野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    平昌五輪

    1: 2017/07/22(土) 10:22:48.18 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=163314&ph=0

    2017年7月21日、韓国・東亜日報は、来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪まで200日余りとなる中で、韓国人観戦客の現地の宿泊施設探しが困難を極めていると伝えた。

    記事が冒頭紹介したのは、五輪期間中の宿泊予約をしようとした韓国人に対する平昌のあるペンションの返答。「韓国人ですか?予約は受け付けていません。うちは外国人の団体にしか対応しません」というものだ。客側はどうにかならないかと食い下がったが、「ツイン10室以上を1カ月間丸ごと借りるならOK。料金は1泊50万ウォン(約5万円)」と、「無理難題」を返されたという。

    どうやらこうした条件はこの施設に限ったことではないようで、同じ平昌のペンション経営者も、「五輪とパラリンピックの50日間、ペンション全体を丸ごと借りてもらわないといけない。外国人選手団や五輪関係者の問い合わせがたくさん来ており、1~2泊単位の韓国人客は受けない予定」とし、「周りの動向を見ながら、1泊50~60万ウォン(約5万~6万円)はもらう考えだ」と話している。通常、平昌と近隣の都市・江陵(カンヌン)のペンションやモーテルの宿泊料は、オフシーズンで1泊4万~6万ウォン(約4000~6000円)、ピーク時でも8万~15万ウォン(約8000~1万5000円)台だ。

    (中略)

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「ぼったくり根性丸出しだな」「せいぜい五輪期間中にもうけるがいいさ。五輪が終わったら閑古鳥が鳴くだろう」「こんな人たちが関わる五輪がうまくいくはずがない」「韓国人は平昌に行くのをやめよう」など、自国民を遠ざけ金もうけに走る宿泊業者に批判の声が多く集まった。

    その一方で、「もうけられる時にもうけるのは市場の原理からしても正しい」と、宿泊業者の行動を肯定的に捉える意見も。

    また「平昌五輪なんて興味ないし、行く気もない」とのコメントも目立った。
    (全文はソース元でご覧ください)
    【【さすがです】平昌五輪に向け自国民差別?観戦希望者に宿側がむちゃな注文をつける】の続きを読む

    1:  2017/07/20(木) 10:58:10.95 ID:CAP_USER
    平昌サービスエリアのお手洗い。(写真=オンラインコミュニティ)
    no title



    江原道平昌郡(カンウォンド・ピョンチャングン)の嶺東(ヨンドン)高速道路平昌サービスエリア〔江陵(カンヌン)方向〕は「2018平昌冬季オリンピック(五輪)」に備えて昨年7月にリフォーム工事を終えてオープンした。

    特に、平昌サービスエリアのお手洗いはこれまで見たことのない、独特なインテリアで最近、オンライン上で話題を集めている。お手洗いはリフォームで最も精魂を込めた空間だ。

    平昌サービスエリアのお手洗いの床にはスキー形の図が描かれており、足をのせることができる。また、お手洗いの壁面と床にはすべてスキー・フィギュアスケート・ボブスレーなど五輪種目が描かれている。

    お手洗いの廊下別にそれぞれ五輪の種目を体験することができ、お手洗いのキュービクル内部には冬季五輪の体験ゾーンが用意されており、まるで実際の選手になったかのような気分を楽しめる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    2017年07月20日10時31分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/458/231458.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp|main|breakingnews

    【【これは凄い】便器に座るとスキーをする気持ちになる平昌サービスエリアのお手洗い】の続きを読む

    1:  2017/07/01(土) 20:19:02.57 ID:CAP_USER
    no title 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は6月29日、世界テコンドー選手権の閉会式出席のため韓国入りし、文在寅大統領が表明した平昌冬季五輪での南北合同チーム結成などの案について「この件を議論できるのを非常に楽しみにしている。オリンピック精神にあうものだ」と歓迎した。

     7月3日に文大統領との会談が予定されている。

     韓国中部、茂朱で開催されている世界選手権には張雄IOC委員ら北朝鮮のスポーツ団体幹部も出席しており、合同チーム結成や開会式での合同入場などについて協議する可能性もある。

     仁川国際空港に到着したバッハ会長は「大統領の表明に感謝する。五輪は相互理解や対話、平和の精神に基づいている」として、五輪を通じた南北のスポーツ交流に理解を示した。

     北朝鮮でのスキーの一部開催構想や聖火リレーの実施などについては言及しなかった。

     南北合同チームが実現するかどうかは未知数だが、IOCのトップが明確に期待感を表明している影響は小さくない。

     一方、北朝鮮がミサイル発射など挑発的行為を繰り返す中の、南北合同チーム結成には、「金正恩政権に誤ったメッセージを送り、人道犯罪と核拡散活動を助長する」との批判も根強い。

