野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    1: 2017/05/08(月) 20:20:12.92 ID:CAP_USER
    ■「米の起源、中国でなく韓国」... 「清州(チョンジュ)小魯里(ソロリ)種籾、中より4000年先んじた最も古い種籾」

    小魯里(ソロリ)から出土した種籾。/朝鮮DB
    no title


    世界的な考古学概論書「現代考古学の理解(Archaeology)」に、韓国が米の起源地として明示されていて、注目を集めている。

    4年ごとに改訂版が発刊されているこの本は、2004年以前には、BC9000年頃の中国湖南省で出土した種籾を米の起源として記述したが、最新版では米の起源地を韓国とし、年代はBC1万3000年に変えた。

    考古学者「コリン・レンフリュ」と「ポール・バン」が共同執筆したこの本は、2016年7版まで出版された。

    韓国内では「現代考古学の理解」という名前で翻訳出版され、世界で最も売れている考古学入門書として知られている。

    この本が、「米の起源」に言及したのは、清州(チョンジュ)清原(チョンウォン)郡小魯里(ソロリ)の種籾で、忠清北道(チュンチョンプクト)梧倉(オチャン)科学産業団地の工事現場で、1998年と2001年10月2回の発掘調査によって発見された。

    炭素年代測定の結果、1万3000~1万5000年前の種籾に認められ、学界で最も古い種籾として公認を受けた。

    稲の起源と進化の研究、氷河期後期の気候と植生を研究するための重要な遺跡として評価される。

    小魯里(ソロリ)種もみは2003年10月、英国BBCが「中国湖南省出土の種籾より約4000年上回る」と紹介し、2004年1月にフランス・パリで開催された世界遺産会議で、世界文化遺産としての登録の価値が十分にあるという意見も出た。

    ソース 朝鮮日報(韓国語版)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=023&aid=0003278204



    【【知ってた】 「米の起源、中国ではなく韓国」最古の種籾、清州で出土…世界的な考古学概論書に記述され】の続きを読む

    このページのトップヘ