野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 2017/06/27(火) 08:26:16.51 ID:CAP_USER9
    秋田クマ襲撃、入山自粛応じずタケノコ採り続く
    読売新聞:2017年06月27日 08時04分
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20170627-OYT1T50000.html

     秋田県仙北市田沢湖玉川で5月にクマに襲われたとみられる女性が死亡した事故を受け、市が現場周辺への入山自粛を呼び掛けたにもかかわらず、今月20日までにタケノコ採りに延べ約3200人が入山したことが26日、市のまとめでわかった。

     前年のほぼ同期に比べて約200人しか減っておらず、市は
    「タケノコ採りを商売にしている人が多いことなどが減っていない原因」と分析している。

     死亡事故を受け、市は、玉川地区の林道2か所に職員を配置。
    タケノコ採りに訪れた人から入山料を集めず、入山自粛を呼び掛けた。
    だが、林道に設けたバリケードを動かすなどして入山する人が相次いだという。

     市の集計によると、タケノコ採りの人数は、事故が発生した5月27日から6月20日までの25日間で計約3200人に上った。
    林道別にみると、事故現場から数キロしか離れていない「黒石林道」は昨シーズン(5月28日~6月16日、20日間)に比べて約400人減って約1800人だった。
    現場から10キロ以上離れた「小和瀬林道」は約200人増の約1400人に上った。

     市は引き続き入山自粛を呼び掛けている。

    【【民度w】クマ襲撃、自粛応じずタケノコ採り続く 25日間で計約3200人 バリケードを動かして入山相次ぐ 秋田県】の続きを読む

    1: イセモル ★ 2017/06/07(水) 08:51:45.22 ID:CAP_USER9
    (前略)
    野生動物の生態・行動に詳しい元近畿大教授で宇部市ときわ動物園園長の宮下実氏は、クマによる事故が続発する理由を「里山が失われたため」だと指摘する。「昔は、農家が管理する里山がクマの住む山と、人間の住む街との『緩衝地帯』の役割を果たしていたが、現在はタケノコなどクマの好物を残したまま放置されている。タケノコ採りに出かけた人が事故に遭うのは、かつての里山がほとんどだろう」

    駆除にあたるハンターの高齢化や減少も問題だという。宮下氏は「クマは、鉄砲の音や火薬、ワナに使われる鉄のにおいなど自然にないものに敏感で恐れを抱く。こうしたものに触れる機会が減ったことで、人間とクマが遭遇する機会が増えているのかもしれない」と話す。

    宮下氏は、事故を避けるにはクマの生息地に立ち入らないことが一番だというが、「山菜採りなどを行う場合は、クマよけの鈴の音が常に鳴るように腕に取り付けるなど、自分の存在をクマに知らせ続けることだ」とアドバイスする。

    鈴やラジオの音を恐れない「新世代クマ」が登場しているとの見方もある。秋田県自然保護課は「クマは学習能力が高いので、人間が持っているリュックサックの食べ物を食べるなどしたことで、鈴の音を聞いて逆に人間に近づくクマも例外的にいるようだ。一度人間を襲ったクマはまた襲うとも言われているので、過去に被害があった地域は要注意だ」としている。

    昨年事故が起きたのもまさにいまの季節。注意しすぎても損はない。


    *****
    全文は下記引用元よりお願いします
    http://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/170606/soc1706060013-s1.html

    【【危険】鈴やラジオを怖がらない“新世代クマ”登場か 「音を聞いて逆に人間に近づくクマも例外的にいる」】の続きを読む

    1:2017/05/11(木) 17:08:07.66 ID:CAP_USER9
    5月10日(水)午後9時00分頃、兵庫県美方郡新温泉町芦屋宇津野橋付近の路上において、熊のような大型動物が目撃されました。
    外出の際は、ご注意いただき、目撃した場合は、すぐに110番通報して下さい。

    http://hyogo-bouhan.net/criminalCase/detail.do;jsessionid=A26A3E1723F8A5FB1E5CE78E20EDF2E7?topicId=23574&top=true
    a0002_002919

    【【UMA】クマのような大型動物が目撃される 兵庫県・新温泉町 】の続きを読む

    1:  2017/04/28(金) 11:07:22.12 ID:CAP_USER9
    クマ被害で捕獲用ワナ設置
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/gifu/3085932591.html

    a0800_000334高山市の住宅地で、住民3人がクマに襲われけがをしたことを受けて、市は27日、近くの山林に捕獲用のワナを設置しました。

    ワナが設置されたのは、25日、男女3人がクマに襲われてけがをした高山市石浦町の人里近くの山林です。人を襲ったクマはその場で銃で駆除されましたが、子グマを見たという情報もあることから、27日は猟友会の会員と市の職員あわせて4人が設置しました。

    ワナは直径約60センチ、長さが1メートル50センチのドラム缶で、地面に横に置いて、中にハチミツをかけたリンゴを仕掛けてあります。クマが入って中の板を踏み込むと入り口の鉄板が落ちて閉じ込める仕組みです。また、近くにはセンサーで反応する監視カメラを取り付けました。

    飛騨猟友会高山支部の田中正至さんは「1キロ以内にクマがいれば、においに引き寄せられてくると思います」と話していました。

    市は大型連休にかけて、観光客に被害がないよう、警察と連携しパトロールを行うとともにクマを引き寄せる生ゴミを屋外に放置しないよう呼びかけています。

    04/27 18:55

    【【岐阜・高山】クマ被害で捕獲用ワナ設置 餌はりんごと蜂蜜 「1キロ以内にクマがいれば、においに引き寄せられてくると思います」】の続きを読む

    1:  2016/09/10(土) 15:41:59.34 
    兵庫県姫路市で8日朝、熊の捕獲作戦が展開されました。
    姫路市にある神社の近くで8日朝、体長1mほどの黒い熊の目撃情報が…。

    近所に住む女性】
    「熊の意識はしたことがないです」

    すぐ近くに住宅街があるため早速、警察官や県職員らによる熊の捕獲作戦が始まりました。

    【県職員】
    「クリを食べた痕跡があるが、熊なのかイノシシなのかわからない」

    捜索開始から約3時間、黒い影を発見。



    警察が素手で決死の捕獲
    http://lpt.c.yimg.jp/im_sigg7y_9sVFmHXAUc_DDeT8a1Q---x900-y506-q90/amd/20160908-00000008-kantelev-000-view.jpg
    no title


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000008-kantelev-l28

    【姫路市の住宅街ど真ん中に、体長1m超の巨大グマ 警察など緊急出動 → 】の続きを読む

    このページのトップヘ