野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    日韓合意

    1: 2017/07/19(水) 11:52:49.05 ID:CAP_USER
    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は19日付の韓国紙・中央日報に掲載されたインタビューで、従軍慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について「最終的かつ不可逆的な解決」という表現が盛り込まれた経緯を調べる考えを明らかにした。外部の専門家も参加する委員会を設けて調査するという。
     
    康外相は「あえて最終的かつ不可逆的に解決という項目を入れる必要があったのかと思った」と述べた。「全般的に検討しなければならない部分があるようなので委員会を発足させたい」と語った。「どんな部分が不足し、どんな機会を逃したのかをきちんと点検する」狙いとしている。
     
    韓国世論のなかに期待する声がある合意の「再交渉」については「言葉は使った瞬間に期待が高まるので、そういう単語は使っていない」と述べた。ただ調査の結果次第では「選択肢になり得る」との見解を示した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    2017/7/19 10:47
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H2S_Z10C17A7EAF000/

    【【おかわり】日韓合意に「不可逆的」入った経緯、韓国外相が調査の意向】の続きを読む

    1:  2017/06/25(日) 05:53:44.42
    慰安婦問題をはじめ、反日的な言動を続けてきた文在寅大統領が、その一方で、かろうじて表面上とはいえ、なぜ反日のトーンを下げたのか。
    朴槿恵(パク・クネ)前政権の末期のように、「これ以上の対日関係の悪化はまずい」(当時の韓国外交筋)と感じていることがうかがえる。

     とりわけ韓国が対日関係改善に希望を託しているのは、経済協力だ。日韓合意の精神に反し、昨年12月末、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が新たに設置されことに対し日本政府は1月にとった対抗措置を現在も続けている。「極めて異例の強硬措置」(韓国紙)との韓国側の受け止め方は今も変わっていない。

     中でも、韓国政府が対抗措置のうち「何とかならないか」(韓国政府関係者)と切実に感じているのは、日韓通貨交換(スワップ)協定再開の協議中断と日韓ハイレベル経済協議の延期だ。

     対抗措置の発表当時、韓国側は日本の怒りが「本気」であることに驚き、狼狽(ろうばい)は隠せなかった。韓国の外交や経済の現場では、日本との関係悪化によって国益を損ねることへの懸念の声が今も強い。

    「日本の努力が足りない」といいながらスワップなど改善切望の韓国 日本気にしつつ慰安婦合意で本音
    http://www.sankei.com/premium/news/170625/prm1706250012-n1.html

    【【韓国】文大統領「慰安婦合意を破棄し、スワップの再開を要求する」】の続きを読む

    1: 2017/06/21(水) 11:49:57.84
    韓国大統領「法的責任と謝罪を」

    【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は米紙ワシントン・ポスト電子版に20日掲載されたインタビューで、従軍慰安婦問題の解決に関する2015年の日韓合意について「問題解決の核心は、日本が法的責任を取り、公式に謝罪することだ」と述べ、合意内容は不十分だとの認識を示した。
    文氏は大統領就任後、合意を「国民は受け入れられない」としてきたが、より踏み込んだ。
    https://this.kiji.is/250088279087562758?c=39550187727945729
    AS20170510004389_commL

    【【分ってた】文在寅韓国大統領の「謝罪と賠償」のおかわり発言キタ━━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'━━ッ!!】の続きを読む

    1: 2017/06/12(月) 17:45:51.49 
    韓国与党代表 二階氏に慰安婦合意の再交渉要求

    【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の秋美愛代表は12日、国会内で安倍晋三首相の特使として来韓した自民党の二階俊博幹事長らと会談後、自身のフェイスブックに「慰安婦(被害者)に対する日本の明白な謝罪と韓日の慰安婦(合意の)再交渉を求めた」と書き込んだ。
     元判事の秋氏は「判決が確定した後も重要な証拠が見つかった場合は再審できる」として、「真実追求に向けて努力と協力をしなかった日本がわずかな金を渡し、最終的かつ不可逆的(に解決した)とした合意に韓国の国民は同意できないとはっきり話した」と強調。「二階幹事長は両国の約束であるだけに合意を守るべきだと主張したが、約束だから守らなければならないというのは契約法上の論理にすぎないと反論した」と伝えた。

     また、「慰安婦問題は戦時に幼い少女を性奴隷として連れて行った人権と正義に関する自然法の問題のため、契約法の論理を適用できないと話した」と明らかにした。
     秋氏は二階氏らと会談した際、「前政権では両国の間に大小の誤解や対立があり、両国国民の間で良くない感情につながることもあった」と指摘し、「両国は正すべきことは正した上で信頼に基づいた未来志向の関係に改善していかなければならない時期だと思う」との認識を示した。
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/06/12/0200000000AJP20170612004500882.HTML

