野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    文化

    1:  2017/05/27(土) 10:59:21.97 ID:CAP_USER9
    <昭和の思い出>消えゆくニッポンの「出前文化」
    毎日新聞 5/27(土) 9:30配信

     ◇黒電話機の隣に出前メニューの束があった昭和時代

     昭和時代まで、すし店、そば屋、中華料理店などは当たり前のように出前をしていた。店がご近所にメニューを配り、各家庭の黒電話機のそばには、メニューの束があるのが当たり前だった。

     一方、出前をする飲食店のために、片手でも運転しやすい「スーパーカブ」(原付きバイク)も開発された。また、バイクの荷台に設置する、丼ものの汁をこぼさないで済む「出前機」も発明された。出前に関するさまざまな文化が育ったのだ。

     その「出前」が今、急速に衰退している。

     といっても、食べ物を家に届けてもらうサービスがなくなったわけではない。ファミリーレストランやファストフード店のケータリングサービスは健在どころか、拡大を続けている印象だ。

     ケータリングは増えているのに、出前は廃れている。その二つのいったいどこが違うのか。答えは「手間」の違いにありそうだ。

     ケータリングは使い捨ての容器やボックスで届き、容器の回収は不要。届けて料金をもらえば、それで終わりだ。
    欧米で始まった「ケータリング」は、もともと顧客の求めに応じて指定された場所に出向き、食事を提供するサービスのこと。食事の提供が終われば、そのまま道具類を持って引き揚げる。「後で容器を回収する」という業務は含まれない。

     一方、日本の出前は、瀬戸物やお重の箱に入れられて届き、店が後日その器を回収する。出前と回収で2度家に行くため、再配達のような手間がかかるのだ。

    長いので続きはソースで
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000008-mai-bus_all
    a0002_009567

    【【昭和の思い出】消えゆくニッポンの「出前文化」 ケータリングに押され衰退の一途】の続きを読む

    1:  2017/01/04(水) 10:24:04.20 ID:CAP_USER
     言語は人間同士がコミュニケーションを行うための重要なツールの1つだが、中国メディアの網易はこのほど、大部分の日本人は英語が話せず、しかも進んで学ぼうとしないと指摘し、その理由を考察する記事を掲載した。

     まず、記事はアジアにおける2015年のTOEFL平均スコアランキングを紹介、このランキングによれば日本のスコアは71点で、ランキングは30の国と地域のなかで26位という成績だった。

     英語を公用語あるいは準公用語としている国のTOEFL平均スコアが高いのはごく当たり前だが、日本の平均スコアは教育予算が決して十分とは言えないカンボジアやラオスなどとほぼ同じ水準にとどまっている。日本人は義務教育でも英語を学んでいるというのに、なぜ英語がこれほどできないのだろうか。

     記事は、日本は英語教育にかなりの力を入れているにもかかわらず、日本人がなぜ英語を流暢に話せないのか、学ぶ機会があるにも関わらず、なぜ進んで学ぼうとしないのかという疑問が生じると主張し、この疑問の答えとして「それは日本人が英語を学ぶ必要性に迫られていないからだ」と説明した。

     続けて「日本で暮らす多くの人にとって、確かに英語は必要ない」と指摘する一方、日本人は英語を学ばずに、一体どのようにしてグローバル化の波についていこうというのかとさらに疑問を投げかけた。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://news.searchina.net/id/1626373?page=1

    【【中国メディア】疑問だ! 学ぶ環境があるのに日本人はなぜ英語が話せないのか】の続きを読む

    1:  2016/11/02(水) 16:53:11.56 ID:CAP_USER
    http://news.searchina.net/id/1622208?page=1

     中国メディア・今日頭条は1日、「どうして日本は韓国のように漢字を放棄しなかったのか」とする文章を掲載した。文章はまず、韓国が20世紀に漢字を日常的な文字体系から外したと紹介。「歴史的に自らの命運を決められなかった国として、漢語文化圏から脱して独自の文字や言語体系を持とうとし、民族的な自信を高めようとする行動は理解できる」と評する一方で、同じく1000年以上にわたり中国文化の影響を受けてきた日本では「どうして漢字が配され、自ら開発した仮名に取って代わられなかっただろうか」と疑問を呈した。

