野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    睡眠

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CN] 2018/09/17(月) 15:54:56.46 ID:tX7NoXAz0 
    40代の睡眠時間はなぜ短い? 「6時間未満が半数」に議論

    厚生労働省が9月11日、「国民健康・栄養調査」の結果を公表。そのなかで、40代の睡眠時間の短さに注目が集まり、議論となっている。

    調査は全国の20歳以上の男女約6600人を対象に実施。日本人の1日の平均睡眠時間は、6時間以上7時間未満の割合が男性35.0%、女性33.4%でもっとも高いことがわかった。

    特筆すべきは、平均睡眠時間が6時間未満という人の割合。男性が36.1%、女性が42.1%だが(5時間未満も含む)、年齢階級別でみると40代が男性48.5%、女性52.4%で男女ともにもっとも高い結果になった。

    平均睡眠時間が5時間未満の割合は、男性が7.5%、女性が9.2%。こちらでも40代の割合は高く、男性が11.3%、女性は10.6%。男性は全世代でもっとも高く、女性は50代に次いで2番目に高かった。

    さらに、ここ1カ月間、あなたは睡眠で休養が十分とれているかという問いに、「あまりとれていない」または「まったくとれていない」と回答した人の割合は、全体で20.2%。40代は30.9%ともっとも高く、前回2016年よりも4.3ポイント上昇した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15313214/
    (詳しくはソース元でご確認ください)

    neru_sleep_ojisan


    【【健康】40代が睡眠不足で困ってる 「6時間未満が半数」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/08/26(日) 21:00:53.72 ID:5JslBHIy0
    1日の生活リズムを乱す「あと5分」の二度寝、実は疲労感が増すだけ

    毎朝寝床で5分ほどぐずぐずしている行為は、まさに「百害あって一利なし」と言える。
    目覚まし時計が鳴っても起きずに、ついスヌーズ機能のボタンを押してしまったりすれば、脳はホルモンを分泌する信号を出して、ほとんどの場合、再び深い眠りについてしまうことになる。

    問題は二度寝をした場合でも、5分や10分後には再び目覚めなければならない点にあり、これは人体のリズムを非常に狂わすことになってしまう。睡眠クリニックの専門家は、「この問題を解決するには、目覚まし時計の時刻を普段より10分遅く設定し、目覚ましが鳴るのと同時にすぐに起きあがるという方法がお勧めだ。そうしないと、人体にいわゆる『睡眠慣性』が引き起こされてしまい、それが原因となり、目を覚ましても、普段より何時間もぼーっとした状態が続いてしまう」と指摘した。

    理想の状態としては、疲れたらすぐにベッドに横になって寝入り、自然に目が覚めるまでぐっすり眠ることであり、このような人は、心身ともに元気な状態で1日の生活をスタートさせることができる。しかしストレスや新生児の育児、仕事などと同様、中途半端な睡眠は、人がサーカディアンリズム(生体リズム)に沿った生活を送る上での障害となる。このため、自分で決めた起床時間を守ることは大変重要なことであり、合理的に生活リズムをコントロールすることにもつながる。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    http://j.people.com.cn/n3/2018/0820/c95961-9492345.html
    nidone_man

    【【健康】「あと5分」の二度寝、デメリットしかなかった 人体のリズムを狂わせ何時間もボーッとした状態が続く 】の続きを読む

    1: 2017/07/09(日) 22:36:30.79 
    厚生労働省が行った調査によると、睡眠時間が6時間未満の日本人が4割になることがわかった。この傾向は年齢が若いほど強い傾向にあり、20代では36.8%の人が6時間を切っているという事だ。

    睡眠時間と脳機能の関係を調べたペンシルベニア大学などの研究によると、6時間睡眠を2週間続けると集中力や注意力が低下し、脳の機能が徹夜明け程度まで落ちることがあるという。

    睡眠時間が足りているかどうかの一つの指標として「寝だめの有無」が挙げられる。翌日が休日の日に、しっかりとカーテンで遮光し目覚ましを掛けずに就寝して気がすむまで寝てみてその時間が普段より長ければ、それは睡眠時間が足りてないことを示すということだ。

    カフェインやお酒の摂取は寝る3時間前、風呂は寝る30分前までに済ませ、寝る2時間前から強い光やスマホ、パソコンの使用を避けるなどして準備を整えることも大切。寝室の温度は18~26℃が快適だとされている。また、寝る前に「寝なきゃ」という焦りも禁物だ。

    (詳しくはソース元でご確認ください)

    http://104ka.net/news/en_75238/

    【【厚労省】日本人の睡眠時間 6時間未満が4割 寝る2時間前からスマホ・PCは避けること】の続きを読む

    3: 名無しさん@涙目です。(三重県)2017/06/11(日) 05:24:54.27 ID:B4rAAkhH0
    年だよ
    a0016_000212

