野次馬ちゃんねる

時事ネタや気になるニュースまとめ

    米軍

    1:  2017/05/02(火) 07:44:55.95
    ‪無人偵察機グローバルホーク、横田基地に到着
    http://www.sankei.com/politics/news/170501/plt1705010026-n1.html

    グアムの米空軍アンダーセン基地に所属する無人偵察機「RQ-4グローバルホーク」1機が1日、横田基地(東京都福生市など)に到着した。10月まで日本から運用する。

    米空軍横田基地第374空輸航空団広報部によると、同基地にはグローバルホーク計5機と関連人員約105人を配備。今回の1機に続いて48時間以内に2機目が到着するという。
    「台風などを避けるための一時的な配備」と説明しているが、北朝鮮への警戒とみられる。

     グローバルホークは米ノースロップ・グラマン社製で、全長約14.5メートル、全幅約40メートル。航続時間は約34時間以上で、他機と交代することなく長時間の警戒監視が可能となる。

    画像
    no title

    no title

    動画
    https://youtu.be/O2GXQgWYG0k


    【【対北】無人偵察機グローバルホークが横田基地に到着】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2017/04/29(土) 10:22:52.33 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASK4Y33L8K4YTIPE003.html

    米海軍の原子力空母カールビンソンの艦隊が29日午前、対馬海峡を航行しているのを、本社ヘリから確認した。午前9時、対馬の南約30キロを北北東に進んでおり、甲板上には戦闘攻撃機が並び、ヘリコプター1機が発艦するのが見えた。近くには海上自衛隊の護衛艦あしがらの姿もあった。

    カールビンソンの艦隊は今月8日にシンガポールから豪州に向けて出港した後、米太平洋軍のハリス司令官が朝鮮半島近海に展開するよう、行き先の変更を指示。その後、豪軍との共同演習を経て、23日から西太平洋周辺の海域で海上自衛隊の護衛艦2隻と共同訓練をしていた。28日には空母艦載機・FA18
    戦闘攻撃機が航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機と沖縄県の東方の海域で共同訓練をした。
    no title

    【【キタ━(゚∀゚)━!】米空母カールビンソン、対馬海峡を北上中。朝鮮半島近海へ】の続きを読む

    12017/04/23(日) 17:25:10.03 ID:CAP_USER
    北朝鮮が米原子力空母カール・ビンソンを水没させると威嚇した。

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は23日の論説で、世界が恐れている米空母は単なる肥大な変態動物にすぎず、「一気に水没させる万端の戦闘準備を整えたことはわが軍隊の軍事的威力を示す一例だ」と主張した。
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/04/23/0300000000AJP20170423000800882.HTML
    sirabee20170417carlvinson1-600x400

    【【え?】 北朝鮮 「米原子力空母カール・ビンソンを水没させる」】の続きを読む

    1:  2017/04/17(月) 14:36:10.98 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/142/228142.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|breakingnews

    米原子力空母「カール・ビンソン」(CVN-70)が、北朝鮮軍創建記念日である25日を前後に東海(日本名・日本海)に進入するということが分かった。

    17日、韓国メディアの毎日経済などは、韓国政府の高官消息筋を引用してカール・ビンソンが東海に入れば、韓国海軍と共に海上訓練を行うなど、北朝鮮への圧力というレベルで武力示威を行う計画だと報道した。

    報道によると、北朝鮮軍創建85周年を機に6回目の核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射など大型挑発に踏み切る可能性に備え、東海で連合作戦を行う予定だ。

    これに関連し、北朝鮮の労働新聞はこの日「正義の核火雷を避けることはできない」というタイトルの論評でカール・ビンソンの韓半島(朝鮮半島)周辺海域の展開に対して「米国の先制攻撃への試みが実践段階に入っている」とし、「ただでさえ険悪な地域情勢をより激化させる無謀な侵略行為」と主張した。

    【【無慈悲な鉄槌】米空母、25日を前後に東海へ進入…北朝鮮「先制攻撃、実践段階に入っている」】の続きを読む

    1: 2017/04/16(日) 08:29:17.94 ID:+kw6KqVd0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    朝鮮半島近海へ向かって航行中の米原子力空母「カールビンソン」に対し、 中国とロシアがそれぞれ海軍の情報収集艦を派遣して動向を追尾していることが15日、わかった。

     北朝鮮への軍事行動も辞さない構えを見せている米国の出方を探る狙いがあるとみられ、自衛隊は周辺海・空域の警戒監視を強化している。

     複数の日本政府関係者が明らかにした。

     カールビンソンを中核にミサイル駆逐艦などで構成する空母打撃群は現在、東シナ海周辺を朝鮮半島に近い海域に向けて北上中とみられている。

     半島情勢の安定を優先する中露両国は、「政治的・外交的な努力を通じて平和的に解決する必要がある」(ラブロフ露外相)などとして、米国の強硬姿勢に懸念を示している。
    情報収集艦の派遣には、米国をけん制する意味合いもありそうだ。

    米空母を中露が追尾、北への軍事行動をけん制か
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00050126-yom-int

