野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    昆虫

    1: 名無し募集中。。。 2018/07/10(火) 22:58:26.92 0
    蜘蛛や蜂や蚊やゴキブリなんかが1㍍サイズになったら怖いよな?

    【虫が1㍍くらいの大きさになったら怖いよな? w 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/14(木) 09:42:06.40 
    そんな我が家ではカブトムシが9匹、クワガタ3匹、アトラスオオカブトの幼虫4匹、など、たくさんの昆虫を飼っているのですが、その一生は人間よりもはるかに短いのです。

    秋の始まりと共に、眠りに付き始めたメスのカブトムシ。「昆虫に心があるのか?」なんて長男の一言に、考えたこともなかった母は答えに困ってしまいました。

    カブ子ちゃん、この夏を毎日いっしょに過ごしてくれてありがとう。

    https://joshi-spa.jp/755745
    a1750_000021

    【「昆虫には心が有るのか?」】の続きを読む

    1:  2017/02/22(水) 14:58:38.84 ID:CAP_USER9
    産経新聞 2/22(水) 14:54配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00000524-san-soci
     国内希少野生動植物種の「シャープゲンゴロウモドキ」を販売したとして、警視庁生活環境課は種の保存法違反容疑で、静岡県焼津市駅北の自称標本商、山本直樹容疑者(56)を逮捕、購入した松江市の元大学教授の男(67)を書類送検した。同課によると、2人とも容疑を認めている。

     山本容疑者の逮捕容疑は昨年9月22日、東京都千代田区で開かれた昆虫標本の展示即売会「インセクトフェア」で、シャープゲンゴロウモドキの標本1匹を1万円で、元大学教授に譲り渡したとしてる。

     同課によると、シャープゲンゴロウモドキは愛好家の乱獲などで一旦生息記録が途絶え、現在千葉県などでわずかに生息する希少種で、平成23年から種の保存法で譲渡などが禁止されている。山本容疑者はかつて生息していた島根県で仲間と採集を繰り返していたという。

     千葉県の保全家がフェアの会場で見つけて警察に通報し、発覚した。

    【【警視庁】希少な「シャープゲンゴロウモドキ」を販売 種の保存法違反容疑で56歳男を逮捕 】の続きを読む

    1: ゆず湯 ★ 2017/02/01(水) 09:26:57.54 ID:CAP_USER9
    a1750_000021昆虫は、人間の指先よりも小さい脳しか持っていないにも関わらず、驚くべきほど複雑な行動をとることが世界中で確認されています。
    人間の指先よりも小さい昆虫の脳がどのようにして複雑な行動を可能にしているのか、その詳細に迫る実験がおこなわれました。

    ミツバチの一種であるマルハナバチは、他のハチから学習し、得た知識を次の世代へ受け継いでいくことが確認されています。
    花粉がある場所をシートで覆い、花に垂れ下がっている糸を引っ張るとシートが取れて花粉を採取できる装置を使った実験では、1匹のマルハナバチが糸を引っ張ってシートを剥がしたところ、この知識が同じ巣にいる他のマルハナバチや、その後に生まれてきたマルハナバチにも共有されることがわかりました。

    他の昆虫でも、例えばトンボは空中を飛びながら蚊やガ、チョウ、他のトンボを補食します。
    捕食対象の昆虫はそれぞれ異なる独自の飛行パターンを持っており、空中で捕まえるには対象の飛行パターンから次にどこに飛んでいくのかを予測しなければいけません。
    この行動には適応性や計画性といった能力が必要になります。
    また、1mmにも満たない毛虫でさえ、基本的な学習能力や記憶能力を備えていることが判明済みです。

    なぜ昆虫は小さな脳で複雑な行動やタスクを実行することができるのか、このテーマで研究を続けているのがVivek Jayaraman博士です。

    (以下詳細はサイト元でご覧ください)

    http://gigazine.net/news/20170131-insect-tiny-brain/

    【【昆虫】なぜ虫はあんなに小さい脳で複雑な行動ができるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