野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    空軍

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [GB] 2017/10/27(金) 07:59:50.62 
    米空軍がサンタクロースは存在しないとするツイートをしたことに、多くの人が憤慨した。
    ホワイトマン空軍基地(ミズーリ州)とマイノット空軍基地(ノースダコタ州)がツイッター上でどちらの部隊が強いかを言い争っていると、米空軍の公式アカウントが参加し「はい、おしまい。君たちが僕に他の選択肢を与えてくれないんだよ。1週間テレビ抜き!」と冗談気味にコメント。

    それでも口論が続いたため、空軍の公式アカウントは過激な措置に出て「こんなことはしたくなかったんだが、君たち2人がやめられないなら…サンタは今年君たちに何も持ってこないだろう…実在しないからだ!」とツイートした。

    サンタクロースが存在しないと公式に認めたことにツイッターユーザーは憤慨し、子供の夢を壊すものだと非難した。北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)が12月にレーダーでサンタを追跡することは毎年恒例の行事になっている。

    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201710274223960/
    a0001_001605

    【【ショック!】クリスマスシーズンを前に、米空軍公式ツイッター「サンタクロースは存在しない」と暴露 】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/21(土) 11:58:25.65 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年10月21日 11時10分 (2017年10月21日 11時43分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171021/Recordchina_20171021020.html

    2017年10月20日、韓国・東亜日報は、韓国空軍のF-15K戦闘機が修理部品の不足で飛行不能が頻発していることが分かった。

    国会国防委員会所属の金学容(キム・ハクヨン)議員(自由韓国党)が空軍本部から提出を受けた資料によると、F-15Kの「修理部品不足に起因する飛行不能(G-NORS)」事例の発生件数が15年の50件から今年上半期には60件に急増した。同期間の飛行不能時間も7.9日から16.8日に増加した。

    金議員は「空軍が部品を使い回しする方法で運用しているため、部品を取られた戦闘機が有事の際出撃が不可能」と指摘した。

    F―15Kは朝鮮半島有事の際、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の地下執務室を精密打撃する「タウルス」ミサイルを装備する機種で、1機当たりの価格が1000億(約100億円)。全60機が配備されている。

    KF-16戦闘機の場合も、「特定任務の遂行不可(F-NORS)」発生件数が15年の234件から、今年上半期には157件となり年間ベースでみると増加傾向を示している。

    金議員は「戦争が勃発すると、空軍のすべての戦闘機が投入され、爆撃任務を遂行しなければならないが、G-NORS、F-NORSの発生で、作戦が制限される」とし、「ただ平時で防空区域の作戦任務遂行に支障がないからと安心してはならない」と指摘した。

    (詳しくはソース元でご確認ください)
    【【知ってた】韓国空軍の戦闘機、修理の部品がなくて有事にも飛べず】の続きを読む

    1: Ttongsulian ★ 2017/01/07(土) 09:26:46.80 ID:CAP_USER

    no titleB-52戦略爆撃機といえばもう初飛行から60年以上が経過し、老体に鞭打つようなさらなる運用延長がネタとして語られることが多いのですが……なんと、その訓練飛行中にエンジンの一つが落下するというハプニングが今週水曜日に起きてしまいました。
     
    Defense Newsによって確認された米空軍の情報によれば、エンジンの落下したB-52(今回はB-52Hか)は特に隊員の怪我もなく、無事に着陸。これも同機に搭載された8基のP&W製のTF33-P-3/103ターボファンエンジンのおかげでしょう。事故後には軍用ヘリコプターがエンジンの残骸を回収に向かい、マイノット空軍基地から北東に25海里の民家のない場所にてエンジンを発見しています。
     
    このマイノット空軍基地の第5爆撃隊に所属するB-52H、事故当時には兵装は搭載されていませんでした。また現時点ではなぜエンジンが落下したのかは明かされていませんが、すでに事故調査は開始されているとのことです。2040年頃まで運用が予定されているB-52ですが、ノースロップ・グラマンのステルス爆撃機「B-21」が任務を引き継ぐ日まで、その役目は終わらないようです。

    2017/01/06
    http://sorae.jp/030201/2017_01_06_b-52.html

    Engine Drops Out of B-52 During Training at Minot Air Force Base
    http://www.defensenews.com/articles/engine-drops-out-of-b-52-during-training-at-minot-air-force-base

    【【米軍】爆撃機「B-52」のエンジン、飛行中に一つ落ちる 該当機は無事帰還】の続きを読む

    1: 2016/11/14(月) 02:42:32.78 
    シンガポール空軍が13日、同国北部の一般道路を「代替滑走路」に見立てて、主力戦闘機が離着陸を繰り返す軍事訓練を8年ぶりに実施した。基地や空港などが使えなくなる有事を想定して1986年から不定期に実施しており、今回が7回目。F15とF16の戦闘機計12機が参加した。

     空軍は普段は乗用車やバスが走る一般道路を封鎖したうえで街灯や信号、バス停、ガードレールなどを一時的に撤去。48時間で道路は全長2500メートル、幅24メートルの「滑走路」になった。

     訓練を観閲したウン国防相は記者団に対し、「国土の小さいシンガポールで制空権を維持するための能力を確認できた」と語った。(シンガポール=都留悦史)

    朝日
    http://www.asahi.com/articles/ASJCF547VJCFUHBI003.html
    シンガポールの一般公道に着陸するシンガポール空軍のF15戦闘機=都留悦史撮影
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20161113001006_comm.jpg

    【【軍事】一般道路に戦闘機が離着陸 シンガポール空軍で訓練 F15とF16が参加】の続きを読む

    このページのトップヘ