    【【キャッキャウフフ】米軍空母を中露が追いかけっこ中】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/04/14(金) 13:02:20.95 ID:CAP_USER9
    米軍が、海軍特殊作戦部隊の中でももっとも精鋭を集めた「チーム6(Seal Team 6)」を配備したことが韓国国内での報道で明らかとなった。

    韓国大手紙のJoongAng Dailyによると、チーム6の韓国配備は、北朝鮮最高指導者の金正恩排除の特殊作戦実施を想定した演習を行うためとしている。
    チーム6は実際、2011年5月にはビン・ラディン襲撃作戦を実施していた。

    通常、実際に要人暗殺計画を実施する場合に、暗殺部隊の配備を公にすることはなく、チーム6の韓国配備は、北朝鮮指導部に対して、プレッシャーを与えるための抑止力の一環だと見られている。

    http://businessnewsline.com/news/201704132347410000.html

    【【チーム6】米軍、韓国に海軍特殊作戦部隊「Seal Team 6」を配備】の続きを読む

    1: 2017/04/11(火) 22:31:19.59 
    [ソウル 11日 ロイター] - 北朝鮮は、米国による先制攻撃の兆候があれば米国に核攻撃すると警告した。米原子力空母などが太平洋西部に向かっているが、北朝鮮の機関紙、労働新聞は、米国によるいかなる攻撃にも反撃する用意があると表明した。

    「わが革命的に強力な軍は、敵部隊のあらゆる動きに目を光らせており、われわれの核の照準は韓国と太平洋区域の米国の侵略的基地だけでなく、米国本土にも向いている」と指摘した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000095-reut-kr

    【【開戦前夜?】北朝鮮、これ以上米国の挑発あれば米国に核攻撃すると警告へ】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/03/24(金) 09:25:01.49 ID:CAP_USER9
    201703231819110000wLockheed Martinは16日、世界最大となる出力58 kWのシングルビームのレーザー兵器を US Army Space and Missile Defense Command/Army Forces Strategic Commandに納入したことを発表した。
    Lockheed Martinが開発したレーザーは、ファイバーレーザー(fiber laser)を束ねることで、スケーラブルにレーザーの出力を増大させることを可能にしたものとなる。

    このレーザーはまた、目標におけるレーザーの収束率を物理上の限界にまで高めたものともなっており、出力規模もさることながらエネルギー効率の観点からも高エネルギー兵器としての限界を目指したものとなる。
    Lockheed Martinは今後、このレーザー兵器を、戦術車両に搭載することで、次世代の対空防御兵器として、実用化することを予定している。

    中東の最前線では、敵対勢力が安価なドローンを戦闘攻撃に活用してきていることが、最近になってから米軍の前線部隊を悩ますところとなっている。
    米軍部隊の間では、テロ勢力が使用しているこうした数百ドル程度のドローンによる脅威を排除するため、1発300万ドルもするパトリオットミサイルを使用する例も増えてきている。
    そのため、ドローンを安価なコストで排除できる新テクノロジーの開発は、大きな課題ともなっている。

    http://businessnewsline.com/news/201703231819110000.html

    【【防空兵器】世界最大出力60KWのレーザー兵器が米陸軍に納入】の続きを読む

    1: ぷらずま ★ 2017/03/07(火) 10:06:52.70 ID:CAP_USER9
     陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練の開始式が六日、陸自相馬原(そうまがはら)駐屯地(榛東村、高崎市)で行われた。十七日までの期間中に米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)所属の新型輸送機オスプレイ六機が参加予定。昨年十二月に沖縄で機体が大破する事故を起こして以降、日本国内の共同訓練に加わるのは初めてになる。

     オスプレイを使った訓練は相馬原演習場と新潟県の関山演習場で実施し、それぞれ十日と十三日に報道陣に公開する。陸自隊員と米兵の輸送や、ロープを使った降下訓練などが計画されている。

     訓練の中心となる第三〇普通科連隊(新潟県新発田市)の佐藤孝洋連隊長は「日米の能力をよく理解し、信頼関係を構築してほしい」と強調。米海兵隊のライアン・ホイル中佐は「訓練の意義は日米の連携をより強固にすることだ」と述べた。

     オスプレイは昨年十二月十三日、沖縄での空中給油訓練中に事故を起こし大破した。安全性への懸念が高まったが、十九日に「機体には問題がない」として空中給油以外の訓練を再開し、日本政府も容認。今年一月六日には、空中給油を含め訓練を全面的に再開した。

     政府は群馬、新潟で行う今回の共同訓練を沖縄の負担軽減策の一環と説明。他に千葉県の陸自木更津駐屯地をオスプレイの定期整備の拠点とする運用も始まっている。


    ◆高校入試に配慮 きょう、あす訓練なし

     六日始まった陸上自衛隊と米海兵隊による日米共同訓練。
    相馬原駐屯地での訓練開始式では陸自幹部が事故を起こさないよう訓示したが、周辺ではオスプレイを使った訓練を不安視し反対する市民団体による抗議活動も見られた。


    全文は以下ソースより
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201703/CK2017030702000164.html

    【【抗議活動】相馬原で日米共同訓練開始 市民らオスプレイ不安視】の続きを読む

    このページのトップヘ