野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    徳島県

    1: ばーど ★ 2017/04/10(月) 17:24:24.39 ID:CAP_USER9
    200_kGG33ppL鳴門市大麻町で生まれたコウノトリのひな3羽が、すくすくと成長している。9日正午ごろには巣の中で羽を広げたり、動き回ったりする姿が見られた。
    白い羽の先端は黒くなり、くちばしの色も薄い灰色に近づいている。

    ひな3羽は「3月21日までに誕生」と推定されており、生後約20日となった。
    兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、人工的に育てられたひなの生後20日前後の体重は1・1~1・5キロで、野外での自然繁殖の個体はそれよりも大きいと予想されるという。

    観察していた男性は「アヒルくらいの大きさがあるのでは」と話していた。
    コウノトリのひなは生後40日くらいまで育てば、親鳥2羽が同時に巣を離れても、カラスなどの外敵から狙われにくくなる。

    営巣中のペアからは4羽のひなが誕生したが、うち1羽については3月30日に親鳥が「間引き行動」を取ったことが分かっている。

    コウノトリの雌と並んで元気な姿を見せる3羽のひな=9日午後0時50分、鳴門市大麻
    http://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201703/0010025041.shtml

    コウノトリひな誕生から20日 3羽すくすく成長 徳島・鳴門市
    https://www.youtube.com/watch?v=CDPLUibQK3o



    配信 2017/4/10 10:10

    【【自然】コウノトリ ひな3羽すくすく成長 1羽は親鳥が間引き 徳島鳴門市】の続きを読む

    1: 2017/04/01(土) 18:12:31.35 ID:CAP_USER
    石井町が、家庭から資源ごみとして出されるペットボトルのごみ袋に1本でもラベルが付いていた場合、収集しない方針を決めた。
    ラベル外しを完全義務化する試みで、4月から適用する。
    不純物の除去徹底へリサイクル業者が買い取る際の品質基準が、2017年度中に厳しくなる可能性があるため。
    ラベル外しを住民に求めていなかった徳島市など5市町でも協力を呼び掛ける方針に転換するなど、取り組みが広がっている。

    ペットボトルのリサイクルは、日本容器包装リサイクル協会が、不純物の混入程度などに応じた品質ランク(A~D)をガイドラインに定め、これに照らし合わせて、リサイクル業者の買い取り価格が決められている。協会は17年度以降、ガイドラインを改め、ラベル付きが多い場合の品質ランクを見直す予定にしている。

    石井町は、これまでも住民にラベルを外すよう求めてきた。
    このため品質ランクはAランクと高い評価を受け、買い取りによって年間170万円(15年度)の収入を得てきた。
    一方で集めたボトルの3分の1はラベルが付いているのが実情。
    新基準に変わると品質ランクが下がりかねないと判断し、「袋に1本でもラベル付きが認められれば集めない」と厳格化した。

    町はペットボトルの収集を月1回行っている。町清掃センターは「厳しい対応と映るかもしれないが、こちらでラベルをはがす人手はない。ご理解いただきたい」とする。

    県内では18市町村が既にラベル外しを呼び掛けている。4月から新たに、徳島市と神山、美波、海陽、牟岐の4町が、ラベル外しを求めていく方針を固めており、那賀町を除く23市町村に広がる。

    (全文はソース元でご覧ください)

    写真:石井町で収集されたペットボトル。ラベル付きも目立つ
    no title


    徳島新聞 2017/4/1 14:07
    http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/04/2017_14910232971557.html

    【【リサイクル】ペットボトルのラベル外し義務化 1本でもラベルが付いていた場合、収集しない方針 徳島県・石井町】の続きを読む

    このページのトップヘ