野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    戦闘機

    1: らむちゃん ★ 2017/10/21(土) 11:58:25.65 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年10月21日 11時10分 (2017年10月21日 11時43分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021020.html

    2017年10月20日、韓国・東亜日報は、韓国空軍のF-15K戦闘機が修理部品の不足で飛行不能が頻発していることが分かった。

    国会国防委員会所属の金学容(キム・ハクヨン)議員(自由韓国党)が空軍本部から提出を受けた資料によると、F-15Kの「修理部品不足に起因する飛行不能(G-NORS)」事例の発生件数が15年の50件から今年上半期には60件に急増した。同期間の飛行不能時間も7.9日から16.8日に増加した。

    金議員は「空軍が部品を使い回しする方法で運用しているため、部品を取られた戦闘機が有事の際出撃が不可能」と指摘した。

    F―15Kは朝鮮半島有事の際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の地下執務室を精密打撃する「タウルス」ミサイルを装備する機種で、1機当たりの価格が1000億(約100億円)。全60機が配備されている。

    KF-16戦闘機の場合も、「特定任務の遂行不可(F-NORS)」発生件数が15年の234件から、今年上半期には157件となり年間ベースでみると増加傾向を示している。

    金議員は「戦争が勃発すると、空軍のすべての戦闘機が投入され、爆撃任務を遂行しなければならないが、G-NORS、F-NORSの発生で、作戦が制限される」とし、「ただ平時で防空区域の作戦任務遂行に支障がないからと安心してはならない」と指摘した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    【【知ってた】韓国空軍の戦闘機、修理の部品がなくて有事にも飛べず】の続きを読む

    1: 2017/02/08(水) 10:15:56.31 ID:CAP_USER
    これ
     ↓
    no title


    韓国軍が最近、西海(黄海)の公海上空に出現した「ドラえもん風船」を未確認飛行物体と誤認し、戦闘機まで出撃させていたことが分かった。

    先月12日、西海の公海上空で未確認の航跡がレーダーに映り、正体を確認したところ「ドラえもん」の風船だったという。韓国軍の関係者が7日に明らかにした。

    当時は、1月9日に中国の軍用機およそ10機が済州島南方で韓国の防空識別圏を侵犯する事件が起きていたことから、韓国軍が警戒態勢を維持していた。

    当時の状況は、大邱空軍基地を飛び立ったF15K戦闘機の編隊が、西海上空で未確認の飛行物体を捉えたことで始まった。
    戦闘機のパイロットは、物体について「関心航跡」(航空機が通過した痕跡をつなげたライン)を宣言し、韓国空軍の中央防空統制所(MCRC)に追跡を依頼した。韓国軍は「当時、防空統制所は飛行物体の存在を全く把握できておらず、F15Kが肉眼で判別するため近接飛行に乗り出して初めて『ドラえもん風船』だったことが分かった」とコメントした。

    韓国軍の関係者は「大型風船が偏西風に乗って移動したものであって、どこから飛んできたのか確認はされなかった。
    大型風船や天灯(スカイランタン)が風に乗って韓国の領空に入り込むことはたびたびある。中国から飛んできた可能性がある」と語った。


    2017/02/08 09:53
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/08/2017020800992.html

    【【韓国空軍】韓国西海上空に未確認飛行物体で戦闘機2機が出撃 その正体は・・・】の続きを読む

    1:  2016/12/09(金) 08:20:09.49
    フィリピンが韓国や日本など東アジア諸国と安保協力を強化する形で独自の武装の準備に入ったと、英フィナンシャルタイムズ(FT)が7日(現地時間)報じた。

    フィリピンのロレンザーナ国防相はFTのインタビューで「韓国から航空機と船舶を、インドネシアから船舶を購入した。日本は数隻の船舶を提供することにした」と述べた。また「米国との関係を維持するが、東南アジア諸国連合(ASEAN)国家との協力をさらに強化する」とし「米国は中東問題やウクライナ問題などで東南アジアの安保を看過した」と指摘した。FTは「フィリピンは強大国がもたらした激変の中で東アジア周辺国との国防協力を強化し、独自の再武装をしている」と分析した。

    こうした動きは6月末のドゥテルテ大統領の就任後に加速した。フィリピンは10月、現代重工業と護衛艦2隻を3700億ウォン(約363億円)で購入する契約をした。英軍事専門メディアのIHSジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー(JDW)は「この船はフィリピン海軍の主要対潜水艦戦闘手段になるだろう」と説明した。

