野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    格差

    1: 2017/01/30(月) 18:33:56.29 ID:CAP_USER9
     ホームレスといえば、一文無しで路上をさまよう悲惨な姿をイメージしがちだが、東京・多摩川では真逆の優雅な生活を送っているホームレスが存在するという。
    今回は、ビールで宴会する集団や、住処には40型液晶テレビにスマホもある「リア充ホームレス」の生活に密着した——

    ◆貸し畑に宴会場。ホームレス村は謎だらけ!

     多摩川某所を取材中、ホームレスタウンの中で不思議な光景をよく見かけた。

     例えば、集落の中に突然現れる、世話が行き届いた田畑だ。近所のホームレスが自給自足のために野菜を育てているケースも多いが、関係のない第三者が“ホームレスに土地を借りている”こともあるとか。
    長年、ホームレスを追い続けるルポライターの村田らむ氏は「最近では中国人が経営する飲食店が大規模に栽培させている場合もある」と語る。
    実際、「一般人に『場所を貸してくれ』と言われ、雑草の処理や手入れをしたね。
    え、カネかい? 差し入れくらいはもらうけど、面倒だから受け取ってないよ」というホームレスもいた。

     さらに、テニスコート並みの広さの宴会場を勝手に造り、椅子に寝そべりながらビール片手に盛り上がる集団を発見。自称建築関係の自営業という60代の男性は気兼ねなく自由に騒げるこのホームレスタウンが気に入っているという。ほかにも高齢なホームレス用の車いすが置かれたり、玄関に「買い物に行ってきます」などというメモが貼られたりするなど、住人同士の連携も取れている。

    「多摩川はホームレス界の中では珍しく“村社会”が形成されているのが特徴。もともと東京都と神奈川、また市区町村の境界で管轄も曖昧だったり、規制を厳しくして都会に戻られても困るので、比較的取り締まりも緩い」(村田氏)

     もはやスラム街のように集落がいくつも形成されている多摩川沿いだが、場所によって雰囲気もガラリと違う。日雇い労働者の多いホームレスの集落では月収15万円強に達する者もおり、家電も超充実している。その地域でもっとも稼いでいるという伊藤浩二さん(仮名・50代後半)の橋の下に造られたロッジのような家にお邪魔すると、優に6万~7万円はするアクオスの40インチ液晶テレビをはじめ、発電機のバッテリー残量で使い分けるという24インチ、12インチの計3台が並んでいた。

    (以下サイト元でご覧ください)

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12606002/

    【【貧困?】TVもスマホも所有 多摩川で優雅な生活を送る「リア充ホームレス」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/31(土) 13:26:45.21 ID:CAP_USER
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?lang=j&id=Dm&No=61990&current_page=

    ことし10月の労働者1人あたりの平均月収は、1年前に比べて4.5%増えたことが分かりました。
    雇用労働部によりますと、ことし10月の時点で、従業員5人以上の事業場に務める従業員全員の1人あたりの平均月収は328万8000ウォンで、去年10月に比べて4.5%増えました。雇用形態別でみますと、この期間の常勤労働者1人あたりの平均月収は348万1000ウォンで、1年前に比べて4.5%増加したほか、臨時や日雇い労働者の場合は149万3000ウォンで、2.4%増加しました。
    事業場の規模別でみますと、従業員5人から300人規模の企業の場合、従業員1人あたりの平均月収は290万6000ウォンで、前の年の同じ時期に比べて3.1%増加したのに対して、300人以上の企業は484万1000ウォンで、7.2%増加しました。


    従業員300人以上の企業の賃金が大幅に増加したのは、去年12月に行われた自動車関連産業の賃金交渉後の妥結額支給時期が、ことしは10月からに変更されたためとみられています。

    これによって、ことし1月から10月までの労働者1人あたりの平均月収は、去年に比べて3.9%増えて339万4000ウォンとなりました。

    【【韓国経済】韓国の平均月収が約33万円に 前年比3.9%増】の続きを読む

    1:  2016/12/18(日) 05:53:26.28 ID:CAP_USER9
    企業などで働く人のうち、労働組合に加入している人の割合は17.3%と、
    5年連続で過去最低を更新しました。

    *+*+ NHKニュース +*+*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161218/k10010810931000.html 

