野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    災害

    1: ガーディス ★ 2018/04/15(日) 12:20:54.67 ID:CAP_USER9
    大地震の際、配水管が壊れた水洗トイレを使うと、逆流してあふれる危険性があるが、十分に知られていない。そんな調査結果を、NPO法人「日本トイレ研究所」(トイレ研)がまとめた。トイレ研は「平常時から災害用トイレを備蓄してほしい」と呼びかけている。

     3月末~4月、東京と大阪に住む成人男女計2千人から、インターネットで回答を得た。逆流すると室内が汚れるなど衛生面の問題がある。しかし、44%の人は大地震で起きうる逆流の危険性を認識していなかった。その傾向は若い世代ほど顕著で、60代以上31%に対し、20代は56%の人が知らなかった。

     また、建物が危険でない場合、自宅で避難生活をしたいと回答した人は67%。このうち、自宅のトイレが使えない場合に「避難所や公衆トイレを利用する」と答えた人は44%いたが、「備蓄している災害用トイレを使う」とした人は16%にとどまった。耐震性の強いマンションの住民らは、避難所で生活しないと想定されているが、こうした人も公的なトイレを使う意向をもつことがわかった。

     トイレ研の加藤篤代表理事は「災害用トイレの備蓄について啓発が必要だ。そのうえで、避難所のトイレについては、自宅避難者も利用することを想定した備えをするべきだ」と話す。

     (詳しくはソース元でご確認ください)

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL4D00CHL4CPLBJ007.html
    AS20180414001789_comm

    【【災害】大地震でトイレから色々と逆流の恐れトイレ研究所「災害用トイレの備蓄を」 】の続きを読む

    1: 名無し三平 2014/09/28(日) 19:01:42.20 ID:o3yXUoam0
    どうする?

    【釣りしてる時に大地震が来た時の事を真剣に考える】の続きを読む

    1: Sunset Shimmer ★ 2016/12/03(土) 08:44:03.49 ID:CAP_USER9
    12月3日 8時12分

    トイレメーカーなどで作る団体が大規模地震に備えて「災害用トイレ」の備蓄について全国の1000世帯にアンケート調査したところ、「備蓄していない」という回答が8割以上に上り、団体は、首都直下地震が想定される中、各家庭で数日間は対応できる分を備蓄するよう呼びかけています。

    国は、大規模地震による断水や下水道の損壊でトイレが使えなくなった場合、袋に凝固剤や脱臭剤が入り、便座にかけて使用するなどの「災害用トイレ」を家庭や企業で備蓄するよう呼びかけています。

    トイレメーカーなどで作る「日本トイレ協会」は、災害用トイレの家庭での備蓄についてインターネットによるアンケート調査を行い、全国の1000世帯から回答を得ました。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161203/k10010793671000.html

    【【調査】災害用トイレ 8割以上の世帯が備蓄せず (NHK)】の続きを読む

    1:  2016/10/15(土) 17:57:15.95
    http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201610/20161014-03563244.jpg

    写真は救援物資の一部。

    2016年10月13日、韓国・MBCテレビは、台風18号の直撃により大きな被害を受けた韓国南東部の被災地に、「使えない」救援物資が続々送られていると報じた。

    今月5日、台風18号により市場一帯が水没するなどの被害を受け300人以上の被災者が出た蔚山市には、日々大量の救援物資が届く。せっけん、歯ブラシ、トイレットペーパーなどの生活必需品が大半を占めるが、ボランティアセンターで行う仕分け作業が難航しているという。原因はその中身だ。何度か使われたようなせっけんや歯ブラシに、使用期限切れの歯磨き粉、かびの生えたかみそりも。さらに日焼けなのか、黄ばんだロールペーパーが「ばら」の状態で段ボールに詰められていた例もあった。

    蔚山市には3.5トン、段ボールにして150箱の救援物資が送られたが、ほとんどがこうして使い物にならないレベルだったという。これらは、被災者の救援事業を行う民間団体・全国災害救護協会がこれまで寄せられた品をまとめて送ったものだ。事態を受け協会側は「一つ一つ確認がしないまま送ってしまった」「被災者用ではないものが、物流センターのミスで誤って送られてしまった」として物資の回収に乗り出した。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

    「僕が02年に江陵(韓国東部の都市)で台風被害に遭った時も同じだった。届いた救援物資のうち、使えるのは水だけだったよ」
    「その物資は被災者用でなければ何用なの?」
    「国が滅びる兆しだ」

    「どこの国の話?まさか韓国?この国は最近どうなってしまったのか。まさに無政府状態だ」
    「国が腐り切ってしまった。ゼロからそっくり国を再建した方がいいんじゃないかな」
    「被災者に廃棄物処理をしろってことか?あきれるよ」

    「東日本大震災の時に日本が韓国からの救援物資を受け取らなかった理由がやっとわかった。日本のみんな、あの時は悪口を言ってすまなかった」
    「ちゃんと回ってるところが一つもない。それぞれで頑張るしかないね」
    「これは北朝鮮に送っても文句を言われるレベルだ」(翻訳・編集/吉金)

    http://www.recordchina.co.jp/a152678.html

    【台風被災者に“心ない”救援物資が大量に届く=韓国ネット「これは北朝鮮に送っても文句を言われるレベルだ」】の続きを読む

    1: 2016/10/07(金) 19:10:00.67 
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100700633&g=int
    北朝鮮洪水「7万人家失う」=130人死亡、緊急支援訴え-ユニセフ

    国連児童基金(ユニセフ)と国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」は7日、共同声明を発表し、北朝鮮北東部で8月から9月にかけて起きた洪水で
    「7万人近くが家を失った」と指摘、冬になると状況がさらに悪化する恐れがあるため、緊急支援を行う必要があると訴えた。

    発表によると、洪水ではこれまでに130人以上が死亡し、約60万人が支援を必要としている。
    ユニセフの北朝鮮駐在代表は「数千人の子供たちが影響を受けており、支援を強化しなければ、冬の到来に伴い『新たな災害』が起きる」と警告した。

    【ユニセフ「北朝鮮洪水で7万人が家を失った!冬になると新たな災害が!!」緊急支援訴え】の続きを読む

    このページのトップヘ