     韓国を訪れている北朝鮮張雄IOC委員は、開催までの時間がないことなどを理由に、慎重な姿勢。

     IOCの于再清副会長(中国)は先月28日、「合同チームは選手第一の観点で考えることが最も重要だ。国際競技連盟(IF)の承認も必要で、実現は困難ではないか」との見解を示している。

    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170701/spo1707010009-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/spo/news/170701/spo1707010009-n2.html


    【【IOC】バッハ会長、平昌五輪“南北合同案”を歓迎!?「オリンピック精神にあうものだ」w】の続きを読む

    1: 2017/07/01(土) 18:34:40.95 ID:CAP_USER
    韓国の丁世均議長が大放言! 「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」「日本企業は韓国の若者を引き受けろ」…大島理森衆院議長らと会談で

    韓国国会の丁世均(チョンセギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森衆院議長らと会談した際に、2018年平昌冬季五輪への日本人観光客訪問を求め、「もし少なかったら2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが30日、複数の同席者の証言で分かった。

     それによると、韓国与党、「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。

     その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘し、「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。

     また、弾道ミサイル発射実験を繰り返すなど北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るように努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には1人の韓国人も行かせない」と言い放ったという。

     さらに歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://www.sankei.com/world/news/170701/wor1707010005-n1.html
    2017.7.1 05:00 
    【【言いたい放題】「平昌五輪、日本人観光客少なかったら東京五輪に1人も行かせない」韓国丁議長、大島理森衆院議長らに言い放つ】の続きを読む

    1:  2017/06/23(金) 17:53:18.81 ID:CAP_USER
    6/23(金) 17:32配信

    【ソウル聯合ニュース】北米プロアイスホッケーのNHLが来年2月に開催される平昌冬季五輪に出場しないことを決定し、大会の盛り上がりや入場券の収益への影響が避けられなくなった。

     NHLが22日(現地時間)発表した2017-2018シーズンの日程によると、10月4日に開幕し、翌年6月中旬までレギュラーシーズンが開催され、来年1月末のオールスター戦で短い休みを挟む以外、中断なく試合が行われる。

     国際オリンピック委員会(IOC)、国際アイスホッケー連盟(IIHF)などが説得に乗り出したが、平昌五輪への不参加の決定は覆らなかった。

     アイスホッケーは冬季五輪で最も人気の高い種目に数えられ、NHLは1988年の長野五輪から2014年のソチ五輪まで冬季五輪に出場した。今回の平昌五輪のみ参加せず、20年の北京五輪には参加するとの立場だ。

     NHLのチームオーナーらは、選手が五輪出場により経済的利益を得られないだけでなく、20日近くリーグを中断しなければならず、主力選手の負傷の可能性もあるとして五輪出場に消極的な立場だった。結局NHL事務局は各チームの意見を受け入れ、平昌五輪への不参加を決めた。

    (中略)

     組織委の李熙範(イ・ヒボム)委員長も慎重な立場を堅持している。李氏は聯合ニュースの取材に対し「IIHFではまだNHLの参加可能性が残っているとみている」とし、「NHLが平昌五輪には参加せず、2020北京五輪には参加するという立場だが、そのように勝手に決めることはできない」と述べた。

     李氏は「NHLの決定はまだ交渉過程だとみられる。交渉で優位を守るための過程だと考えている」とし、「29日に訪韓するIOCのバッハ会長と今回の事案を話し合う予定だ。NHLの不参加を断定的に話すにはまだ早い」と説明した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000051-yonh-spo

    【【無慈悲】NHLが平昌五輪「不参加」を表明、一回休んで22年北京五輪には参加へ 李委員長「そのように勝手に決めることはできない」】の続きを読む

    1: 2017/06/22(木) 09:32:11.60 ID:CAP_USER
    2017年6月20日、韓国・中央日報によると、韓国の仁川空港公社が今年末に予定されていた仁川空港第2旅客ターミナルの開港を来年の平昌冬季五輪(2月9?25日)以降に延期することを進めていることが分かった。延期された場合、五輪選手団や観光客の入国に大きな不便が生じるとみられている。

    仁川空港公社関係者は20日、「第2旅客ターミナルの免税店事業者の選定が予定より遅れ、年末までにターミナル内の免税店の造成工事を終えることが難しい状況」とし、「ターミナル開港日の延期について国土交通部と協議している」と明らかにした。第2旅客ターミナルの開港時期については「主要航空会社の夏季の運航スケジュールが3月から始まる点を考慮し、平昌五輪が終わった後の3月が適切と考えている」と述べた。

    (中略)