    【<# `∀´>つ 韓国与党「賠償金おかわりーーーーー!!」】の続きを読む

    1: 2017/05/28(日) 12:43:10.96 ID:CAP_USER
    2017年5月28日、韓国・聯合ニュースによると、アントニオ・グテーレス国連事務総長が、2015年末に日韓政府間で締結された「慰安婦問題日韓合意」を支持する立場を明らかにした。

    グテーレス事務総長は、イタリアのタオルミーナで開かれた主要7カ国(G7)首脳会合で、安倍首相と個別に会った席でこのように述べた。安倍首相はこの席で、日韓両国がこの合意を遵守することが重要であると述べ、これに対しグテーレス事務総長は、この合意を支持し歓迎する(support and welcome)と伝えた。

    日本政府は、2015年12月に締結されたこの合意は「最終的かつ不可逆的」とする立場だ。しかし、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、安倍首相との就任後初の電話会談で「韓国国民の大多数が感情的に慰安婦合意を受け入れていないのが現実」と述べた。さらに、文大統領の日本特使で、共に民主党の文喜相(ムン・ヒサン)議員も17日、岸田外相に会い「国民の大多数が、慰安婦関連の韓日合意を受け入れていない」と述べている。

    今回のグテーレス事務総長の発言とは別に、国連拷問防止委員会は12日の報告書で「日韓合意は被害者の名誉回復、賠償、再発防止には不十分」とし、合意内容の見直しを勧告している。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「国連は日本の言いなり」
    「日本に買収されたのか」
    「日本の顔色をうかがう事務総長」といった声や、
    「非常識極まりない」
    「国連事務総長がそのような考えではいけないのではないか」

    など、グテーレス事務総長への批判の声が多く寄せられた。

    また、「潘基文(パン・ギムン)が事務総長のときも支持していたな」と、2代続いた国連事務総長の日韓合意への支持表明に関連したコメントもみられた。

    (続きはソース元でご覧ください)

    2017年5月28日(日) 12時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b159022-s0-c10.html

    【【阿鼻叫喚】国連事務総長が「日韓慰安婦合意」への支持表明=韓国ネット「非常識極まりない」と批判】の続きを読む

    1:2017/05/21(日) 19:41:27.42 ID:CAP_USER
    no title

    ▲共に民主党ムン・ヒサン議員/聯合ニュース

    ムン・ジェイン大統領の特使として日本を訪問した共に民主党ムン・ヒサン議員は21日、「日本側も慰安婦合意履行を促す雰囲気ではなかった」と明らかにした。

    ムン議員はこの日、ソウル新聞との電話通話で「日本側が合意履行を強力に主張しようとするなら『もし慰安婦合意を履行しなければ私たちは前に進めない』と言わなければならないが、そのようには言わなかった」としてこのように話した。

    彼は「私たちも日本側に(慰安婦合意を)再交渉せよ、破棄しろとは話してはいない」とし、「ただし『国民の大部分が(慰安婦合意を)受け入れないと考えているのが現実』といった」と伝えた。

    引き続き「慰安婦問題はこれから韓日関係にとって障害物にならないだろう」とし、「すぐに首脳どうしが会って新たな合意を多くしていくだろう」と強調した。

    ムン議員は「大統領府でも(訪日成果の)報告を受けてとても鼓舞的な雰囲気」として「ムン大統領が各国に派遣した特使を一カ所に集めて報告する席を作ることが分かっている」と付け加えた。

    韓日シャトル外交復元と関連しては「私たちが話を切り出す前に(日本側が)先に話した」とし、「完ぺきに復元されるだろう」と見通した。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    ソース:ソウル新聞(韓国語) ムン・ヒサン「日も慰安婦合意履行要求の雰囲気ではない」
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170522008006

    【【日韓関係】 ムン・ヒサン特使「日本も慰安婦合意の履行を要求する雰囲気ではなかった」】の続きを読む

    1: 2017/05/18(木) 15:10:39.62 ID:CAP_USER
    安倍首相は18日、日本を訪れている韓国の文在寅大統領の特使と面会し、未来志向の日韓関係を築く意向を伝えた。