    【最近朝早く起きちゃう・・・眠れない 鬱か? (´・ω・`)】の続きを読む

    1:  2017/06/10(土) 08:54:42.34 
    休日の朝の起床が少々遅めになることが習慣になっている人は、健康を損なう可能性を高めているかもしれない。仕事の日と休みの日の時間のずれが生む「ソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ボケ)」が問題とされる。

    米国ではこれまでに、肥満や糖尿病、心臓系疾患の発症リスクを高めることが指摘されていたが、ボストンで2017年6月3日から開かれている米国睡眠学会の年次会であらためて、健康への影響の強さを示す研究結果が発表された。

    シフトワーカーのメタボリスクきっかけ
    リズムをうまく守れず代謝症候群(メタボリックシンドローム)のリスクを抱える可能性があることが分かったことをきっかけに使われるようになったという。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13180713/

    【【睡眠】休日の「寝だめ」で健康損なうリスクが増加 肥満や心血管系疾患も】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/16(月) 14:50:29.85 ID:CAP_USER9
    皆さんは寝ている時に夢を見るだろうか。そして見た夢を覚えているだろうか? 

    前回、「教えて!goo」では「夢を覚えている人と覚えていない人の違いって何?」という記事をリリースしたのだが、
    その中で夢を覚えているか否かについては、記憶力が良いなどの能力的な差はなく、誰でも見る可能性があり、レム睡眠中に感情を伴う夢を見ると覚えている確立が高まることをご紹介した。
    今回はさらに夢についての知識を深めるべく、そもそも論として夢を見る睡眠は良質なのか、
    夢を見ないほど熟睡している方がいいのかなど、夢と睡眠の質との関係性について、睡眠に関する著書もある作業療法士の菅原洋平さんに再び話を聞いた。

    ■夢の有無は睡眠の質と無関係

    まず、夢を見る睡眠は良質なのか、ダイレクトに質問をぶつけてみた。

    「睡眠の質は、夢の有無では良し悪しを判断できません。ただし、一部例外はあります。
    それは、途中で目覚めてしまう『悪夢』が長く継続するような場合です。
    医学的には、途中で目覚めて、そのときに声をあげていたり、心拍の上昇や汗を大量にかいていたりするものを悪夢として捉えます。
    これが2週間程度継続する場合は問題と捉えます。
    それ以外で、途中で目覚めることがなく、起きがけに夢を見たとしても問題はありません」(菅原さん)

    夢を見るかどうかで睡眠の質は判断できないとのこと。
    だが例えば睡眠の質を“熟睡できた=良い”、“眠りが浅い=悪い”と定義した場合、夢との相関関係はあるのだろうか。少し視点を変えて質問してみた。

    「『ない』と判断するのが標準的な認識です。熟睡がよい、浅い眠りが悪いと定義することもできません」(菅原さん)

    やはり継続的な悪夢でない限り、夢が眠りの質に影響することはないようだ。

    ■覚えている夢は最後の20秒だけ

    (以下サイト元でご覧ください)

    http://news.livedoor.com/article/detail/12546511/
    2017年1月16日 8時0分 教えて!goo ウォッチ

    【(-д-)zZZ 夢を見る睡眠は良質?熟睡は良質な睡眠の証?覚えている夢は最後の20秒だけ 】の続きを読む

    1: 2017/01/14(土) 19:55:30.52 ID:aJ6wQ39b0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
    富士山の壁画が自慢の大浴場に、読書好きにはたまらない図書館で寝泊まり。さらには、星空に
    包まれて夢心地。これは全て、カプセルホテルです。女性も使いやすく進化するカプセルホテル。その最前線を取材しました。
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00347004.html

    【【話題】カプセルホテルで寝られます?】の続きを読む

    1: ぷらにゃん ★ 2016/11/18(金) 07:40:53.60 ID:CAP_USER9
    a0790_000358健康な体を作るためには、バランスの良い食事と適度な運動、質の良い睡眠を取ることが大切だと言われている。しかし、パートナーが隣に寝ていると、いびきやトイレに起きる音、寝返りなどで目が覚めて十分な睡眠が取れないことがある。

    そして、ある研究で、パートナーのせいで寝不足になっている人が3割にも達し、同じベッドで寝ることは、離婚や健康を害する原因になり得ることが判明したというのだ!
    ・睡眠が十分取れないカップルは、離婚する確率が高い!

