野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    性別

    1: 逆落とし(家) [ニダ] 2019/07/01(月) 20:03:47.63 ID:74VYyUJt0
    性別欄「その他」は差別? 自治体の住民申請書類、表記法に苦慮

     LGBT(性的少数者)に配慮するため、住民が自治体に提出する申請書類の性別欄を削除したり、
    「男」「女」の二つだった選択肢に「その他」「答えたくない」などの項目を加えたりする動きが、少しずつ広がっている。
    一方、「『その他』という表現は、差別につながるのでは」といった指摘もあり、各自治体は配慮のあり方を模索している。

     京都新聞の双方向型報道「読者に応える」にメールを寄せた京都府城陽市の60代男性。
    高齢者クラブが市の補助金を受けるため提出する会員名簿の性別欄が「男」「女」「その他」となっていたことに、疑問を抱いたという。

     性別欄は、2018年度は「男」「女」のいずれかを選ぶ形式だったが、19年度は「男」「女」「他」に変更。
    別紙の集計用紙は「男性」「女性」「その他」となっていた。

     男性は「『他』という言葉からは『普通ではない』との印象を受ける」と話す。
    5月に民放テレビ番組が、飲食店客の性別を明らかにしようとして謝罪する事態になったことを例に、
    「『その他』という表記が、性別を面白おかしく扱うことにならないか」と懸念。「配慮のつもりが、逆に差別を生むのでは」と指摘する。

    (以下ソース元で) 

    https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190701000024
    no title

    老人クラブへの補助金申請の際、京都府城陽市に提出する名簿や集計用紙。本年度分には「その他」「他」との表記がある

    【LGBT「性別欄に男女しかないのは差別」自治体「その他も追加」←「私達は異質な『他』なの?」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/11/08(木) 16:04:21.68 ID:v0cLmO1A0 
    オランダで年金生活を送る男性が、出会いの可能性を高めるため、年齢を法的に変更する法廷闘争を
    始めた。エミール・ラテルバンドさん(69)は、1949年3月11日から1969年3月11日へ、出生日の変更を求めている。ラテルバンドさんは自身の要求を、トランスジェンダー(出生時の身体的性別と性自認が異なる人)の性別変更と比較した。

    「名前は変えられる。性別も変えられる。年齢はなぜだめなのか?」とラテルバンドさんはオランダ紙デ・テレフラーフに語った。

    首都アムステルダムの南東に位置するアーネムの地方裁判所は5日、公聴会を開いた。4週間以内に判断を下す予定。

    オランダ紙アルヘメーン・ダグブラドは5日、この訴えが認められるか裁判所は懐疑的だと報じた。裁判所によると、個人に出生日の変更を認める法的仕組みがオランダには存在しないという。

    しかしラテルバンドさんは、年齢によって自分が差別されていると感じると述べた。また、自分の雇用機会やマッチングアプリ「ティンダー」での成功率に、年齢が影響しているとした。

    「年齢が69歳では、制限を受ける。もし49歳なら、私は新しい家を買えるし、今とは別の車にも乗れる。仕事ももっと引き受けられる」とラテルバンドさんは話した。
    「ティンダーで69歳だと言うと、もう返事が来ない。49歳で私のこの顔なら、上等な位置につけるだろう」ラテルバンドさんはさらに、医師によれば自分の肉体年齢は45歳だと主張し、自身を「若き神」だと説明した。また、もし出生日を変更した場合、ラテルバンドさんは年金を放棄すると語った。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    (英語記事 Dutch man, 69, brings lawsuit to lower his age 20 years)
    https://ironna.jp/article/11128
    saibanchou_no_gavel

    【【オランダ】「性別も名前も変えられるなら年齢も変えられるだろ、20歳若くしてくれ」 法廷闘争 】の続きを読む

    このページのトップヘ