    これに先立ちフィリピンは2014年、4310億ウォンを投入し、12機の韓国産軽攻撃機FA-50を2017年までに導入する契約を締結した。JDWは「フィリピンが36機のFA-50追加導入について議論している」と伝えた。

    ドゥテルテ大統領は米国を中心にした従来の外交から抜け出し、中国・ロシアなど米国と競争関係にある国とも手を握っている。ドゥテルテ大統領が10月に中国の習近平国家主席と首脳会談をしたのが象徴的な事件だ。フィリピンは南シナ海をめぐり中国と領有権紛争を繰り広げた。ドゥテルテ大統領は7月、常設仲裁裁判所(PCA)がフィリピンに軍配を上げたにもかかわらず「それは紙切れにすぎない」として中国と和解モードに入り、15兆ウォン規模の経済協力を約束を受ける実利外交をした。

    (続きはソース元で)

    http://japanese.joins.com/article/349/223349.html

    【【軍備】フィリピン、韓国から軍艦・航空機購入…「米国依存から脱して独自武装」】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2016/11/28(月) 12:16:14.04 ID:CAP_USER9
    イスラエル政府は27日、レーダーに捕捉されにくい米ロッキード・マーチン社の最新鋭ステルス戦闘機F35を追加で17機購入すると発表した。
    これでイスラエルが購入するF35は計50機になる。中東での軍事力の優位性を保つのが狙い。

     AP通信などによると、今年中には最初の数機がイスラエルに配備されるほか、
    日本の航空自衛隊や英国、韓国、オーストラリアなども導入する予定。

    http://www.sankei.com/world/news/161128/wor1611280013-n1.html

    【【中東情勢】イスラエル、最新鋭ステルス戦闘機F35追加購入 保有は計50機に】の続きを読む

    1:  2016/11/09(水) 07:18:46.73 ID:CAP_USER
    no title 11月1日から6日にかけて行われた中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)において、中国のステルス戦闘機「J-20(殲-20)」が初めて一般に向けて公開された。そのJ-20について、中国メディアの環球網は7日、米メディアが「J-20には致命的な弱点がある」と報じたことを伝えている。

     中国の各メディアはこれまで、J-20は生産量が500-700機に達する可能性があり、米国のF-22が試験用の8機を含め、187機しか生産されないのに比べて「数」で圧倒できると伝えていた。つまり、J-20がF-22と比べて「戦闘能力」で一定程度劣っていても、「数で品質の差を補充することができる」という主張だ。

     だが、環球網は米メディアのフォーリン・ポリシーがJ-20のステルス性能について、「戦闘機の前方部のステルス性は非常に高いが、後方部には問題があり、エンジン排気口のステルス性能は低い」と指摘したことを紹介。

     さらにフォーリン・ポリシーが「J-20は極めて容易に敵のレーダーに発見される可能性がある」と伝えたことについて、環球網は「J-20はF-22に簡単に発見されてしまうということか」と懸念を示した。

     一方で記事は、フォーリン・ポリシーが「J-20の存在は中国の航空産業と軍事力の大きな飛躍を意味する」と伝え、西側諸国はJ-20と中国の軍事産業に真剣に向き合う必要があると警戒感を示したことを伝えた。(編集担当:村山健二)

    http://news.searchina.net/id/1622633?page=1

    【【軍事】中国のステルス戦闘機「殲-20」には「致命的な弱点?」 中国メディアが報じる】の続きを読む

    1:  2016/10/16(日) 19:29:59.69 
    第2次大戦当時ナチスドイツが生産した戦闘機50機が約70年ぶりにトルコ中部で
    地中に埋まった状態で発見された。

    14日トルコ日刊サバの報道によれば中部カイセリ州の旧空港敷地の地中に第2次
    世界大戦当時のドイツ空軍戦闘機FW-190A3モデル50機が埋まっていることが
    確認された。

    戦闘機50機は油を染み込ませた防水布に包まれていることが伝えられた。

    これら戦闘機はトルコとナチス政権が1941年締結した協定によって1943年トルコに
    導入された。

    トルコはドイツに鉄鉱石を提供する対価としてFW-190A3 72機を引き受けた。

    しかし1947年以後に記録からその存在が突然消えた。

    最近公開された文書によれば米国が第2次大戦後トルコに援助として戦闘機を
    無償で提供しながらドイツFW-190シリーズ戦闘機の廃棄を条件にあげて、
    トルコ政府がこれを受け入れた。