    英リーズ大学の研究チームの調査によると、「英国民の3割もの人が、隣に寝ているパートナーのせいで満足いく睡眠が取れていない」との結果が出ているのだ。

    いびきがうるさかったり、スマホやタブレットで遅くまで動画を見たりされて良く眠れないと、疲れが取れずにイライラして、睡眠の問題を抱えるカップルは離婚する確率も高いのだという。確かに、睡眠不足で疲労がたまっていると、ケンカが勃発しやすくなってしまうのは仕方がないだろう。

    そして、パートナーのせいで睡眠が足りなくなると、カップルの関係にヒビが入りやすくなるだけでなく、心臓発作や脳卒中、鬱(うつ)などの疾患を起こしやすくなることも分かっている。

    また、米オハイオ州の大学病院医療センターの研究では、睡眠不足の人は快眠できている人に比べて、
    シミやシワ、タルミなどの肌トラブルが2倍も増え、日焼けも回復しにくくなるとのこと。

    ストレス対処法である、マインドフルネスを指導する「Sleep School:スリープスクール」の創設者ガイ・メドウズ博士は、こういった問題を防ぐためにもパートナーと別寝にすることを奨励。

    カップルは、別々の部屋で寝ることに抵抗があるかもしれないが、健康を害したり離婚するよりはマシである。最近、寝不足でケンカが多いと感じる人は、一度別寝を検討してみても良いかもしれない。

    http://rocketnews24.com/2016/11/17/826527/

    【【睡眠】パートナーのせいで寝不足な人が3割にも! 別寝にすれば「離婚率と健康問題が減少する」らしい】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2016/11/02(水) 18:45:12.50 ID:CAP_USER9
    ◆「早起き=健康に良い」は間違いだった!? 朝6時前の起床は致命的?(最新研究)

    「早起きは三文の徳」??日本では古くから、早起きという習慣が大切にされてきた。
    それは、広く「早起きは身体に良い」という見解が浸透していることからもうかがえるだろう。
    ところが昨今の研究で、なんと「早起きはむしろ寿命が縮まる」という驚くべき結果が得られたのだ!

    ◇「早起き=健康に良い」は間違いだった!

    英オックスフォード大学の睡眠・概日リズム神経科学研究所の名誉研究員、ポール・ケリー博士は「一般的な9時?17時という就業時間が、人間の体内時計とまったくかみ合っていません。
    朝6時前の起床、はさまざまな病気を誘発します」と断言する。
    博士の研究によると、朝6時前に起きる人は、心筋梗塞や脳卒中など循環器疾患の発症リスクが最大で約4割、糖尿病やうつ病といったその他の病気に関しても2?3割高くなることが判明した。
    さらに、その多くが重篤化しやすいという結果も得られたという。

    同研究所は、世界各国での睡眠パターンを分析して、年齢層ごとにもっとも体に合った起床時間と起床後の活動開始時間をはじき出した。
    それによると、個人差はあるものの、起床時間は青年期(15?30歳)であれば朝9時、壮年期・中年期(31?64歳)なら朝8時、高年期(65歳以上)だと朝7時となっているという。
    朝6時前の起床では、健康にさまざまな弊害を引き起こすようだ。
    また、起床後の活動開始時間は青年期が11時、壮年期・中年期が10時、高年期では9時が最適だという。

    そして、米ハーバード大学とネバダ大学の研究機関でも、早起きが病気を誘発するという研究結果が出たようだ。
    メタボリック・シンドロームや糖尿病、高血圧、心筋梗塞や脳卒中、心不全などの循環器疾患や、HPA(視床下部・脳下垂体・副腎皮質)の機能不全によるうつ病などになりやすくなる事実も判明した。

    日本の企業では早起きが推奨され、出世のためにも始業時刻よりも早く出社しようという真面目な会社員が多い。
    しかし、これは将来的に健康を害する可能性があるということだ。
    米グーグル社は、いち早くこの事実に気づき、いつでも自由な時間に出社できる制度を導入している。
    そのため、午後から出勤する社員が多いという。そして結果的に仕事の能率が上がり、ご存じの通り世界最大のIT企業となった。

    ◇眠りすぎも危険!

    しかし、逆に遅すぎる起床や寝過ぎによって健康を害するという研究結果もある。
    米カリフォルニア大学のダニエル・F・クリプキ名誉教授が、6年間にわたってガン研究に参加した110万人に関するデータを分析したところ、人間の最適な睡眠時間は6時間半?7時間半だという。
    10時間以上の睡眠を取る人は、4?5時間しか眠っていない人よりも死亡率が高かった。
    長時間にわたり眠りすぎると、体内時計のリズムが狂い、ホルモンバランスが乱れる。
    また頭の働きも鈍くなり、うつにもなりやすくなる。
    そして、もっとも寿命が短い睡眠時間は4時間以下だったという。

    米デューク大学メディカルセンターのムラリ・ドライスワミー教授(精神医学)も、「睡眠時間が7時間以上に増えても、疲労快復効果は変わらない」と主張している。
    「土日に“寝溜め”すれば良い」と考えている読者は、十分にご注意いただきたい。
    (文・深月ユリア)

    (▼続きはリンク先の記事ソースでご覧ください)

    TOCANA 2016年10月30日(日)7時0分
    http://news.biglobe.ne.jp/trend/1030/toc_161030_1918154638.html

    【【マジ?】「早起き=健康に良い」は間違いだった!? 朝6時前の起床は致命的?】の続きを読む

    このページのトップヘ