野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    牛丼

    1: 47の素敵な(地震なし) 2018/10/17(水) 22:34:43.65
    店員「紅しょうがきた」
    聞こえてんだよ

    a0002_000576

    【牛丼屋で毎回紅しょうがを超山盛り食ってたらその店の店員にどうやら紅しょうがというあだ名で呼ばれてるみたいなんだけど 】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2018/10/06(土) 22:52:31.19 ID:CAP_USER
    人手不足が深刻さを増す中、従業員の負担軽減につなげようと、大手牛丼チェーンの「吉野家ホールディングス」は、およそ4割の店舗を客が料理を自分で運ぶセルフサービス方式に切り替えることになりました。

    吉野家ホールディングスは、ことし8月までの中間決算を5日発表し、コメなどの原材料費の高騰や人手不足に伴う人件費の増加で8億5000万円の最終赤字になりました。中間決算での最終赤字は8年ぶりです。

    こうした中、河村泰貴社長は記者会見で、吉野家の店舗の4割に当たるおよそ500店について来年から5年かけて、客がレジで注文をして自分で料理を運ぶセルフサービス方式の店舗に切り替える方針を明らかにしました。

    吉野家では、これまで一部の店舗にセルフ方式を導入して検証したところ従業員の歩数が4割減るなど負担の軽減につながったほか、従来よりも客席を広くしたことで売り上げも増加したということです。

    河村社長は「5年、10年先を見据え、おいしい牛丼を提供するだけでなく、ゆったりと食事を楽しんでいただくことで競争に勝ち抜いていきたい」と述べました。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181005/k10011660381000.html
    a0002_000868

    【【牛丼】吉野家 店舗の4割をセルフ方式に 】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/10/11(水) 17:04:51.48 ID:CAP_USER
    吉野家ホールディングスの業績が上向いてきた。6日発表した2017年3~8月期の連結営業利益21億円は10年ぶりの高水準だ。8、9月は牛丼店「吉野家」の既存店売上高も連続でプラスとなり回復ぶりが際立つ。夜専用定食といった新メニューで「牛丼一本」からの脱却を進めた効果が徐々に実ってきた。大手3社で一人負けだった状況も変わりつつある。

    (続きはソース元でご覧ください)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2199354006102017TJ2000/
    a0002_001578

    【【一人負け】吉野家、脱「牛丼一本」へ突進 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。2017/09/15(金) 06:28:20.37
    すき家各店で、新商品「さんまの蒲焼き丼」が9月6日に発売される。価格は並盛580円(税込)から。販売期間は11月末までを予定。

    これは、じっくりと焼いてから蒸しあげ、自慢のタレで3度付け焼きされたさんまが使われたメニュー。店舗ですりおろされたフレッシュな大根おろしとさんまの相性が抜群なのだとか。お好みで付属の山椒をかけても楽しめるそう。

    また、さんまが2枚のった特盛(830円)や、さんまと牛丼を一度に味わえる「さんま牛(並盛680円から)」、ピリ辛のコチュジャンダレがかかかった「ねぎ玉さんま牛(並盛780円)」などが同時発売される。

    https://entabe.jp/20049/sukiya-samma-kabayakidon

    【牛丼屋でムカつく奴、変な奴、迷惑な奴】の続きを読む

    1: 2017/06/11(日) 15:35:30.86 
    当サイトでは牛丼チェーン店の大手三社である吉野家・松屋・すき家を「牛丼御三家」と命名し、
    各店舗の月次営業実績を基に売上や客数、客単価の動向を毎月精査している。

    no title


    no title


    2006年1月の時点では、店舗数は吉野家が一番多く、次いで松屋、すき家の順だった。それが2006年6月にすき家と松屋の店舗数が逆転し、すき家が第2位に。そして2008年9月には吉野家とすき家が逆転し、すき屋が店舗数ではトップにつくことになった。