    廃棄の過程で50機がカイセリ空港に送られて、トルコ当局が空港地中に戦闘機を
    埋め立てた。

    このような記録によって去年から消えた戦闘機を探そうとする試みが本格的に
    始まって、金属探知機を動員した調査で埋められた戦闘機の所在が確認された。

    消えたナチス戦闘機を25年間追跡・研究したウルハン・ハスダルはこの新聞に
    「ドイツ当局に問い合わせたらFW-190シリーズの戦闘機は腐食に耐えられるように
    作られたので、土が入らないようにキチンと包まれていたならば飛行も可能だろうと
    いう」と伝えた。

    no title

    米国チャンプリンの戦闘機博物館が所蔵するFW-190戦闘機

    2016/10/15 01:49
    http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2016/10/15/0200000000AKR20161015004100108.HTML

    German WWII-era planes buried in Kayseri to be uncovered
    http://www.dailysabah.com/duplicate/2016/10/15/german-wwii-era-planes-buried-in-kayseri-to-be-uncovered

    【英国】スピットファイア発掘隊、ミャンマー(ビルマ)へ出発-ヤンゴン地中に36機が埋蔵?[01/06]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1357430013/
    【ロシア】旧日本軍駐留の千島列島中部マトゥア島(松輪島)でゼロ戦発見[06/19]
    http://potato.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1466378538/

    【【軍事】旧ナチスドイツの戦闘機「Fw-190A3」50機、旧空港の地中から発掘【トルコ】】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2016/10/15(土) 15:35:55.21 ID:CAP_USER9
    中国人民解放軍の最新鋭ステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が9月下旬、天津市の公園に墜落していたことが分かった。

    飛行中に鳥と衝突し、エンジン部分が損傷して飛行不能に陥ったとみられる。
    J-10が黒煙を上げて墜落している写真がネット上に拡散している。

     ネット上では、「中国軍の戦闘機はよく墜落する。これで、市民が巻き添えになって犠牲になったら、
    国を守る軍ではなくて、犯罪だ」などとの辛辣なコメントが寄せられている。

    中国の新浪ネットによると、この写真は目撃者が撮影したもので、自身のブログに掲載したという。

    墜落現場は天津市の武清南湖公園で、被害者は出ていないもよう。パイロットはパラシュートで脱出している。
    墜落した戦闘機は、天津の武清区楊村空港を拠点とする中国人民解放軍空軍部隊第24師団所属とみられる。
    今回の墜落情報について、中国軍からのコメントはなく、中国メディアも一切報道してない。

    これまでの中国軍の戦闘機の事故については、いくつかの事例が報じられている。
    中国共産党機関紙「人民日報」によると、今年4月27日、中国の主力のステルス戦闘機「殲-15(J-15)」が
    航空母艦「遼寧」への着陸訓練をしていた際、突発的な故障により墜落し、パイロットは脱出に失敗し死亡している。

    昨年12月17日には、J-10が浙江省台州市で訓練中に墜落し、空中で爆破した。パイロット2人はパラシュートで脱出した。

    香港メディアによると、この3年間、中国軍戦闘機の墜落事故は25件で、50人以上が犠牲になっている。
    最近、追悼式典が軍内で秘密裏に行われたという。

    一方、墜落事故の巻き添えになって死亡した市民も100人以上に上っているが、これについては一切報じられていない。
    軍が遺族に賠償金を支払ったケースもあるという。

     香港発のネット上では、遺族の話として、「解放軍は人民の軍隊と言われているが、
    天安門事件で学生や市民に銃口を向けたように、いまでは人殺し集団だ」との書き込みもみられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12148744/

    【中国の最新鋭ステルス戦闘機「殲-10(J-10)」、天津市の公園に墜落か 中国メディアは一切報道せず】の続きを読む

    1:  2016/10/04(火) 00:37:13.69 
    http://img.epochtimes.jp/i/2016/10/03/t_i4vpc4cs94dmexlyohbp.jpg

    no title9月28日、中国ステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が、天津の公園に墜落したとの情報が、画像とともにネットに流れた。(新浪微博@涵涵涵hanhan)

     中国軍のステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が、天津の公園に墜落したのではないかとの情報が、現場写真とともに中国のミニブログ微博で出回っている。

     伝えられる目撃情報では、この「J-10」は9月28日、鳥との衝突によりエンジン故障が起きて、天津の武清南湖公園の芝生に墜落した。パイロットはパラシュートで脱出したという。

     新浪微博に流通している画像から、公園の奥で黒い煙が上がっているのが確認できる。

     この「J-10」は、天津の武清区楊村空港で離着陸する中国人民解放軍空軍部隊24師に従属するものではないかと推測されている。墜落情報について、中国空軍はいかなるコメントも出していない。

