1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/05/13(日) 17:39:12.11 ID:x5FXwtNA0
世の中に広く知られる「焦げを食べたらがんになる」。これは「1日100以上の焦げを毎日食べる人間がいたら」の話である。

 1978年に国立がんセンターが発表した『がんを防ぐための12か条』に確かに入っていた「焦げた部分は避ける」という一文。ネズミで行った実験では、焦げに含まれる成分を与えた結果、発がん性が認められたものの、投与していた量を人間に換算すると、体重の4倍以上の焦げを1年間毎日食している計算になってしまう、かなり強引な説である。
ただ、国から出された提言となれば、真面目な日本人はみんな信じてしまうもの。欧米人は日本のモーニングを食べるとき、ベーコンがカリカリではなく、しっとりと焼いてあることに戸惑ってしまうとか。

(詳しくはソース元でご確認ください)
https://wjn.jp/sp/article/detail/7717470/
a0002_011014

【この雑学はガセでした 『焦げは癌のもと』 (´・ω・`)】の続きを読む