    (続きはソース元でご覧ください)

    http://www.garbagenews.net/archives/1983397.html

    このオヤジの影響は、視聴者批判の岡村さん並みに効いた

    no title

    【牛丼チェーン店「御三家」で人気No1は?グラフで証明 意外な結果に?】の続きを読む

    1: 2017/06/04(日) 12:28:51.07
    吉野家がデリバリーに本格参入 シェアリングデリバリー「出前館」で

    吉野家が、デリバリーサービスに本格参入する。といっても、マクドナルドが数年前に開始したような、「自店舗に自前のデリバリースタッフと配達車を置く」という方式ではない。夢の街創造委員会社が運営するシェアリングデリバリーサービス「出前館」に参入する、という形によってである。

    http://www.zaikei.co.jp/article/20170603/375043.html
    a0002_001578

    【【朗報】 吉野家が出前を始める】の続きを読む

    1: 2017/05/12(金) 07:16:32.47
    大手牛丼チェーンの「松屋」と「吉野家」は、一部の店舗をセルフサービス形式にリニューアルし、人材不足解消への活路を見出そうとしています。

    ■意外と違和感のない、大手牛丼チェーン店のセルフサービス方式導入

    東洋経済オンラインでは大手二社がそろってセルフサービスに導入した事を以下のように伝えています。

    『松屋がセルフ式の実験店を出した狙いは、労働時間の削減や生産性の向上だ。多くの外食チェーンと同様、松屋でも従業員確保が課題となっている。松屋フーズの担当者は「従来店と比べて、セルフ式店舗はピーク時の従業員を1人削減するといったことを目指している」と話す。

    ~中略~

    吉野家は2016年3月、恵比寿駅前店を改装し、新型店を実験的に出店した。

    ~中略~

    客から見える部分だけではなく、炊飯器を小型にしたり、納戸の高さ・重さを変更したりと、厨房内も女性・シニアが働きやすい仕様に変更した。

    松屋と吉野家の「超絶進化」に見る牛丼の未来 東洋経済オンライン 2017/05/04』

    リニューアルされた店舗では、券売機のタッチパネル式への変更、お水のセルフサービス、商品渡し時の番号呼び出し、返却口の設置、ドリンクバーなどが導入されているようです。

    (全文はソース元でご覧ください)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170512-00010000-scafe-bus_all

    【【朗報】吉野家が食券を導入 水はセルフかドリンクバーで】の続きを読む

    5:  2017/02/19(日) 08:23:55.07 ID:1DG10DoR0 BE:323057825-PLT(12000)
    席空いてるのに隣に座る奴
    牛丼屋の席は狭すぎる

    【(#^ω^)牛丼屋でイライラすること】の続きを読む

    4: 2017/02/04(土) 19:15:17.72 ID:PWGfjqjN0
    店員が息遣いで忙しいアピールしてくる

    【牛丼屋のあるある】の続きを読む

    1: 2016/12/06(火) 15:48:20.35 ID:CAP_USER
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1612/06/news013.html
     近年、牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスの業績が好調だ。2016年3月期決算は、営業利益が前期比384.9%増の121億円と大幅に増益。11月8日に発表した9月中間連結決算も、最終利益が前年同期比98.2%増の49億円となっている。この業績好調の要因の1つは、約6割の店舗で休止していたすき家の深夜営業の再開だ。

     すき家は2014年、深夜時間の営業を従業員1人に任せる(いわゆるワンオペ)など、過酷な労働環境が問題となった。「ブラック企業」という、マイナスイメージが強くなったことで人材の確保が困難になり、国内1985店のうち1254店で深夜営業を休止した。

     あれから約2年半。現在休止している店舗は127店にまで減った。労働環境の改善に取り組んだことで
    人手不足を解消し、休止していた店舗の約9割が深夜営業を再開したのだ。同社のどのような取り組みが、深刻だった人手不足問題を解決したのだろうか。

     同社の広報、廣谷直也氏は「『ワンオペ』を解消すると発表してからは、実は人手確保にそこまで苦労しなかった」と明かす。
     課題となっていた人手不足の解消に向け、2014年の8月に「深夜のワンオペを廃止する」と発表。そこから応募者は10月が前年同月比で120%、11月が同133%、12月が152%と、右肩上がりに増加した。
     「各メディアに『ブラック』と言われていた時期だったが、具体的な労働環境と改善策をきちんと発信したことでマイナスイメージを払拭(ふっしょく)することができ、応募者の増加につながった」(廣谷氏)という。「店舗がさまざまなところにあり、職場へのアクセスもいい。仕事に高度な技術もいらない。また、時給も悪くない。もともと、すき家で働きたいという需要はある程度あったのでしょう」(同)
    (廣谷氏)

    (以下略)

    【【ゼンショー】“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま、人手不足解消で業績絶好調】の続きを読む

    このページのトップヘ