    過去にも中国ステルス戦闘機の事故

     中国官製メディア人民日報によると、今年4月27日、中国の主力のステルス戦闘機「殲-15(J-15)」は、陸上基地から空母への着陸訓練をしていた際、突発的な故障により墜落。脱出に失敗したパイロットは死亡した。

     去年12月17日、中国軍のJ-10は浙江台州で墜落し大破した。2人のパイロットはパラシュートで脱出した。目撃者によると、戦闘機は空中爆発したという。中国当局は墜落した原因を公表していない。

     中国の主力なステルス戦闘機「J」シリーズは、軍用航空機と民間機を研究開発する中航工業集団の、成都飛行機工業会社が開発している。2003年にJ-10を正式に発表。2004年、雲南省空軍の成都軍区に従属した。最近では、中国共産党政権がスタートした10月1日に合わせて、最新ステルス戦闘機「殲-20(J-20)」の高画質写真が公開された。

     J―10の最大の問題は、搭載された中国産エンジン「WS-10」のパワー不足とされている。中国の航空機エンジンは海外からの輸入が拡大しており、中国政府も「15年内に、外国産エンジンが中国機のすべてを占める」と公言している。

     いっぽう、米メディアは、軍事投資を高める中国は先進的なジェット・エンジン開発に取り組んでいて、米国に猛追していると伝えている。同時に、軍事技術スパイ事件についても最近、報じられた。米国司法省によると8月、フロリダ州裁判所は中国系アメリカ人で技術系企業の代表だった滿文霞(45)に対して、米軍の戦闘機エンジンと無人航空機機器の機密情報を不法に中国側に流したしたとして、禁錮50カ月の有罪判決を下した。

    (翻訳編集・佐渡 道世)

    http://www.epochtimes.jp/2016/10/26216.html

    【中国のステルス戦闘機「J-10」墜落か 天津で目撃情報】の続きを読む

    1:  2016/09/18(日) 12:41:27.68
    専守防衛の自衛隊にステルス機は不要? 空自のF-35導入、そこにある意味とは

    「F-35A不要論」に理はあるのか?
     2016年9月24日(土)、航空自衛隊の次期主力戦闘機であるF-35A「ライトニングII」初号機の引き渡し式典が、いよいよとり行われます。

     F-35Aは、レーダーなどのセンサーに探知されにくい優れた「ステルス性」をひとつの特徴とする戦闘機ですが、一部からは「ステルスは敵国に侵攻するための能力であり、
    専守防衛を旨とする航空自衛隊にF-35Aは不要」という声が聞こえます。はたしてF-35Aは航空自衛隊にとって、本当に不要なものといえるのでしょうか。

     航空自衛隊の主要な任務のひとつである「対領空侵犯措置」は、防空識別圏をこえて日本の領空に迫る不明機を監視、
    かつ注意・警告を与えるために戦闘機を緊急発進(スクランブル)させ、相互に目視可能な距離にまで不明機へ接近します。

     F-35は、現行の戦闘機F-15「イーグル」に比べ、加速力も上昇力も旋回性能も劣り、飛行性能に優れた機体とはあまりいえません。
    そのうえ目視可能な距離にまで接近するような場合は、自慢のステルスも役に立ちません。したがって対領空侵犯措置に限れば、確かにF-15のほうが適しているといえるかもしれません。

    わずか30秒で「全滅」
     しかし、それはあくまでも「平時の理論」です。

     万が一、日本が本格的な侵略を受け戦争状態に入った場合、航空自衛隊の戦闘機は不明機の監視を任務とする「対領空侵犯措置」ではなく、
    武力の行使も任務とする「防衛出動」として発進します。

     状況にもよりますが防衛出動においては、対領空侵犯措置のような接近しての注意・警告は行われず、戦闘機が全能力をフルに発揮するような、
    射程の長い空対空ミサイルを用いた目視距離外における空中戦となるはずです。

     現代の空中戦は「先手必勝」であり、先に空対空ミサイルを発射したほうが勝利します。そして、こうした戦い方はF-35Aが最も得意とする土俵です。
    航空自衛隊がF-35Aのようなステルス機を持っているというだけで、相手は常に「どこから撃たれるか分からない」という見えない恐怖にさらされることになるでしょう。

    ※続きはソースで  引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160917-00010000-norimono-bus_all

    【専守防衛の自衛隊にステルス戦闘機は必要なの?不要なの?】の続きを読む

    このページのトップヘ