野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    発毛

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [EU] 2019/02/12(火) 17:27:58.18 ID:TkmXbesh0
    ワイン成分で発毛促進か ロート製薬が発見、応用へ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000107-kyodonews-soci

    ロート製薬が、ワインなどに含まれる酸味成分「酒石酸」に頭皮の細胞から発毛促進物質の産出を増加させる効果があることを発見し、新たな製品開発に生かそうと研究を進めている。
    ロートは医療分野で培った知見を生かして昨年から発毛剤市場に参入しており、早期に詳しいメカニズムを解明し、応用につなげたいとしている。

    酒石酸はワインやブドウ、レモンといった酸味や苦味のある果物に含まれ、皮膚を弱酸性の状態に保ったり、微生物の増殖を抑制したりする効果で知られている。

    ロートは酒石酸が持つこうした皮膚の細胞に対する強い作用に注目し、研究に着手した。
    (詳しくはソース元でご確認ください)



    a0001_005431
    【【朗報】ワインで発毛促進 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(熊本県) [DE] 2018/03/29(木) 07:24:30.85 ID:cuz4j9Bj0
    http://www.asagei.com/excerpt/101214

     この驚きの発毛法、南米コロンビアの理髪店で行なわれているというが、ドイツにも「牛に頭を舐めさせると毛が生える」という昔からの言い伝えがあるという。荒唐無稽に思えるこの荒技だが、ちゃんと根拠があった。美容、育毛を研究しているヘアコンサルタントの横田登志子氏が話す。

    「秦の始皇帝が不老不死の薬の探索を徐福に命じたという話は知られています。そしてたどり着いたのが“ツバメの巣”でした。ツバメの巣には美容によいE.G.F.様物質(表皮成長因子)や弾力をサポートするF.G.F.(線維芽細胞増殖因子)のほか、シアル酸が人間の2000倍も豊富に含まれている。これが発毛、育毛にすごく効果があるんです。シアル酸を薄毛の頭皮に6カ月塗布した結果、4人のうち3人に効果があった」

     よく知られているように、ツバメの巣とは、アナツバメの一部の種類の雄が繁殖期に約30日をかけて、唾液の分泌物を固め絶壁につくる。このツバメは休むことはほとんどなく睡眠も飛翔しながらとると言われている。古来より長寿、美容に大きな効果があると言われてきたが希少で高価。ところが、何と牛の唾液がこのツバメの巣の代用になるというのだ。含まれるシアル酸の量はツバメの巣には及ばないが、人間の数十倍から100倍にもなるという。そして、名古屋市立大学でのマウスを使った実験で、シアル酸に育毛効果がある事がわかったというのだ。かといって、牛が身近にそばにいる環境に住む人は今の日本では、そう多くはないし、そもそも頭を舐めさせるには勇気がいる。前出の横田氏が言う。

    「人の唾液を増やして利用すればいい。歯応えのあるものや酸っぱいものを食べると唾液の量は増える。ガムを噛むのもいい」

     この唾液をせっせと頭に擦り付ける!?

    「必ずしも頭皮に塗らなくともいい。ツバを飲むだけでも効果はあります。それによく噛むことで健康になります」

     それならせっせとガムを噛むことにしてみるか。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    【【薄毛速報】エッ!牛に頭を舐めさせると、髪の毛が生える!?唾液に発毛成分があった!! 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/03/28(水) 17:51:29.27 ID:BzEZE4Ow0
    ‪カニ由来素材に発毛効果 殻から生成、鳥取大が確認: 日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27884960Y8A300C1LC0000/‬

    鳥取大学の伊福伸介准教授の研究グループはカニ殻から生成できる極細の繊維物質キチンナノファイバー(CNF)の関連物質に発毛を促す効果があることをマウスの実験で確認した。
    発毛効果が認められている成分「ミノキシジル」よりも高い効果があったという。カニ加工業が盛んな鳥取県では殻が大量に発生する。発毛剤の開発を通した資源の有効活用法として期待が高まりそうだ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    a0002_006650

    【【朗報定期】カニ由来素材に発毛効果 殻から生成「ミノキシジル」より高い効果 】の続きを読む

    このページのトップヘ