野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/01/12(日) 20:27:22.63 ID:CAP_USER
    海外発!Breaking News 2020.01.11 21:30 NEW! writer : tinsight-masumi
    【海外発!Breaking News】歯の隙間に詰まったポップコーンで命を落としかけた男性(英)


    イギリスに住む男性が昨年、感染症にかかり命の危機に陥った。原因は歯に詰まったポップコーンだったが、男性もまさかポップコーンで感染症を発症し心臓手術を受けることになるとは思ってもいなかったようで「ただ驚くばかり」と話している。『New York Post』『Fox News』などが伝えた。

    英コーンウォールで消防士として働いているアダム・マーティンさん(Adam Martin、41)は、昨年10月に感染症により心臓の切開手術を受けた。医師からは「診察が3日遅れていたら命を落としていた」と告げられるほど重篤な状態だった。

    アダムさんが感染症を発症した原因は、なんとポップコーンだった。彼は妻ヘレンさん(Helen、38)と映画を見ながらポップコーンを食べていたが、小さなかけらが左の奥歯の隙間に詰まり取れなくなったという。そのかけらを取り除くためにペンのキャップやつまようじ、針金、さらには釘を使ったそうだ。

    ポップコーンは3日間ほど奥歯に詰まったままで、無理に取ろうとしたせいか歯茎が傷ついてしまった。そこから細菌感染したようで1週間後にアダムさんは寝汗をかくようになり、疲労がとれず頭痛がするようになった。アダムさんはインフルエンザを疑っていたが、10月7日にかかりつけ医のもとを訪れたところ「少し心臓に雑音がある」と言われ、薬を処方してもらいそのまま帰宅した。

    しかし病状は一向に改善せず、脚に激しい痛みまで感じるようになり、

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://japan.techinsight.jp/2020/01/masumi01091241.html
    popcorn-1433326_640

    【歯の隙間に詰まったポップコーンで命を落としかけた男性(英)2020/01/11】の続きを読む

    1: 鄙び湯治宿 ★ 2017/03/17(金) 00:45:45.69 ID:CAP_USER9
    犬の幹細胞から作り出した歯のもとになる「歯胚」を、同じ犬の歯が抜けた部分に移植し、天然の歯とほぼ同じものを再生することに成功したと、岡山大と理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市)のチームが16日付の英科学誌電子版に発表した。

     マウスでも成功例の報告があるが、岡山大の窪木拓男教授は「実用的な歯の再生治療が可能なことを大きな動物で実証した。人への応用を目指したい」としている。

     チームは生後約1カ月のビーグル犬の小臼歯から歯胚を採取。この歯胚から、幹細胞を含む上皮組織と、幹細胞である間葉細胞を取り出して一緒にし、再生歯胚を作製した。

    https://this.kiji.is/215081735738426868?c=39546741839462401

    【【再生医療】岡山大、犬の歯を幹細胞で再生天然とほぼ同じ】の続きを読む

    このページのトップヘ