    また、国策研究所の博士は「仁川空港は平昌五輪の選手団と観光客の大部分が入国する関門。空港は韓国の第一印象のためにも万全の準備をしなければならないのに、免税店工事の遅延という納得しがたい理由で第2旅客ターミナルの開港を延期するというのは問題だ」と指摘した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは

    「なぜ免税店に合わせる?ターミナルを先に開港し、免税店は後からオープンさせればいいのに」
    「免税店が一番大事という発想が笑える」
    「免税店のための空港なの?」
    「大事なことは何か、全く分かっていない。免税店はどうでもいい」
    「正規職に転換するから開港が遅れる?どういうこと?」

    など延期の理由に納得できないとする声が多く寄せられている。また

    「国民の金で遊ぶな」
    「この国がまともに仕事をしたことは一度もない」

    などと批判する声もみられた。

    一方で

    「適当につくってコストが二重にかかることのないように!」
    「遅くてもいいから慎重に作業してほしい」と主張する声も。

    そのほか「五輪の時、どうせ外国人は大して来ないよ」
    「正直、平昌五輪の開催を中止してほしい。仁川もアジア大会の後、山積みの問題に悩んでいるではないか」

    と平昌五輪の開催に不安をのぞかせるコメントもあった。

    (全文はソース元でご覧ください)

    2017年6月22日(木) 9時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b178000-s0-c50.html

    【【どうなる平昌五輪?】仁川空港の新ターミナルが開港延期の危機 韓国】の続きを読む

    1:  2017/06/21(水) 17:11:39.84 
    韓国文体部長官「平昌五輪種目の一部を北朝鮮のスキー場で行う案を検討」

    6/21(水) 10:49配信

    2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で雪上種目の一部を北朝鮮の馬息嶺(マシクリョン)スキー場で行う案が検討されている。

    20日、都鍾煥(ト・ジョンファン)新文化体育観光部長官は江原道(カンウォンド)平昌郡にある平昌五輪組織委員会主事務所を訪問し、「北朝鮮で馬息嶺スキー場を世界的な水準だと言っているが、張雄(チャン・ウン)北朝鮮IOC(国際オリンピック委員会)委員と相談して方法を模索する」とし、「五輪の聖火が北朝鮮の開城(ケソン)や平壌(ピョンヤン)を通過するのも構想している」と述べた。北朝鮮応援団の訪韓も共に検討していることが分かった。

    女子アイスホッケーの南北単一チームも推進されている。都鍾煥長官は「平和五輪を行うための核心は北朝鮮の参加の有無」とし「女子アイスホッケー南北単一チームを作るために、IOCと協議する計画」と話した。

    韓国は平昌五輪の開催国資格で8チームが競う女子アイスホッケーの出場権を確保したが、北朝鮮には出場権がない。単一チームを構成するには韓国選手団と国際アイスホッケー連盟、IOCなどと協議しなければならない。

    都長官は今月末、茂朱(ムジュ)世界テコンドー選手権大会の閉会式に参加するために訪韓するトーマス・バッハIOC委員長、北朝鮮の張雄IOC委員と関連内容を話し合う計画だ。

    バッハIOC委員長は29日に訪韓して7月1日に出国する予定だった。都長官は「バッハ委員長が出国日程を延期し、米国訪問後帰国する文在寅(ムン・ジェイン)大統領を7月3日表敬訪問すると知っている」と話した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170621-00000017-cnippou-kr

    【【正気でっか?】来年の韓国平昌オリンピック、北朝鮮のスキー場利用を検討】の続きを読む

    1: 2017/05/31(水) 12:53:02.25 ID:CAP_USER
    2017年5月30日、中国メディア・捜狐によると、オリンピックは本大会の開催に先立って、さまざまな確認のためテスト大会が行われるが、2018年に開催される平昌大会も例外ではなく、14カ月の間に25競技でテスト大会を実施した。

    組織委員会は20万3000人が会場で観戦、大人気で満席だったとし、本大会も大勢の観客が観戦に訪れることが期待できると発表した。

    しかし、韓国国内のメディア各社は、組織委員会の楽観的な発表を否定的に報じ、中にはうそではないか、虚偽データではないかとの見方も出ている。聯合ニュースによると、料金を支払って観戦した人は3万人余りで、チケットを買ったのは15%。残りの17万人は無料で招待されていたという。

    それでも組織委員会は楽観的な見通しを崩しておらず、チケットの売れ行きが過熱することを懸念し、システム不具合が起きないように販売を段階的に行うことを決めた。ところが、第1期販売はすでに終了したものの、60万枚のうち売れたのは予想を大きく下回る38万4000枚となっている。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    2017年5月31日(水) 12時40分
    http://www.recordchina.co.jp/b179729-s0-c50.html