    【労働組合(労組)の組織率17.3%…5年連続で過去最低を更新】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/12/12(月) 19:24:02.69 ID:CAP_USER
    http://www.asahi.com/articles/ASJDD471JJDDULFA00M.html

    経済産業省や経団連、小売り、旅行などの業界団体でつくるプレミアムフライデー推進協議会は12日、初会合を開き、毎月末の金曜に消費活動を促す「プレミアムフライデー」を来年2月24日から実施すると決めた。買い物しやすいように従業員の終業時刻を早める取り組みも進めるという。

     プレミアムフライデーは、各地のショッピングセンターや商店街などにイベントやキャンペーンを企画してもらい、買い物や外食、旅行など幅広い分野の消費を喚起するのがねらい。主導する経産省は広告費などとして、2016年度の補正予算に2億円を計上。協議会では今後、月末の金曜日は従業員が午後3時をめどに退社できるよう企業に働きかける方針だ。

     イベントの導入で消費を盛り上げる動きはほかにも出ている。
    今年11月には、米国で慣例の商戦「ブラックフライデー」を日本の流通大手などが採り入れている。(栗林史子)

    【【経済産業省】月末金曜日は午後3時退社「プレミアムフライデー」来年2月から実施へ】の続きを読む

    1: 2016/10/29(土) 17:53:19.29
    私自身が先日も驚いたのですが、例えばブラジル銀行東京支店のオペレーターに電話したら、
    そのオペレーターは日本語を話せるのですがサンパウロにいるのです。
    これでどういうことが起きるのか。つまり電話オペレーターの賃金はサンパウロを基準にしていいことになる。
    もっと人件費の安いインドや中国でも日本語を話せるスタッフはいるでしょうから、
    現地の賃金が基準になっていき、今まで存在していた先進国と発展途上国の賃金格差が、一定に収斂(しゅうれん)していくわけです。
    ジャーナリストであるトーマス・フリードマンの著作『フラット化する世界』が指摘した現実は、まさに今日私たちに起きていることなのですね。

    現在の生活水準を維持したいが、努力するのは嫌だという願いは無理な時代になりました。でも、私は思います。
    人には自分の生き方を選ぶ自由があると。今までどおりに普通に仕事をしていて、
    グローバル化やデジタル化によって生活水準が下がるのが当たり前の時代なら、
    あくせくして高い水準なんか望まないという人生観も尊重したい。仕事観は人それぞれでもあるのですから。(談)
    http://www.asakyu.com/column/?id=910

    【竹中平蔵「貧しい生活を望む人の人生観も尊重したい」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/10/26(水) 12:53:42.38 ID:CAP_USER
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20161026/plt1610261130003-n1.htm

     国民が知らない間に、かつてないほどの年金制度の大転換が行なわれようとしている
    。年金生活者が今現在受け取っている受給額を減らす「年金減額」法案だ。今回の改正案では、
    物価が上がっても下がっても現役サラリーマンの平均賃金が下がれば年金生活者の受給額をマイナス・スライドさせるという制度に変わる。

     悪質なのは厚労省がそれほど重大な制度改正の内容を隠してきたことだ。同省が公表している
    法案説明の資料には、ルールの変更が〈年金は世代間の仕送りであることから、
    現役世代の負担能力が低下しているときは、賃金変動に合わせて改定〉としか書かれていないうえ、
    法案を読んでも減額の仕組みがわからないようになっている。

     実は、年金法案を審議している国会議員たちも、最近まで法案の正体を知らなかった。カラクリが明るみに出たきっかけは
    10月3日の衆院予算委員会での民進党の玉木雄一郎・代議士と塩崎恭久・厚労相の質疑応答だ。

     「賃金が下がれば、今、年金を受け取っている方の年金も引き下げることを可能にする法案という理解でいいのか」

     という玉木氏の質問に対し、塩崎厚労相がこう答え、与党議員を含めて衝撃が広がった。
     「おっしゃるとおり。一つは、賃金を下げ、物価も下がるときには、(年金を)物価の下げに加えて、
    賃金(のマイナス幅)まで下げる。それから、賃金が下がって物価が上がるときには、賃金の下げに合わせて下げる、ということでございます」


