問題が多い。

    まず「他に手段がない」とは言えない。
    日米安保条約に基づき、米軍が日本防衛の義務を負っているからだ。

    また、敵基地攻撃には長距離巡航ミサイルのような攻撃的な兵器が必要だ。
    これらを整備すれば、防衛費の大幅な増額も避けられない。

    敵基地を攻撃すれば反撃を受け、全面戦争への発展を想定する必要がある。
    原発が攻撃対象になる可能性も否定できない。

    多くの問題をはらむなか、敵基地攻撃能力の検討に踏み込もうとする姿勢は危うい。

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html

    【【朝日新聞】敵基地攻撃力 専守防衛が空洞化する】の続きを読む

    1:  2016/10/07(金) 08:38:58.25 
     【ワシントン共同】米太平洋軍は今月3、4日、米軍佐世保基地(長崎県)を母港とする強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」が
    南シナ海で駆逐艦2隻と共に潜水艦を探知、攻撃する演習を実施したと、6日までに発表した。
    南シナ海で人工島を造成、軍事拠点化を進める中国をけん制する狙いだ。

     太平洋艦隊のスウィフト司令官は声明で、海兵隊向け最新鋭ステルス戦闘機F35を運用する揚陸艦配備への準備だと説明した。
    揚陸艦は輸送機オスプレイや車両も搭載し上陸作戦を遂行する。

     演習では防空作戦や隊員輸送、実弾発射訓練も実施。

    http://this.kiji.is/156872932249944065

    強襲揚陸艦ボノム・リシャール
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/e/e8/USS_Bonhomme_Richard_LHD-6.jpg
    no title

    【日本防衛に必要なのは空母? 強襲揚陸艦?】の続きを読む

    このページのトップヘ