     そのうえで、実は日本でもかつて漢字の廃止を検討した時期があったと解説。しかし、討論の末最後は残すことを選んだとし、そこには「漢字を廃することは単に文字を廃するのみならず、字が背負っている文化を捨てることになる。よく分からない愛国的偏向により漢字を廃せば、大きな損失になる」という考え方があったと説明した。

     そして、今の日本では漢字を含む書道が小学校で必修となっているほか、本場である中国を大きく上回る書体が開発されていると紹介。「日本の漢字や書道に対する熱愛ぶりは、自らの心の中から出ているものである」とし、漢字文化がもはや「中国のものではなく、日本の文化や魂を象徴するもの」として認識されていると伝えた。

     文章は、漢字を日本文化の象徴と考える日本人に対して「われわれは怒るのではなく、むしろ喜ばなければならない。われわれの文化が極めて大きな伝播性と親和力を持っていて、その深さも計り知れないことを示しているからだ」とした。そして、今の中国の文化人が考えるべきは「西洋文化の偉大さへの賞賛」ではなく、「中華文化の根っこを深く掘り下げること」なのであると論じた。

     日本の言語文化を大きく発展させた仮名文字も、元は漢字から生まれたもの。そして、漢字自体ももはや日本文化とは切り離せない存在になっている。かつて、漢字の廃止は識字率の向上に寄与するとの観点から語られることもあったが、高い識字率を実現している現代の日本においては、廃することによるデメリットの方が圧倒的に大きいはずだ。

     日本人は漢字文化を現代に至るまで大切に守り、発展させてきた。同時に、アルファベットなど西洋の言語文化も柔軟に吸収して「日本語化」してきたのである。文章は「西洋文化の偉大さを賞賛することを考えるのではなく」と中国の文化人に呼びかけているが、「西洋文化の優れた部分を探して取り入れるとともに、中華文化の根っこを深く探れ」と呼びかけるべきではないだろうか。少なくとも日本はこれまで、そうやって文化を作り、守ってきたのである。

    【【文化】なぜ日本は韓国のように「漢字」を捨てなかったのか=中国メディア】の続きを読む

    1: かかと落とし(東日本) 2016/10/20(木) 13:17:08.21 
    大人気の映画「シン・ゴジラ」や「君の名は。」のヒットで、最近も映画館に足を運んで観た人は少なくないだろう。

    その一方で、「1800円」(大人)の映画鑑賞料金が「高い」との声が、インターネットに寄せられている。スマートフォンの映画アプリ
    「映画ランド」を運営するホットモブ・ジャパンが「第1回 映画館及び映画鑑賞に関するアンケート調査」(有効回答10代~60代以上の個人3031人)の結果を、
    2016年10月18日に発表。86%の人が現在の映画鑑賞料金が「高い」と回答した。

    no title


    現在の映画鑑賞料金が「高い」と感じる人に、いくらが妥当であると思うか、その料金を聞いたところ、「1100円~1200円」が49.5%で最多。
    次いで「1000円以下」が20.7%、「1300円~1400円」が18.6%、「1500円~1600円」が11.2%という結果となった。

    http://www.j-cast.com/2016/10/20281244.html

    【映画料金1800円は高い! アンケート回答で最多の「妥当な額」は「1100円~1200円」が最多】の続きを読む

    1: ダンボール ★ 2016/10/22(土) 11:02:51.09 ID:CAP_USER9
    沈黙続けるボブ・ディランは「無礼かつ傲慢」 ノーベル文学賞選考メンバーが批判
    http://www.sanspo.com/geino/news/20161022/sot16102210480004-n1.html
    2016.10.22 10:48

     今年のノーベル文学賞に選ばれた米シンガー・ソングライターのボブ・ディランが沈黙を続けていることに対し、選考主体のスウェーデン・アカデミーのメンバーが21日、スウェーデン公共放送SVTのインタビューで「無礼かつ傲慢だ」と強く批判した。

     作家らでつくる同アカデミー(定数18)の一員のペール・ウェストベリ氏で、「この事態は予測しなかった」と困惑気味に語り、ディランの真意を「ノーベル賞を欲しくないのだろう。自分はもっと大物だと思っているのかもしれない。あるいは反抗的なイメージのままでいたいのかもしれない」と推測した。