    【【老後】年金減額法案 塩崎厚労相が認め与党議員にも衝撃広がる】の続きを読む

    1:  2016/10/25(火) 08:14:29.85 
    複数の暴力団組織が組事務所を共同で使うケースが増えている。
    捜査関係者によると、全国で施行された暴力団排除条例などの
    影響で資金獲得活動(シノギ)が難しくなってきており、
    経費削減が主な理由とみられる。

    *+*+ 毎日jp +*+*
    http://mainichi.jp/articles/20161025/k00/00m/040/137000c 

    【【経済?】暴力団 シノギがきつくなり“シェア事務所”が増加】の続きを読む

    1: エルボーバット(東日本)@ 2016/10/22(土) 15:38:34.77 
    1位は「交通費が出ない派遣会社が多い」! 154票
    no title


    2位は「●ヶ月更新なので次回更新されるかハラハラする」! 91票
    no title


    3位は「福利厚生が手薄」! 65票
    no title


    4位何年経っても時給が上がらない 57票
    5位休みがとりづらい 55票
    6位正直派遣法が迷惑だ 53票
    7位ボーナス?なにそれ美味しいの?? 51票
    8位有給が少ない 50票
    9位年下の社員に気を使う 49票
    9位正社員になりたいけど、仕事を探すのが難しい 49票

    11位連休のある月は給料が少ない 43票
    12位友達の時給を聞いて落ち込む 39票
    13位将来の不安から解放されることがない 35票
    14位一生派遣から抜け出せない 34票
    15位社員より仕事できると思ってる 33票
    15位長期と言われて入った仕事が打ち切りで即行クビに 33票
    15位よくて「派遣さん」、ヒドいと「後釜」「替え玉」「代用」呼ばわり 33票
    18位お昼代をケチりたいので何かにつけてランチを断る 32票
    18位派遣前に聞いていたのと仕事内容が違う 32票
    20位派遣先で「時給いくら?」「わざと残業してる?」などパワハラに遭う 30票

    21位派遣コーディネーターと相性が悪い 29票
    22位オフィスカジュアルがイマイチわからない 28票
    22位健康診断に行ってる間は時給が出ない 28票
    22位正社員や他に誰もやりたがらない仕事が自分の仕事になる 28票
    22位正社員では入れないような大手企業で働ける 28票
    26位初日から「仕事ができて当然」という目で見られる 27票
    27位派遣先の忙しさで月収が変わるのが辛い 26票
    27位タイムシートの記入、FAX、郵送などが面倒くさい 26票
    27位担当営業が更新確認以外は音沙汰ナシで放置 26票
    27位何もしない派遣会社に中間搾取されてる感ハンパない 26票

    http://ranking.goo.ne.jp/column/article/3686/

    【交通費が出ない!?驚く「派遣社員の実態」ランキング】の続きを読む

    1:  2016/10/16(日) 11:49:22.34
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161014/k10010729541000.html
    国家公務員の給与・ボーナス 3年連続で引き上げ決定
    10月14日 10時57分

    政府は、14日の給与関係閣僚会議と閣議で、今年度の国家公務員の給与について、人事院の勧告どおり、3年連続で月給・ボーナスともに引き上げることを決めました。
    今年度の国家公務員の給与について、人事院は、ことし8月、民間企業との賃金の格差を解消するため、月給は平均で0.17%、ボーナスは0.1か月分、それぞれ引き上げるよう勧告しました。
    これを受けて政府は14日、給与関係閣僚会議と閣議で、人事院の勧告どおり、月給・ボーナスともに引き上げることを決めました。

    国家公務員の月給とボーナスがともに引き上げられるのは3年連続で、平均の年収は、行政職で5万1000円増え、672万6000円となります。
    このほか、配偶者の年収が130万円未満の世帯などに支給されている国家公務員の扶養手当を、来年度以降、段階的に無くすか、半額以下に減らす一方、子どものいる世帯への扶養手当は引き上げるよう制度を見直すことも決めました。

    政府は、こうした内容を盛り込んだ給与法の改正案などを、今の臨時国会に提出することにしています。 
    【国家公務員の給与・ボーナス 3年連続で引き上げ決定 平均年収は5万1000円増え672万円となる】の続きを読む

    このページのトップヘ