野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    火事

    1: 2017/04/13(木) 15:08:47.57 ID:CAP_USER9
    遠軽町の工場で火事 ほぼ全焼

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7005536631.html

    12日夜、オホーツク海側の遠軽町で、つまようじなどの原料を製造している工場がほぼ全焼する火事がありましたが、けがをした人はいませんでした。

    12日夜8時ごろ、遠軽町東町3丁目のつまようじや割り箸の原料を製造している「共立産業」の工場で火が出ていると、近くを通りかかった人が消防に通報しました。消防車17台が消火作業に当たり、火はおよそ4時間後にほぼ消し止められましたが、消防によりますと午前11時半現在も工場の内部では火がくすぶっていて、消火活動が続いているということです。

    警察によりますと、この火事でけがをした人はいませんでしたが、鉄骨2階建ての工場がほぼ全焼したということです。

    工場の関係者によりますと、この工場は道内産の白樺の木を使って国産つまようじの原料を製造していて、今後の国産つまようじ製造に影響が出るおそれがあるということです。

    (詳しくはソース元で)
    【【北海道】爪楊枝などの原料を製造している工場がほぼ全焼 今後国産爪楊枝製造に影響が出るおそれ】の続きを読む

    1:2017/04/06(木) 01:24:10.79 ID:CAP_USER9
    行橋市で住宅全焼 けがなし
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kitakyushu/5025317631.html

    5日午後、行橋市で住宅や納屋などが全焼する火事がありましたが、けが人はいませんでした。

    5日午後1時前、行橋市吉国の農業中村博美さん(66)の住宅に隣接する納屋が燃えているのを近くを通りかかった人が見つけ消防に通報しました。
    火は住宅にも燃え広がり、消防車3台で消火活動にあたった結果、およそ4時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅と納屋、それに納屋に止めていた軽トラック1台が全焼しました。

    警察によりますと、この住宅には家族9人が暮らしていて出火当時、このうち4人が在宅していましたが、火が回る前に逃げ出しけが人はいませんでした。

    警察によりますと、家族の1人が「バーナーで草を燃やしていた」と話しているということで、警察は、その火が納屋に燃え移り、その後、住宅にも燃え広がったとみて、火事の原因を詳しく調べています。

    04/05 18:46

    【バーナーで草を燃やして家燃える 福岡県・行橋】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/03/27(月) 02:27:19.29 ID:CAP_USER9
    それは木曜日の早朝3時半だった。
    夫婦と子供2人の一家4人がぐっすりと寝ていた時、飼い猫が突然その夫婦の女性の手を噛んだのだ。

    彼女を起こすために噛み付いたそのにゃんこ…なんとその時、家は火事になっていたのだ。海外メディアboredpandaが報じた。

    同メディアによるとその火災が発生したのはカナダ、アルバータ州の街グランド・プレーリーだ。
    「そうした事態の中で、猫が家族に注意喚起をするとはとても興味深い」と語るのはグランド・プレーリー消防署長のトレバー・グラントだ。

    「家族は猫のことで、とても喜んでいる。猫は十分に時間があるうちに彼らを起こしていました。
    もし彼らが起こされなかったら、結果は間違いなく異なったものになっていたでしょう」と続けた。

    幸いけが人はおらず、同消防員により火は消し止められた。
    さらには家族が飼っていたもう一匹の子猫も無事救出されたという。
    現在その家族と猫は別の住宅に滞在している。

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/12850302/

    【【動物】猫が火事をしらせるために飼い主の手を噛んで家族を救出する カニャダ】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団 ★ 2016/12/23(金) 22:22:55.63 ID:CAP_USER9
    立ち上る火柱が年の瀬の街を襲った。新潟県糸魚川市で22日に発生した大規模火災。炎の勢いは衰えず、夜空を赤く染め上げた。

    日本海に向けて吹き付けた強風が、広大な延焼の原因となったのか。約140棟が焼けた中、死者や重傷者が出なかったとみられるのは不幸中の幸い。とはいえ住居を失った市民らのダメージは計り知れない。23日には首都圏でも火災があり、東京を始め各地にとって年末の大火は人ごとではない。

    現場に駆けつけた元東京消防庁消防官で防災アナリストの金子富夫氏は「伝統的な木造建物が密集し、瞬間最大風速で24メートルを超える強風による飛び火で広がった。海側に風が吹いていたのが不幸中の幸いで、なんとか焼け止まったが、逆側ならもっと被害が出ていた」と指摘する。

    火災発生時に消防車が6台しか出動できなかったように、大規模火災に対する消防力が圧倒的に不足していた。水も足りなくなったが、「ミキサー車に海水を積んで、水槽にぶちまけ、給水していた。珍しい光景で、地方ならではの消火方法」(金子氏)。

    首都圏も人ごとではない。「東京の下町など木造住宅密集地域で火災が起き、強風が吹けば同じように一気に燃え広がる。東京の場合は消防車の台数が多いので、すぐに消し止められるが、同時多発で起きれば別。怖いのは関東直下の地震などが原因で、10か所で同時火災が起きればお手上げです」(同)

    東京都は「木密地域不燃化10年プロジェクト」と題し、燃え広がらない街づくりを進めている。「古い建物を取っ払って、新しい建物を造るというが、簡単にできるはずがない。結局、不燃塗料を壁に塗るなどして、時間稼ぎをするしかないのが現実です」(金子氏)
    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/632393/

    【社会】新潟・糸魚川市で大規模火災。140棟以上が延焼、273世帯に避難勧告★15
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482430619/

    【【防災】 新潟・糸魚川大火の警鐘 「もしも関東直下地震で東京の下町など木造住宅密集地域で同時火災が起こったら・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