     アカデミーは13日の授賞発表後、ディランに再三連絡を試みてきたが、接触できないまま既に1週間が経過。12月の授賞式に来るのかどうかも不明で、権威を傷つけられたいら立ちが噴出した形だ。(共同)

    【【ノーベル賞】沈黙続けるボブ・ディランは「無礼かつ傲慢」 ノーベル文学賞選考メンバーが批判】の続きを読む

    1:  2016/09/28(水) 12:30:36.80 
    宗教学者 島田裕巳さん

     総額10万円台の「格安葬儀」が登場したかと思えば、お坊さんの読経もネットで注文できる時代となり、都心には遺骨の「高級マンション」とも言える納骨堂のビルが立つ。いずれ向き合う日が訪れる、弔う側、弔われる側のわれわれが納得できる逝き方とは。

     多様化が進む“逝き方”の中でも、一つの究極の形と言えるのが、宗教学者の島田裕巳氏が提唱する「ゼロ葬」である。

     このゼロ葬、火葬場で焼いた遺骨を遺族が受け取らず、遺骨の処理は火葬場にまかせる。これにより遺族は、墓探しや納骨を巡るわずらわしさから解放されるというのだ。


     http://dot.asahi.com/wa/2016092300111.html 


    【「もう遺骨はいらない」 火葬場にまかせる“ゼロ葬”とは?】の続きを読む

    1:  2016/09/15(木) 15:33:56.64
    第3位は「そうでんがな(~でんがな・まんがな)」。これには「おじいちゃん、おばあちゃんが使うぐらい」「やっぱりさんまさんの影響が大きいんじゃない?
    テレビ用」「あんまり使わない。そうちゃう? とかやと思うんで。そこがエセ関西弁っぽいですわ」といった街の声に加え、
    イラつく理由として「コテコテすぎる関西弁」「最近では使われていない」が挙げられた。

    続く第2位は「ほんまかいな」。これには「わざとらしく言ってきたら、ちゃうし!みたいな」「関西出身からしたら『何事!?』みたいな」
    「絶対バカにしてる!使う奴は」「ほんまかいなって何弁や」といった街の声に加え、イラつく理由として「わざとらしくこれみよがしな発音」
    「なんちゃって感が強く関西人でもあまり使わない」が挙げられた。

    そして第1位に輝いたのは「なんでやねん」。これには「テンポも違うし、間が大事なんですよ! その間が違って『えっ!?』なることがある」
    「わざと使おうとしてくるのが腹立ちます」「『なんでやねん↑』とか言わはる人、めっちゃ気になる。簡単には使って欲しくない」などの街の声が寄せられた。

    http://www.narinari.com/Nd/20160939761.html

    【関西人をイラつかせるエセ関西弁 1位「なんでやねん」】の続きを読む

    1: 2016/08/19(金) 18:06:21.76 
    a0003_001897
    日本人の夏ファッションに驚く外国人たち「スーツにネクタイ、日傘で長袖なんて信じられない!」
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160819-01178353-sspa-soci

    【外国人「夏なのにスーツにネクタイの日本人は馬鹿なの?」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/08/19(金)08:09:23 ID:dIZ
    日本の国民食ともいえるカレー。煮込んでしまえば、なんでもそこそこ美味しくなるが、できれば満足いく味に仕上げたい。せっかくの大好物なのだから、
    気持ちよく食べたいものだ。

    そこで、Jタウン研究所は、「カレーの『いらない具』といえば?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総得票数1305票、
    2016年7月21日~8月18日)。はたして、その結果は――。

    トップは「ゆで卵」
    no title


    「ゆで卵」は、トッピングとしてのイメージが強く、カレーの必須食材ではない。となると、次点のじゃがいも(23.3%)が、実質的な「不要な食材」トップと言えそうだ。
    北海道の名産品であるが、ご当地でも24.1%が投票(トップは、ゆで卵)。全国平均より高く、道民の4人に1人が、いらないと判断している。

    3位には、シーフード(17.3%)がランクイン。魚介類特有の生臭さもあって、あまり好まない人は多い。4位には、じゃがいもと並ぶ「カレーの雄」、
    にんじん(11.1%)が入っている。

    http://j-town.net/tokyo/research/results/230654.html

    【4人に1人が「カレーに入れてほしくない具」1位は「ゆで卵」】の続きを読む

    このページのトップヘ