    【【いよいよ来年】平昌五輪テスト大会、「満席」の五輪委発表に韓国メディアは「うそをつくな」など否定的】の続きを読む

    1:  2017/05/19(金) 14:39:19.94 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000525-san-spo
    産経新聞 5/19(金) 14:35配信

     2018年平昌五輪が外国人観光客の不興を買い、史上最悪な五輪に陥る恐れがある。ソウル市内から五輪開催地までの高速鉄道などのインフラ整備ばかりが注目されるが、開催地での交通手段、不足する宿泊施設の料金高騰といった観光客にとって最も重要な部分が置き去りになっているというのだ。

     18年2月9日に開幕する平昌五輪。今年4月まで運営などで本番を模して準備状況を確認するテスト大会が開催された。五輪組織委員会の事務総長は4月18日に行ったテスト大会を受けて会見し、「すぐにでも五輪を開催できるという自信が得られた」(中央日報)と胸を張った。

     さらに五輪会場へのアクセスとして重要な高速鉄道は、円周~江陵間(約120キロ)のレール接続工事が今年3月に終了。17年末にはソウル市内から五輪会場の江陵まで1時間12分台に短縮される。これまで高速バスで3時間近くかかっていた。空の玄関口である仁川国際空港から江陵までも直通で1時間52分で結ばれる予定という。

     交通需要や経済性の観点から妥当性に疑問を持たれた鉄道事業だが、五輪という国家的事業の成功と国土の均衡的な発展を狙い、3兆7614億ウォン(約3761億円)の事業費が投入された。聯合ニュースによると、鉄道施設公団は円周~江陵の鉄道事業に約8兆ウォンの経済的誘発効果を試算した。

     ところが、朝鮮日報など韓国メディアによると、この鉄道事業では入札に参加した現代建設など4社の大手建設会社による談合が発覚し、韓国の公正取引委員会は4月20日、是正命令と計701億ウォンの課徴金を科した。国政介入事件で罷免された朴槿恵大統領の友人、崔順実被告一族による平昌五輪の利権疑惑が取り沙汰されたばかりだが、韓国ネットユーザーの反応の中には「韓国では不正を働かない人がバカを見る」と書き込みもあるほどだ。

     高速鉄道によってアクセス面は改善する見込みだが、中央日報は開催地の江陵などで外国人観光客の交通手段の深刻な不足が懸念されており、新たな問題が浮上と指摘している。地元自治体・江原道では平昌五輪期間中に1日最大10万人の来場者が予想されるが、同紙は組織委のデータとして法人・個人を合わせたタクシーの台数は今のところ最大134台という。実際に、テスト大会期間中も携帯電話を利用してタクシーをつかまえようとしても至難の業といえる状況だったという。

    (全文はソース元でご覧ください)

    【【韓国】平昌五輪開催地でタクシー不足、宿泊代は5~8倍に高騰 難問は依然として山積み】の続きを読む

    1:  2017/04/23(日) 14:43:25.40 ID:CAP_USER
    ダウンロード2017年4月22日、中国のポータルサイト・今日頭条が、2018年に開催される韓国・平昌冬季五輪で、大幅な予算増が問題になっているとする記事を掲載した。

    記事は、現在準備が進められている2018年平昌冬季五輪の経費問題。当初予算は7兆ウォン(約6700億円)だったが、今では4倍の28兆ウォン(2兆6900億円)にまで膨らんだとメディアが伝えたことを紹介。

    韓国の甘い予算の見通しはこれが初めてではなく、2014年の仁川アジア大会でも予算を大幅にオーバーし、いまだに70億元(約1100億円)以上の借金があると伝えた。

    そして、平昌冬季五輪では、中韓関係の悪化に伴い韓国は資金集めに苦労しており、悲観的なメディアの報道によれば、平昌冬季五輪の開催で韓国は少なくとも200億元(約3170億円)の赤字になるとの見込みがあるという。

    記事によると、こうした現状に韓国国民からは、5億ウォン(約4800万円)かけて作った「生命の木」に対し、「財政状況が厳しい中でこんな意味のないものを作る必要があるのか」と批判の声が出ているという。

    また、中韓関係の緊張によって、中国で韓国製品不買が叫ばれ、スポーツ界でも韓国での試合に中国チームが不参加という事態が起きていることから、韓国国民の怒りの矛先は中国にも向けられているようだ。

    記事は、韓国国民から「中国は平昌五輪にも来るな」といった極端な声も出ていると伝えている。

    サーチナ(翻訳・編集/山中)
    http://www.recordchina.co.jp/b172229-s0-c50.html

    【【どうする?】韓国・平昌五輪が大幅な赤字の見込み、中国に批判の矛先向ける声も】の続きを読む

    このページのトップヘ