野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    痙攣

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [CN] 2018/03/17(土) 21:42:00.02 ID:mknnSXau0
     ストレスがかかったとき、体は「アラーム」としてさまざまな反応を示します。血圧の上昇や動悸(どうき)などがよく知られていますが、顔の一部がピクピク動く「顔面痙攣(けいれん)」もその一つです。

    脳の病気はごく少数
     ピクピクする場所は、9割が上下のまぶた、それ以外はほとんどが口の端です。どちらであれ動くのは片側で、痛みはありません。持続時間は1回数秒から数十秒程度です。

     この症状を訴える患者さんの多くは、脳の病気を心配して来られます。しかし、95%以上の方はストレスが原因で、脳の病気がある方は5%未満です。

     なぜストレスで顔がピクピクするのでしょうか。頭部には多くの神経が走っています。このうち、顔の筋肉を動かすのは「顔面神経」と呼ばれる運動神経です。
    この神経はストレスが強くなると異常に興奮し、不必要に筋肉を動かしてしまうのです。顔面痙攣は、過重なストレスがかかっていることを教えてくれるアラームといっていいでしょう。

     ただし、少数ではありますが、脳に問題がある場合もあります。その中で多いのは動脈と神経のぶつかりです。動脈には、心臓が収縮して血液を送り出すときのドーンドーンという力が加わります。これを「ハンマーエフェクト」といいます。脳の動脈と顔面神経は併走していますが、動脈硬化が進むと血管が蛇行し、カーブしたところが神経にぶつかることがあります。すると、神経にハンマーエフェクトが伝わり、その場所が痙攣するのです。

     このほか、脳腫瘍も原因になります。その多くは良性ですが、悪性の場合もあります。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    https://mainichi.jp/premier/health/articles/20151021/med/00m/010/003000c
    mabuta_pikupiku

    【【健康】まぶたのピクピクはストレス警報 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。 2017/08/23(水) 18:16:48.00
    no title


    ◆一過性の痙攣:眼瞼ミキオミア

    多くの人が経験している目のピクピクは、「眼瞼ミキオミア」と呼ばれるものです。

    「ミキオミア」とは、運動神経や脊髄の運動細胞に障害が起こり、身体表面にさざ波のような不随意収縮が起こる現象のことをいい、これが眼輪筋(がんりんきん:まぶたにある筋肉で、まぶたを閉じるなどの働きがある)で起こったものを「眼瞼ミキオミア」と呼んでいます。

    眼瞼ミキオミアは、眼精疲労やストレス、睡眠不足などがきっかけで起こり、健康な人でもこのような誘因があれば、十分に起こりうるものです。

    通常は一過性で、数日から数週間で症状は落ち着いていきます。

    もし、このような対処法に取り組んでも、症状が改善せずに悪化したり、痙攣の場所が拡がるようなときは、何らかの病気が関係している可能性があります。

    とくに、痙攣は今回紹介した眼瞼痙攣や片側顔面痙攣以外にも、てんかんや脳血管性障害、甲状腺機能異常などでも起こる症状です。

    このような病気を見逃さないためにも、ふだんの生活習慣を整え、おかしいと感じたときには病院で相談するようにしましょう。

    https://news.goo.ne.jp/article/mocosuku/life/mocosuku-20170814204003158.html

    【【あるある】顔や瞼がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?】の続きを読む

    このページのトップヘ