    安倍首相「(文在寅)大統領と未来志向の日韓関係を築いていきたいと思っています」

    文在寅大統領の特使・文喜相議員「今後、両国の未来志向の発展を望む、文在寅大統領の意志を持ってまいりました」

    文特使はまた、両首脳が定期的に行き交う「シャトル外交」の復活を望むなどとする文大統領の親書を安倍首相に手渡した。

    一方、慰安婦問題をめぐる「日韓合意」をめぐっては、安倍首相が両国が責任をもって履行すべきとの考えを示したのに対して、文特使からは、文大統領が選挙戦で訴えた再交渉についての言及はなかったという。


    2017年5月18日 14:26
    http://www.news24.jp/articles/2017/05/18/04361828.html
    安倍晋三首相

    【【容赦なし】安倍首相、特使と面会 「日韓合意」履行求める】の続きを読む

    1: 2017/05/15(月) 14:52:06.91 ID:CAP_USER
    日本に派遣される特使に内定した文喜相(ムン・ヒサン)民主党常任顧問が14日、慰安婦合意問題に破棄や再交渉ではなく『第3の道』が必要だと述べたことに関し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)が「公式化した内容でない」と一蹴した。

    青瓦台の関係者は15日午前、記者らに対し「文喜相(ムン・ヒサン)元副議長は我々と(公式に)協議をしたことはない。(非公式的に)我々と協議した可能性はある」とし、公式化した内容ではないと強調した。

    また文顧問と安倍首相が会う可能性については「相手国の首脳に会うか会わないかが重要なのではなく、実際に協議ができる方と会うことが重要」とし「少しの時間だけ会ってするレベルの問題ではなく、実際に意思決定ができる方と会い、使節団が生産的な対話をすることができるかが重要だ。日本で重みのある方に会うだろう」と答えた。

    一方、KBS(韓国放送公社)は14日、文顧問が「過去に韓日関係が悪化した時は河野談話のような大きな政治的合意で問題を解決してきた。未来志向的な新しい合意で現状況を乗り越えなければいけない」とし「慰安婦合意問題も『破棄』や『再交渉』でない第3の道が必要だ」と強調した、と報じた。

    (詳しくはソース元でご覧ください)

    2017年05月15日14時40分
    http://japanese.joins.com/article/079/229079.html
    19893b8a998a35c6_S2

    【【日韓合意問題】青瓦台、日本派遣特使の「慰安婦合意『第3の道』必要」発言を一蹴…「公式協議内容でない」】の続きを読む

    1:  2017/05/13(土) 08:24:37.62 
    【ロンドン=岡部伸】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる日韓の合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。

    同委員会が明らかにした韓国に対する審査報告書は、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意に対して、「被害者への補償や名誉回復、再発防止策が十分とはいえない」と指摘、同委員会は日韓両国政府に合意見直しを勧告した。

    さらに報告書は、両国政府は被害者への補償と名誉回復が行われるようにすべきだと強調した。

    http://www.sankei.com/world/news/170513/wor1705130007-n1.html
    3f373d07

    【【国連の存在意義】「慰安婦」日韓合意 国連委員会が合意見直しを勧告 仲良くしろだと!?】の続きを読む

    1: 2017/05/12(金) 16:12:05.75 
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日に行った安倍晋三首相との初の電話会談で、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年末の両国合意について韓国内で批判的な世論があることを明確に伝えた。

     会談で安倍首相が慰安婦合意の着実な履行への期待を表明すると、文大統領は「国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れていないのが現実」とした上で「民間で起きた問題を政府が解決することには限界があり、時間が必要だ」と指摘。「国民の情緒と現実を認めながら、双方が共に努力することを望む」と述べた。

     文大統領の発言は、ソウル・日本大使館前の慰安婦被害者を象徴する少女像の移転問題について、合意で「適切に解決されるよう努力する」とあることを念頭に置いたものと受け止められる。

     また主語が「国民」ではあるものの、合意について「受け入れていない」という強い表現を用いたことに注目が集まっている。韓国の外交当局は15年末以降、合意の順守と誠実な履行を強調してきた。

     就任後、初めての電話会談での発言であるため、慰安婦合意に対する文大統領の確固たる立場を示したとの分析も出ている。 

     文大統領は大統領選で、合意について再交渉し、被害者が認め、国民が同意できるレベルの合意を導き出すと公約するなど、再交渉の必要性を数回にわたり主張してきた。そのため就任後、どのような形であれ慰安婦合意の再交渉を持ち出すと見られていたものの、初の電話会談での発言は予想より早く、強いものだったと多くの外交関係者は考えている。

    (全文はソース元でご覧ください)

    文大統領が慰安婦問題で安倍氏に“直球” 専門家の評価まちまち
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/05/11/0200000000AJP20170511005800882.HTML

    【【韓国】文大統領「国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れていないのが現実」】の続きを読む

    このページのトップヘ